So-net無料ブログ作成

働け!とばかりに監視するモズ [よもやま話]

寒いこの季節、山の斜面に積もった落ち葉を掃き、落ち葉溜めや丸シガラに集めるのはいい運動になり、体が温まる。山裾まで熊手で掃くこの作業は、静かな里山で充実したひとときになる。

と、すぐそばの小枝に小鳥が留まる。スズメか? いや少し大きい。長い尻尾がピンとして可愛い。「モズだね。丸々と太って見えるが、寒いから羽毛を膨らませているんだ」とS田さん。人を怖れない。かなり近い。スマホのカメラを向けて近付くと、2メートルほどの距離で飛んだ。でも近くの枝に留まってこちらの様子を窺っている。

手を休めてみんなで見ていた。「落ち葉の下から出てくる虫を探しているんだ。落ち葉を掃けば、そこに虫がいると知っている。賢い!」「 採った虫を尖った枝などに刺しておく習性がある」と鳥博士のS田さん。「早く働け、手を休めるな、と作業を監視しているようだ」とはY田さん。I川さんが加わってワイワイ話しても意に介せず、首をふりふり「早く落ち葉を掃きなさい」と催促している。

20170114-1.png
スマホカメラのデジタルズームなので、モズの姿がいまひとつ。

20170114-2.png
この子の話で作業はひと休み。心地よい休憩になった。


コメント(0) 
共通テーマ:地域

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。