So-net無料ブログ作成

ナナフシを見つけた子どもの顔が嬉しそう!-南鶴牧小学校のなな山観察会 [連携イベント]

暑さも収まってきた10 月10 日、秋の始まったなな山緑地に集まった南鶴牧小学校の子供たち。今年度3回目のなな山観察会に、私は1年生の息子と参加させていただきました。初めて観察会に参加したのは息子が年長の頃だったのですが、小学校に上がった息子が観察会の手紙をもらってくる度に、トトロに出てくるようなあの山に、どうしても、もう一度連れて行って欲しいと懇願するので、参加することとなりました。
A田さんのご案内により、いつものように様々な植生の雑木林を歩きます。広葉樹の多い雑木林、アズマネザサの山、針葉樹の多い雑木林、なな山緑地は様々な顔を私たちに見せてくれます。子供たちはどの場面でも飽きることなく、弾む足取りでA田さんに着いて行きます。様々な植生の違いを、子供たちは自然と体で感じ、まるでA田さんと分かち合っているように見えたのがとても印象的でした。
途中で息子は、ナナフシを見つけることができました。その顔はとても嬉しそうでした。立派な夏大根をお土産にいただき、ありがとうございました。
1年生の参加は息子だけで、散策時の体力面を心配していましたが、これからもずっと観察会に参加したいと話す息子に、仕事を理由に断り続けていた私は、大いに反省したのでした。
M澤さん 「なな山だより」39号より

2018_10_10_DSCN1301.JPG
緑あふれる雑木林を分け入って自然と触れ合う観察会

コメント(0) 
共通テーマ:地域

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。