So-net無料ブログ作成
検索選択

セイタカアワダチソウ [アトリエN]

 戦後間もなく生まれた私が物心ついた頃、故郷の熊本の町には”オンリーさん”と腕を組んで歩くアメリカ兵の姿が見られた。
 やがて中学生になった頃(だったと思う)進駐軍は引き上げて行ったが、傲然と居座り続けたのが、アメリカ原産のセイタカアワダチソウであった。
 照りつける夏の太陽をものともせず、2~3mもの高さに茎を伸ばし、在来のススキを駆逐して野に山に、河原に空地に、陣地を拡げていったこの雑草は、決して日本人には好まれない存在であったと思われる。
 その佇まいがあまりにも猛々しいうえに、食用にも、薬用にもならない。泡が立つように白い綿毛を飛ばす有様は、見ていてむしろ鬱陶しい。
 しかし、もっとも嫌われた理由は、去って行った占領軍(日本人はそれを進駐軍と言い換えた)に代わり、敗戦(日本人はこれをも終戦と言い換えた)を、いやでも想起させる植物だったからではないのだろうか?
 花粉症の主犯だと見做されたこともある。
 風で花粉をばらまく風媒花ではないことがわかって、その嫌疑は晴れた。だからと言って好感度が増したわけではない。
 一株で四万粒もの種子を生産するこの草は、根から他の植物の発芽を妨害する物質(DME)を分泌して大群落を作る。
 しかし、近頃はどうも様子が変わってきたようだ。なな山のバス道路沿いでもせいぜい1メートルほどの高さで小群落を作り、つつましく咲いている。駆逐したはずのススキにもちゃんと場所を譲り、そのススキよりも余程丈低く身をすくめている。
 場合によっては法を犯してまで勢力拡大に狂奔した新興の企業が、やがて業界大手と言われるような存在に成長すると、一転して自他ともに許す優良企業となってお行儀よくおさまりかえる。そんな姿と重なってしまう。
 DMEによる自家中毒で勢いをなくしてしまったというのが真相らしいが、あるいは、戦後半世紀以上が経って、ようやく日本の風土になじみ、《空気を読む》術(すべ)を身につけたのかもしれない。むしろ、こちらのほうが当たっているように思えるのだが、どうだろうか? 
 それに引き替え、北米に侵入した日本のススキは、いまや外来雑草として大問題になっているそうだ。
      N田さん

セイダカアワダチソウ.jpg
セイダカアワダチソウ。提供:「写真素材足成」(www.ashinari.com)


コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。