So-net無料ブログ作成
検索選択

西の谷の景観が明るくアップした! 活動記録(2017.4.23) [活動報告]

なな山緑地の会の皆さん

活動記録 No. 316 (2017/4/23) を作成しました(M崎さん記)。

前夜の雨が上がり、朝から好天に恵まれた活動日で参加者の出足も良かった。
西の谷の通路に覆い被さるように傾いていた3本株立ちのサクラは、山側の根が以前から浮き上がっていて危険なので伐倒する事になった。倒す方向の反対側斜面にアーチを掛けた様に倒れたが、何時見ても倒れる瞬間は身が引き締まる迫力が有る。サクラの伐倒で今まで日陰でくすぶっていた植物が元気に顔を出してくれるでしょう。湧水の水路を整備した事により西の谷の景観が一段とアップし行きやすくなった。

二十四節気は馴染みが無いようにみえて、私たちの日常生活と意外に密接な関係にあります。4月20日は二十四節気の一つで穀雨(こくう)と呼ばれ、百穀を潤し、芽を出させる雨という意味だそうです。農業を営む人は、この時期に種まきをすると植物の成長に欠かせない雨に恵まれると言われています。ちなみに、次の二十四節気は5月5日(立夏)です。春の季節の移り変わりは速いので、変化に遅れないよう早めに準備しましょう。

次の活動日は 5月14(日) です。
ではまた、なな山でおあいしましょう。

活動概要:
西の谷湧水の水路と境界の整備、3本株立ちのサクラ伐倒と片付け。サツマイモ用畝の準備
参加者:
23人(男性15人、女性8人)
連絡事項:
1. 西の谷で通路上に覆いかぶさっているサクラの木(3本株立ち)は根が浮き上がっていて危険なので切る。
2. 春の植物の新芽が出て来ているので歩く時に注意が必要。
3. 昨日グリーンボランティア初級講座がなな山で行われ、多くの人がサポートしてくれた。
4. 通路で補修が必要な所が何箇所かある。又、通路側にはみ出た草刈りをしたい。
5. 標本植物の打合せと採集。
感想:
西の谷の通路上に覆い被さるように傾いていたザクラ(3本株立ち)を伐倒すると、陽の光が差し込む様になり明るくなった。水路の周りのアズマネザサを刈取り、落葉を掻き取り、溜まっていた泥を掻い出すと湧水が流れ出した。泥が水路に流れ込まない様に、伐倒したサクラの幹や太い枝を水路境界沿いに並べたので、西の谷の景観が一段とアップした。

新しい水路を作る.JPG
新しい水路を作る

新しい水路.JPG
新しい水路

ヤマザクラの伐倒.JPG
ヤマザクラの伐倒

倒れたヤマザクラの玉切り.JPG
倒れたヤマザクラの玉切り

植物採取の説明_2.jpg
植物採取の打合せ

スイカの周りを耕す.JPG
スイカの周りを耕す

倉庫の整理.JPG
倉庫の整理

ムクドリ2_1.jpg
ムクドリ

エビネ.JPG
エビネ

キンラン_2.jpg
キンラン

コメント(0) 
共通テーマ:地域

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。