So-net無料ブログ作成

朴の葉を透ける光や風わたる -写真俳句- [写真俳句]

春のなな山は、芽吹きの色(緑でもなく、赤や黄色とも違う、微妙な色のグラデーション)に覆われます。それが徐々に緑が濃くなって初夏を迎えます。
 里山の色濃さ増して春行けり
新緑の「中の山」に初夏の風が吹いて、ふと見上げると高いところにある朴(ホオ)の葉が透けて見え、陽の光が地上に降りそそいでいました。五月から六月にかけて梅雨前までは、なな山の一番良い季節です。
芽吹きの頃を一番と言っちゃいましたが、この季節もやはり一番です。俳句は非論理的です。
 K田さん

朴の葉を透ける光や風わたる_640.png

コメント(0) 
共通テーマ:地域

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。