So-net無料ブログ作成

伐倒、テーブル・イス、粗朶整理、苗木起こし……いっぱい広場で活動 活動記録(2017.2.12) [活動報告]

なな山緑地の会の皆さん
活動記録 No. 310 (2017/2/12) を作成しました。(M崎さん)
 
 日本海側は大雪だが、関東地方は長い間雨が殆ど雨が降っていない。 空気が非常に乾燥すると心配なのが発生しやすくなる火災。 又、インフルエンザの流行も心配です。 インフルエンザの予防の一つとして、水(お茶でもOK)を“ごくん”と20分に 1回程度飲むとウィルスが流されて感染しづらくなるとのこと。 でも、何かしていると20分ってあっという間なので習慣化するまでは意識付けが大切との事。

 倉庫脇のクヌギの伐倒と後処理、新しいテーブルとベンチ椅子の完成、クヌギの苗木の掘起し等、山には入らない広場での活動だった。
 今日の昼食時より使い始めたテーブルとベンチ椅子の材料は、なな山で伐倒したヤマザクラやスギ・ヒノキを広場まで運搬し、加工、組立まで皆で協力して作った重厚な自慢作です。
 昼食の休憩時にエコフェスタ (2/18-19) に展示する雛人形とヒンメリ(フィンランドの伝統的な装飾品、別名 光のモビール)を見た時に、小さな三角形や四角形で構成され、単純だが繊細な作品に心を奪われました。 限られたスペースの関係で今回の活動記録に、ヒンメリの写真が載せられなかったのが残念ですが、細いアズマネザサで作る繊細なヒンメリ作りに挑戦したくなりました。

次の活動日は 2月26 (日) です。
ではまた、なな山でおあいしましょう。
 
活動概要:
倉庫脇のクヌギの枝打ち・伐倒・枝の整理、テーブルとベンチ椅子の完成、クヌギ苗木の掘起し等
参加者:
27人(男性18人、女性9人)
連絡事項:
1. 住宅地で若いタヌキが2匹目撃された。 又、宅地との境の緑地の下を10匹ものタヌキが移動しているのを見たとの情報もあり、なな山緑地に生息しているので見守っていきたい。
2. 倉庫脇のクヌギの伐倒。
3. 地植えのクヌギ苗木の掘起し、20本を第一小に寄贈する。
4. 新しいテーブルのベンチを完成させる。
5. 今後の予定。
6. 牧野標本館に提出した標本を2/22見に行く。
感想:
朝は寒かったが、穏やかに晴れた活動日になった。 エコフェスタ (2/18-19)に展示する雛人形とヒンメリ(フィンランドの伝統的な装飾品、別名 「光のモビール」) が披露された。 このヒンメリはなな山に生えているアズマネザサで作られ、繊細できれいな作品を見て、是非挑戦しようと思った。 今日完成し使い始めた新しいテーブルと椅子は、なな山で伐倒した木を使い、加工して作った自慢作である。
 
 伐倒準備.JPG
伐倒の準備

倒れ始めた木.JPG
倒れ始めたクヌギ

倒れた木の整理.JPG
倒れた木の整理

皆で枝の処理.JPG
皆で枝の処理

粗朶置き場整備.JPG
粗朶置場の整理

テーブル椅子完成.JPG
テーブル・ベンチ椅子の完成

クヌギ苗の掘起し.JPG
地植えクヌギ苗木の掘起し

クヌギ苗の整理.JPG
クヌギ苗の整理

チェンソーの修理.JPG
チェンソーの修理

雛人形.JPG
雛人形

ヒンメリ.JPG
ヒンメリ

アセビ.png
アセビ

カワズザクラ.JPG
カワヅザクラ

ウメ(白梅).JPG
ウメ(白梅)


コメント(0) 
共通テーマ:地域