So-net無料ブログ作成
検索選択

ヒノキがビューティ 中の谷ゲート改修 [よもやま話]

中の谷ゲートの柵は雨風に晒され、材が朽ちていた。道路拡幅工事が予定されていたため手つかずのままで、いつ倒れても不思議ではなかった。来年度の工事がないことがわかり、柵の改修に着手。

A田さんの指示に従って、まずヒノキ丸太の皮をむき、4本の杭を打つ。それまでの杭を抜いた場所に打ち込むので少し楽とはいえ、杭打ちはチカラ技。力持ちのN山さんとA田さんの出番である。改修前と同じようにリヤカーが通り抜ける幅を確保する。
横棒は丸太を縦に二つに割り、杭に渡して仕上げる。チェーンソーでの縦割りは緊張する。きれいに二つに割れないと、両方とも使えなくなる。さすが二人のコンビは息が合い、まっすぐに割く。

横に渡した材はリヤカーを通すときに開け閉めするため、上部でピン留めすることにした。電動ドリルでピンホールを開け、木製ピンでロックする。木製ピンは、手先が器用なM崎さんが作る。ヒノキの太い枝をナタで削り、ワインボトルのコルクのようなピンを作る。作ったピンは穴に合わせ、さらに削るという作業を繰り返し完成させる。さすがの名人も4本目には疲れていた。

カスガイで固定して出来上がった柵は、皮をむいたヒノキの木肌が美しい。薄いピンクの筋が鮮やかさを作り出している。鼻が利くS々木さんとI井さんが「ヒノキの臭いだ」と興奮気味。冬枯れの里山に現れたまばゆい木肌と臭いは、春を呼び寄せているようだ。

中の谷ゲート改修前.JPG
中の谷ゲート改修前

中の谷ゲート解体した柵.JPG
中の谷ゲート解体した柵

ヒノキの皮むき.JPG
ヒノキの皮むき

中の谷入り口ゲートの改修1.JPG
中の谷ゲート、ヒノキ材の杭打ち

ヒノキ材の縦割り1.JPG
ヒノキ材の縦割り

中の谷ゲート完成.JPG
中の谷ゲート完成。午後から参加した石川さんが「あまり手伝えなかったから」と撮影

中の谷ゲート改修完了.JPG
中の谷ゲート改修完了



コメント(0) 
共通テーマ:地域