So-net無料ブログ作成
検索選択

タマノカンアオイ、ネズミモチ、ウグイス、そしてシノダケ・ヒンメリ [よもやま話]

山の斜面に濃緑色の葉を広げている植物を見つけ、鳥博士のS田さんに尋ねたら「タマノカンアオイ」と即答。造詣が深い。植物博士でもある。「アオイ」といっても青色ではなく、昔の濃緑色を指すのだろう。多摩地域に生息する絶滅危惧種らしい。あらっ大変、珍しいんだ!

タマノカンアオイ.JPG
タマノカンアオイ(多摩の寒葵)

多摩の緑爺の「多摩丘陵の植物と里山の研究室」

広場に戻って来て、ヤブコウジが植えられた丸太プランター(半割り)の右端に不明な草を発見。またまたS田さんに声をかける。「ネズミモチ。ヒヨドリがつまんで食べる」とこれまた即答。生き字引だ。「和名は、果実がネズミの糞に、葉がモチノキに似ていることから付いた」(Wikipedia)。不老長寿の妙楽らしい。

ネズミモチ.png
ネズミモチ

若返りの妙薬!「ねずみもち」(医食同源「タオのかまど」)

そういえば「ウグイスが鳴いていた、なな山の奥の方で」と鳥博士が話していた。作業をしながら「ホーホケキョ」を求めていたが、聞こえずじまい。春なのに残念。自宅近くのウグイススポットに出掛けて録音した。「聞いて、聞いて!」と藪から鳴き声が続いていた。

ウグイス.jpg
ウグイス。提供:「写真素材足成」(www.ashinari.com)

再生ボタンをクリックしてみてください。ウグイスの鳴き声が再生される。音量が低いと聞き取りにくいかも

温かい昼どき。お腹もいっぱいになり、のんびりとしていた。すると、N山さんがシノダケ・ヒンメリの最新作を披露。温かい陽射しをいっぱい浴びた作品が作り出す影は絵になる。

シノタケ・ヒンメリ_17-03-12.png
シノダケ・ヒンメリ。左上の影を画像処理しようとしたが、あまりに細かいので途中で断念


コメント(0)