So-net無料ブログ作成

三角形が創り出すシノダケ・ヒンメリの魅力・その2 [シノダケ・ヒンメリ]

私が何よりシノダケ・ヒンメリに魅せられた理由は、その単純な形の組み合わせによって多様な表情を見せてくれることです。
太さや長さ・大きさ、その形などの組み合わせによって、すべてが別な表情を創り出し、それがまた見る角度によって違う景色を創り出します。
大袈裟に聞こえるかもしれませんが、眺めていて飽きません。
私が「正八面体組子型3.5段・L5cm」と呼んでいる作品を普通に言うと、ピラミッドのようですが、横から見るだけでも、三角形の積み重ねと四角に×(筋違)の積み重ねの二つの景色が見えます。
真上、或いは真下から観ると、田の字がたくさん見えてそこに筋違が入った図形に見えます。
それらの表情が、観る場所角度によって変わって行くのです。
「ウソだ~ぁ」と想うでしょうが、単純な骨組みがいろんな形を見せてくれるのです。
これ自体は「ヒンメリ」の魅力でもあるのですが、シノダケの利点は「それが誰にでも作れる、根気さえあれば。」という点です。

シノダケ・ヒンメリ_17-04-02.png
ピラミッドなど(シノダケ・ヒンメリ)

先ず、シノダケの細いモノは、そこいらじゅうの山や道端に生えていて、多くは邪魔ものとして取り扱われています。
材料が豊富にあります。
材料を取ると、みなさんに喜ばれたりします。景色が明るくキレイになったわ、そんな感じです。
それに、前にも述べたように材料として丈夫で簡単には裂けたり壊れたりしません。
必要なのは、根気とやる気だけです。コツコツ時間を掛けてやれば誰でも出来るのです。

もう一つの特徴は、材料に幅があり、割と無理が効くことです。
幅は、太さと長さの選択に幅があることです。同じものを作っても太さや長さを変えることで違った感じになります。
更に、その組み合せを変えると、様々な表情が出て来ます。

もう一つは、いろんな形を作ることが割と簡単に出来ることです。
なな山緑地のメンバーが作り始めた中でも、既に、ヒンメリの本には無い新しい形が生まれてきました。
ホントの話しなんです。(この辺の話しは次回に回します。)

いってしまうと「成る程!」なんのですが、「接着剤の要らない直線材による立体作成キット」がシノダケ・ヒンメリなんです。
ワイヤーや糸で繋いでいるので接着剤は要りません。
材は直線だけど長さは自由、その上丈夫。創る人の想像力にそって形が出来上がる筈です。
ルールは一つ。「パーツとなる部材が三角形を作って形を保持すること」だけなんです。
・・少々、理屈っぽくなってしまいました。(でもこの辺のことも別の回で詳しく述べます。)

ちょっとした組み合わせの違いだけでも「意外な世界」を見せてくれます。・・受け合います。
基本は「三角形」のカタチ。
そこからバリエーションの世界に飛び込むだけで、オモシロイ作品に出会います。・・間違いありません。
・・一緒に手を動かして、シノダケ・ヒンメリの魅力に触れてみましょう!!
・・前振りが長くなりました。次回からは、作品のつくり方などについて説明していく予定です。
   中山さん記

シノダケ・ヒンメリ_17-03-12.png
リース(シノダケ・ヒンメリ)


コメント(0) 
共通テーマ:地域