So-net無料ブログ作成
活動報告 ブログトップ
前の10件 | -

頭上高く折れ枝がぶら下がっている! 台風の影響か 活動記録(2017.10.8) [活動報告]

なな山緑地の会の皆さん
 
 活動記録 No. 327 (2017/10/8) を作成しました。(M崎さん)
 
 10月8日は暦の上で「寒露」と呼ばれています。露が冷たい空気と接し、霜に変わる直前で、紅葉が濃くなり、燕などの夏鳥と雁などの冬鳥が交代する時期でもあります。 
この頃になると五穀の収穫もたけなわで、農家は繁忙を極めます。

次の活動日は 10月 22日 (日) です。
ではまた、なな山でおあいしましょう。

活動概要:
折れて落ちそうな枝の周囲に危険区域の設定、希少植物の観察区画の草刈り、倒れそうな木の伐倒等。
参加者:
21人(男性14人、女性7人)
連絡事項:
1. 未だスズメバチが活動しているので注意!
2. ドングリ山でスズメハチに3箇所刺された体験談。痛みや腫れが一週間しても完治しない。
3. 台風で折れた枝、落枝の処理。
4. 通路の補修・はみ出た草刈り。
5. 多摩市職員との意見交換-10月25日(水)
6. ダイコンの間引き・土寄せ。
7. サツマイモ、サトイモの収穫は次回以降。
8. なな山だより41号を配布。
感想:
爽やかな秋の中で始まった活動も、昼過ぎには残暑の中で汗だくになった。
台風で折れた枝、地上に落ちた枯れ枝が多く散在していた。頭上をよく見ると折れ枝や枯枝が意外に多く、危険が潜んでいる事が分かった。万が一にも、緑地内を訪れる子供達が怪我に遭ってはならない。
前回希少植物の観察区画を2箇所設定、今回区画内の余分な植物を慎重に手刈りしたので観察し易くなった。

落ちそうな枯枝.JPG
落ちそうな枯枝

落ち枝拾い.JPG
落ち枝拾い

立入禁止のロープを張る.JPG
立入禁止のロープを張る

危険区域のロープ張り 1.jpg
危険区域のロープ張り

立入禁止の表示.jpg
立入禁止の表示

調査草刈作業(タマノカンアオイ等).JPG
希少植物の観察・調査区画の草刈り(タマノカンアオイ等)

希少植物観察エリアを作る.JPG
希少植物観察エリアを作る

大根土寄せ 2.jpg
ダイコンの土寄せ

ダイコンの間引き.JPG
ダイコンの間引き

西の山道補修.JPG
西の山の道補修

階段完成.JPG
山道の階段完成

倒れそうなホウノキ伐倒.JPG
倒れそうなホウノキ伐倒

ミツバアケビの実 1.jpg
ミツバアケビの実

キチジョウソウ 1.jpg
キチジョウソウ

タマゴダケ.JPG
タマゴダケ

タイアザミ.JPG
タイアザミ

コメント(0) 
共通テーマ:地域

写真で見るそれぞれの活動 活動記録(2017.9.24) [活動報告]

9月24日の活動では欠席のカメラマン・K田さんに代わり、アクティブ酒豪家・N田さんが活動をしながら写真撮影とハードに動き回っていた。作業開始前のミーティングで今日行う作業を確認し、各自作業に参加する。挙止など意思表示はないので、各自が作業現場に直接向かうか、作業の担当者に声をかけてから作業の開始となる。このあたりの動きがいまだに要領を得ないが、全体の流れをゆっくり見てから各自が動き出すということなのだろう。ビジネスの世界などと違い最初は戸惑うが、少し慣れると「さもありなん、フムフム」だ。

バス通り枯れ枝の処理1.JPG
バス通り枯れ枝の処理

バス通り落ち枝集め.JPG
バス通り落ち枝集め

バス通り草刈.JPG
バス通り草刈

バス通り清掃完了.JPG
バス通り清掃完了

咲き終わったキンラン_350.jpg
咲き終わったキンラン

植物標本採取.JPG
植物標本採取

中の山道補修中.JPG
中の山道補修中

階段補修完了.JPG
階段補修完了

玉切り風景.JPG
玉切り風景

伐倒及び整理作業完了.JPG
伐倒及び整理作業完了

枯草下ろし2.JPG
枯草下ろし

コメント(0) 
共通テーマ:地域

暑さ寒さも彼岸まで! 活動に適した季節かな 活動記録(2017.9.24) [活動報告]

なな山緑地の会の皆さん
 
 活動記録 No. 326 (2017/9/24) を作成しました。(M崎さん)
 
 9/23は秋分の日で、その前後3日を合わせた7日間を「彼岸」と呼びます。また、「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉通り、残暑もおさまり涼しくなり、過ごし易くなってきましたが、どうしてでしょう。少し調べてみました。
 
 「秋分の日には、太陽が真東から昇って真西に沈み、昼と夜の長さがほぼ同じになります。この日を境に日が短くなっていき、秋の夜長に向かいます。つまり、太陽の出番がどんどん短くなるので、暑さも和らいでいくわけです。」
 
 また、彼岸にはお墓参りに行く風習がありますが、どうしてでしょう?
 「実は、春分と秋分の太陽に関係があるそうです。仏教では、生死の海を渡って到達する悟りの世界を彼岸といい、その反対側の私達がいる世界を此岸(しがん)といいます。そして、彼岸は西に、此岸は東にあるとされており、太陽が真東から昇って真西に沈む秋分と春分は、彼岸と此岸がもっとも通じやすくなると考え、先祖供養をするようになりました。」

次の活動日は10月 8日 (日) です。
ではまた、なな山でおあいしましょう。

活動概要:
のり面の刈り草を下ろす、散策路・階段の補修、バス通りの草刈り・清掃、希少植物の観察エリアの設定。
参加者:
18人(男性11人、女性7人)
連絡事項:
1. 涼しくなり作業がやり易いが、スズメバチの活動が活発になるので、近づいて来たら、動かずにじっと見送る。
2. のり面の刈り草の処理。
3. 中の山散策路の補修。
4. 林野庁事業関連の希少植物の観察調査と記録。
5. 10/25(水)公園緑地課との懇談会有り。
6. 運営会での安全に関する報告。
7. 安全管理担当者会議の報告。
8. グループで植物採取は今日まで。
感想:
秋も深まり活動し易い季節になったのが、彼岸の墓参りなどのためか参加者がやや少ないのが残念。
台風の後で枝が折れたり、大小の枯枝が沢山散乱しているので、折れそうな枝を早めに見付けて処理する事にした。
なな山緑地内の標本植物の採集は大体終り、残り少なくなった。
緑地内に自生しているタマノカンアオイ、キンラン、ギンラン等の植物を継続観察する区域が二箇所設定された。


枯草下ろし.JPG
のり面の刈り草下ろし

中の山道補修・前.JPG
中の山の散策路、補修前

バス通り沿い草刈.JPG
バス通り沿いの草刈り

バス通り清掃.JPG
バス通りの清掃

西の谷枯損木伐倒準備_350.JPG
西の谷、枯損木の伐倒準備

西の谷コナラ伐倒後.JPG
枯損木の伐倒完了

キンランエリア設定_350.JPG
林野庁事業、観察エリアの設定

杭を作る.JPG
補修杭作り

アオツヅラフジの実.JPG
アオツヅラフジの実

ダンドボロギク.JPG
ダンドボロギク

トキリマメ.JPG
トキリマメ

コメント(0) 
共通テーマ:地域

秋は名ばかり。汗にまみれたが道路や斜面、遊歩道がきれいに! 活動記録(2017.9.10) [活動報告]

なな山緑地の会の皆さん
 
 活動記録 No. 325 (2017/9/10) を作成しました。(M崎さん)
 
 秋雨前線の影響ではっきりしない天気が続いています。気温は余り高くないが、湿度が高く、私にとってはいやな残暑です。

次の活動日は 9月24(日) です。
ではまた、なな山でおあいしましょう。

活動概要:
のり面の草刈り、ダイコンの種まき、散策の遊歩道と階段の補修、歩道沿いの草刈りと清掃。
参加者:
20人(男性12人、女性8人)
連絡事項:
1. やっと秋らしくなったが、まだまだ熱中症の危険が有るので、休み休み活動して欲しい。
2. 西の谷奥に大きな枯枝が有るので注意。
3. 法面の草刈り(但しカヤは残す)、様子を見て午後の作業を考える。
4. ダイコンの種を植え付けるので、畝作りから始める。
5. 活動計画にある、散策の道草刈り・補修をしたい。
6. 標本植物採集はコケの保護地区を観察する。
感想:
秋の天気とは言え、傾斜のきついのり面の作業は簡単ではない。汗にまみれながら、刈払機で草刈りばかりでなく、クズの蔓を取る、邪魔になる枝を落とす、刈り草を処理する人が一体になり作業、予定より早く完了した。
間伐を兼ね中の山で数本伐倒した木を材料に、遊歩道と階段の補修を行い、より安全に散策が出来るようになった。
夏には葉が枯れた球根から、ヒガンバナの花穂が突如伸びて来る自然を不思議に思う。

クズの蔓を取る.JPG
クズの蔓を取る

のり面の草刈り.JPG
のり面の草刈り

歩道沿いの草刈.JPG
歩道沿いの草刈

バス通り歩道清掃.JPG
バス通り歩道清掃

階段補修用杭を作る.JPG
階段補修用杭を作る

中の山階段の補修_350.jpg
中の山階段の補修

ダイコンの畝作り.JPG
ダイコンの畝作り

ダイコンの種まき.JPG
ダイコンの種まき

ヒガンバナ.JPG
ヒガンバナ

クヌギのどんぐり.JPG
クヌギのどんぐり

コメント(0) 
共通テーマ:地域

枝打ちの高所作業には安全帯が必須!  活動記録(2017.8.27) [活動報告]

なな山緑地の会の皆さん

活動記録 No. 324 (2017/8/27) を作成しました。(M崎さん)
 
 朝礼で安全に関していろいろな話がありましたが、熊に襲われ亡くなる人が3人/年に対して、スズメバチに襲われて亡くなる人が25人/年との事。スズメハチが寄って来たら、何もせずに飛び去って行くまでじっと我慢するのが良いそうです。
 
 まだ昼間は暑い日が続きますが、8/23は「処暑」の初日で、暑さが終り始めるわる、と言われています。5日ほど過ぎた今日は暑さが和らんだ気がします。朝夕は涼しい風が吹き渡わたり、気持ちのよい時期になり始めたので、夏バテした体を早く回復させましょう。

次の活動日は 9月10(日) です。
ではまた、なな山でおあいしましょう。

活動概要:
住宅空き地の雑草刈り、休憩所周りの枯木伐倒・枯枝の枝打ち、広場の草刈り等。
参加者:
19人(男性13人、女性6人)
連絡事項:
1. 陽が出ないだけ涼しく感じるが、短く休息を取りながら熱中症に気を付ける。
2.山に入る人はスズメバチに注意をする。
3.住宅空き地の雑草刈り。
4. 遊歩道にはみ出した草刈り。
5. くずれやすい階段の補修。
6. 休憩所に倒れ掛かっている、又、危険な枯木の伐倒・枯枝打ち。
7. 林野庁よりの刈払機の事故が多く、安全項目を守る再喚起。
感想:
夏バテのせいか、参加者がやや少ない。「この時節には集中力が鈍るので、怪我に繋がるので、無理してやらない」 との話に同感した。
枝打ちや枝落とし等の高所作業に安全帯の使い方の講習を地上で受け、梯子に登りヒノキの枝打ち作業やコナラの枝落とし作業を体験した。5メートルの一本梯子の上での枝打ち作業でも、安全帯着用の作業では、安心感が全く違う実感を味わった。

枯れ木の伐倒.JPG
枯れ木の伐倒

住宅内空地の草刈.JPG
住宅内空地の草刈

ダイコンの整理.JPG
ダイコンの整理

枝落とし.JPG
枝落とし

枝打ち作業.JPG
枝打ち作業

大きく育ったサトイモ.JPG
大きく育ったサトイモ

不法投棄ゴミを拾う.JPG
不法投棄ゴミを拾う

チェンソーの目立て.JPG
チェンソーの目立て

広場の刈払い.JPG
広場の刈払い

エビヅル.JPG
エビヅル

ヤブラン.JPG
ヤブラン

コメント(0) 
共通テーマ:地域

木陰を縫いなな山の自然を堪能! 活動記録(2017.8.13) [活動報告]

なな山緑地の会の皆さん

 活動記録 No. 323 (2017/8/13) を作成しました。(M崎さん)

 広場にあるクヌギの木の上の方にカブトムシ、カナブン、チョウ等が集まっている所を発見し、下から皆で見上げて観察した。樹液が出ているらしく、縄張り争いが起きていた。虫好きな子ども達が見たらどんな歓声を上げるだろうか? 昼間に観察しているが、夜中にはどんな様相になるのだろうか? こんな自然を永く守って行きたい。

 活動日に毎回参加していても緑地内を自分で見て回るチャンスは余り無いので、自然観察をしながら久し振りになな山の変化に富んだ自然を楽しんだ。反面、もう少し手を入れてやりたい場所も見つかった。

 猛暑の後に戻り梅雨の様な近頃の天気です。気温は高くなくても湿度が高いので、熱中症には気をつけましょう。

次の活動日は 8月27(日) です。
ではまた、なな山でおあいしましょう。

活動概要:
法面・広場の草刈り、園内の自然観察、スイカとニラの収穫、クズの蔓の除去と蔓をリース材に保管
参加者:
19人(男性13人、女性6人)
連絡事項:
1. 雨上がりは湿気が多いので、気温が高くなくても熱中症には気を付けること。
2. 住宅地付近の法面の草刈り。
3. 園内を皆で歩きながら夏の自然を観察する。
4. 西の谷の奥の散策路作り。
5. スイカは一週間前に収穫すべきだった、今日全部収穫。ニラも収穫。
6. チェンソー目立ての固定台の作成の報告と紹介。
感想:
気温は高くないが、雨上がりで非常に蒸し暑いせいかやや参加者が少ない。
活動日の間隔が三週間と長かったので、熟れ過ぎで割れたスイカが多かったが、試食後に残ったスイカを各自一個持ち帰った。
広場にあるクヌギの木の樹液が出ていると思われる所に、沢山のカブトムシ、カナブン、チョウ等が群がり、縄張り争いをしている様子が、昼間に観察できた。夜はどんな様子になるのだろうか。

自然観察.JPG
自然観察

住宅付近法面草刈り.JPG
住宅付近法面草刈り

植物標本作り.JPG
植物標本作り

倉庫本棚の整理.JPG
倉庫本棚の整理

スイカの収穫.JPG
スイカの収穫

スイカとカブトムシ.JPG
スイカとカブトムシ

クズの蔓を取る.JPG
クズの蔓を取る

法面の草刈.JPG
法面の草刈

ホオズキ.JPG
ホオズキ

ミョウガ.JPG
ミョウガ

コメント(0) 
共通テーマ:地域

動植物の活動が盛んな夏、なな山の息づかい - 8月13日活動速報 [活動報告]

相田です

今日の活動お疲れさまでした。
なな山のスナップ写真3枚です。

IMG_1099_350.JPG
スイカとカブトムシ

IMG_1103_350.JPG
クヌギにつく苔

IMG_1105_350.JPG
西の山のキツネダケモドキ

コメント(0) 
共通テーマ:地域

木陰の林間での作業は心地よい! 活動記録(2017.7.23) [活動報告]

なな山緑地の会の皆さん

 活動記録 No. 322 (2017/7/23) を作成しました。(M崎さん)

 暦の上では「大暑」、一年の内で最も暑い時期にもかかわらず、朝早くから大勢の参加者が集まった。大妻女子大の甲野准教授による、緑地保全活動の運動量と効用の計測に協力するため、医療用の万歩計を腰に付けて活動する事になった。活動の運動量だけでなく、活動前と後で気持ちがどう変化するのか、30項目程のアンケートを各自記入した。 
 道路脇の柵の補修、シイタケホダ木立ての補修等はカケヤで杭打ち、シイタケやナメコのホダ木の天地返し、畑の手入れなど活動する作業により運度量は大きな違いが有るだろうが、作業が思いどおりに完了した等の達成感とか満足感は活動の種類には関係が余り無いと思うし、ボランティア活動の良い所ではないでしょうか。
 また、活動日にはなな山緑地内に入れると知った見慣れぬ家族の訪問があり、カブトムシやクワガタ等を捕獲し満足して帰った様だ。

次の活動日は 8月13日(日) です。
ではまた、なな山でおあいしましょう。

活動概要:
道路脇の柵の補修、シイタケホダ木立ての補修、シイタケ、ナメコのホダ天地返し、畑の手入れ
参加者:
22人(男性14人、女性8人)
連絡事項:
1. 曇りでそこそこの天気だが、自分の力の範囲内で活動して欲しい。
2. 伐倒で破壊されたシイタケ本立ての修復とホダ木の天地返し。
3. 8/19(土)、森木会も共催して開催予定の LIFECamping に協力を。
4. 柵の補修。
5. スイカに食害保護用ネットを被せる。
6. チェーンソー目立ての講習会に 7グループ、約30名が参加した。目立ては切れ味+安全に繋がる。
感想:
暦の上では「大暑」、一年の内で最も暑い時期だが、曇や小雨で気温も低めな活動日だった。
汗を流した後の休息時に食べるスイカは特別なご褒美で、汁が体に沁み込んでいく。
中の谷での活動はヒノキやスギの木陰で幾分涼しいので、余り苦にならない。
シイタケやナメコのホダ木を天地返ししたので、次に収穫する季節が待ち遠しい。

スイカ保護の袋2重にする.JPG
スイカ保護の袋2重にする

柵の更新作業.JPG
柵の更新作業

シイタケホダ木立ての修理.JPG
シイタケホダ木立ての修理

スイカ.JPG
スイカ

カブト虫を採りに来た家族_2.jpg
カブト虫を採りに来た家族

チェンソー目立て台.JPG
チェンソー目立て台

ナメコのホダ木本伏せ.JPG
ナメコのホダ木本伏せ

ナメコホダ木天地返し.JPG
ナメコホダ木天地返し

エゴノキの実.JPG
エゴノキの実

クサギの花.JPG
クサギの花

コメント(0) 
共通テーマ:地域

暑い中の作業のあとは、木陰でのスイカが格別に美味い! 活動記録(2017.7.9) [活動報告]

なな山緑地の会の皆さん

 活動記録 No. 321 (2017/7/9) を作成しました。(M崎さん)
 
 最高気温35℃の予報にも関わらず、参加者の出足は良かったが、午前中だけ活動の人が多かった。力仕事の作業で汗が多く出た後、28℃と涼しい木陰のテーブルの周りで適宜休息し、水分を補給した。スイカの食害は残念だったが、残った所を切り分け試食したスイカはとても美味だった。持参の水やお茶を飲む代わりにスイカを食べ体を潤した。

 体が暑さに慣れていない夏の初めには、半日だけでも体を動かす事は良いでしょう。 暑い日が続き、熱中症になり易いので、自己管理で十分に気をつけましょう。

チェーンソー目立て講習会
 日時:2017年7月15日(土)13:30~16:30
 場所:エコプラザ多摩 多目的ホール

次の活動日は 7月23日(日) です。
ではまた、なな山でおあいしましょう。

活動概要:
西の谷奥の折損木の伐倒と処理、道路脇の柵更新、植物標本の納入
参加者:
25人(男性14人、女性11人)
連絡事項:
1. 35℃の予報なので、熱中症にならないように休み休み水分を取りながら自己管理。
2. 西の谷奥のサイハイランを保護するため、折損木を処理する。
3. 道路脇の柵の更新用に、前回用意したヒノキ材の皮剥きと柵の更新。
4. 伐倒で破損したシイタケ本伏せの補修。
5. 倉庫裏に置いていた伸縮梯子が盗まれた。
6. スイカ 5個食害に遭った。今後実るスイカを保護する網を掛けたい。
感想:
35℃の予報にも関わらず、参加者の出足は良かったが、午前中だけの人が多かった。木陰のテーブルの周りは28℃と涼しかった。
スイカの食害は残念だったが、残った所を切り分け試食した。力仕事が多く汗が多く出たせいか、休息時に試食したスイカは特に美味しく感じた。
西の谷奥の折損木を処理したので、サイハイランを含め周りの植物に陽が当たるようになるが、どんな影響が出るか観察をしていきたい。

動物に喰われたスイカ.JPG
動物に喰われたスイカ

残されたスイカ美味だった.JPG
残されたスイカ美味だった

折損木の上部を切り落とす.JPG
折損木の上部を切り落とす

折損木の伐倒.JPG
折損木の伐倒

サイハイランの囲いを整える.JPG
サイハイランの囲いを整える

柵用材の皮剥き.JPG
柵用材の皮剥き

柵の更新作業.JPG
柵の更新作業

植物標本の納入.JPG
植物標本の納入

ヤマユリ.JPG
ヤマユリ

ヒヨドリバナ.JPG
ヒヨドリバナ

コメント(0) 
共通テーマ:地域

蒸し蒸し汗ダク、メガネが曇る! 活動記録(2017.7.2) [活動報告]

なな山緑地の会の皆さん

 活動記録 No. 320 (2017/7/2) を作成しました。(M崎さん)

 前回の活動日が雨で、一週間順延になったせいか、やや参加者が少ない20名の活動になった。雨が降らなくて助かったが、非常に蒸し暑い中を一丸で取り組み短時間で各作業が処理出来た。熱中症予防にこまめに水分補給をするが、汗が流れ出るのは仕方がないが、眼鏡に落ちて来るのは視界不良となるので安全上問題だ。作業後、汗で変色している仲間のシャツの色を見ると、皆よく頑張った!  風呂上がりのビールは旨い、と思う。
 体が暑さに慣れていない夏の初めには、熱中症になり易いので十分に注意しましょう。

次の活動日は 7月9(日) です。
ではまた、なな山でおあいしましょう。

活動概要:
西の谷奥の伐倒した木の片付け、シイタケのホダ木を本伏せ、ヒノキ2本を伐倒し、柵材の準備
参加者:
20人(男性11人、女性9人)
連絡事項:
1. 湿度が高いので熱中症に注意する事。
2. 西の谷奥のサイハンランに被さっている倒木の処理をする。
3. シイタケのホダ木の本伏せをする。
4. 月々の予定表を掲示するので、メールを使っていない人は見て下さい。
5. サイハイランの所を片付けたら、囲いを作り直す。
6. チェンソー目立て講習会 2名参加予定。
7. ヤマユリの支柱立て。
感想:
前回の活動日が雨で延期になり、参加者はやや少なかったが、三週間ぶりの仲間の顔は少し懐かしかった。雨が降らない代わりに、非常に蒸し暑い中を一丸で取り組み短時間で各作業が処理出来た。仲間のシャツの色が汗で変わっていた。

西の谷伐倒木の整理.JPG
西の谷伐倒木の整理

ホダ木の運搬.JPG
ホダ木の運搬

ホダ木の本伏せ.JPG
ホダ木の本伏せ

ヤマユリの保護.JPG
ヤマユリの保護

植物標本の採取.JPG
植物標本の採取

柵の材のためヒノキを伐倒.JPG
柵の材のためヒノキを伐倒

ヒノキの伐倒.JPG
ヒノキの伐倒

アキノタムラソウ.JPG
アキノタムラソウ

エビヅル.JPG
エビヅルの実

ヒメヒオウギズイセン.JPG
ヒメヒオウギズイセン

コメント(0) 
共通テーマ:地域
前の10件 | - 活動報告 ブログトップ