So-net無料ブログ作成
検索選択

西の谷の景観が明るくアップした! 活動記録(2017.4.23) [活動報告]

なな山緑地の会の皆さん

活動記録 No. 316 (2017/4/23) を作成しました(M崎さん記)。

前夜の雨が上がり、朝から好天に恵まれた活動日で参加者の出足も良かった。
西の谷の通路に覆い被さるように傾いていた3本株立ちのサクラは、山側の根が以前から浮き上がっていて危険なので伐倒する事になった。倒す方向の反対側斜面にアーチを掛けた様に倒れたが、何時見ても倒れる瞬間は身が引き締まる迫力が有る。サクラの伐倒で今まで日陰でくすぶっていた植物が元気に顔を出してくれるでしょう。湧水の水路を整備した事により西の谷の景観が一段とアップし行きやすくなった。

二十四節気は馴染みが無いようにみえて、私たちの日常生活と意外に密接な関係にあります。4月20日は二十四節気の一つで穀雨(こくう)と呼ばれ、百穀を潤し、芽を出させる雨という意味だそうです。農業を営む人は、この時期に種まきをすると植物の成長に欠かせない雨に恵まれると言われています。ちなみに、次の二十四節気は5月5日(立夏)です。春の季節の移り変わりは速いので、変化に遅れないよう早めに準備しましょう。

次の活動日は 5月14(日) です。
ではまた、なな山でおあいしましょう。

活動概要:
西の谷湧水の水路と境界の整備、3本株立ちのサクラ伐倒と片付け。サツマイモ用畝の準備
参加者:
23人(男性15人、女性8人)
連絡事項:
1. 西の谷で通路上に覆いかぶさっているサクラの木(3本株立ち)は根が浮き上がっていて危険なので切る。
2. 春の植物の新芽が出て来ているので歩く時に注意が必要。
3. 昨日グリーンボランティア初級講座がなな山で行われ、多くの人がサポートしてくれた。
4. 通路で補修が必要な所が何箇所かある。又、通路側にはみ出た草刈りをしたい。
5. 標本植物の打合せと採集。
感想:
西の谷の通路上に覆い被さるように傾いていたザクラ(3本株立ち)を伐倒すると、陽の光が差し込む様になり明るくなった。水路の周りのアズマネザサを刈取り、落葉を掻き取り、溜まっていた泥を掻い出すと湧水が流れ出した。泥が水路に流れ込まない様に、伐倒したサクラの幹や太い枝を水路境界沿いに並べたので、西の谷の景観が一段とアップした。

新しい水路を作る.JPG
新しい水路を作る

新しい水路.JPG
新しい水路

ヤマザクラの伐倒.JPG
ヤマザクラの伐倒

倒れたヤマザクラの玉切り.JPG
倒れたヤマザクラの玉切り

植物採取の説明_2.jpg
植物採取の打合せ

スイカの周りを耕す.JPG
スイカの周りを耕す

倉庫の整理.JPG
倉庫の整理

ムクドリ2_1.jpg
ムクドリ

エビネ.JPG
エビネ

キンラン_2.jpg
キンラン

コメント(0) 
共通テーマ:地域

いよいよ春! いっせいに緑がかってきた 活動記録(2017.4.16) [活動報告]

なな山緑地の会の皆さん

定例の活動日が雨で2回連続翌週に振替えになったせいか、参加者が20名とやや少なかった。然し、初夏の様な天気に恵まれ予定の作業は全てやり終えた。サクラ材(倒木)は重量があり、簡単には下に落ちてくれないので、ロープを使い運搬機で引張ったりして何とか全て下し、遊歩道脇に積み終えた。西の谷のシュロやアズマネザサを取り除き、サイハイラン、ホウチャクソウ等にもっと光が当たる様に環境を改善した。ホウチャクソウは既に花を垂らし始めているし、今後、色々な花が咲き始める季節になるので、なな山に来る楽しみが増えてきた。

次の活動日は 4月23(日) です。
ではまた、なな山でおあいしましょう。
 M崎さん記
 
活動概要:
サクラ材(倒木)の処理・アズマネザサの手刈り、中の山で間伐と伐倒の片付け、倉庫の整理
参加者:
20人(男性12人、女性8人)
連絡事項:
1. 気温が上がるので熱中症に注意。
2. 今年の桜は場所により随分持ちが長い所が有る。
3. 他の会を見学したら、外来種の駆除をやっていた。外来種でのさばる種を対象に駆除する。
4. サクラ材(倒木)の処理をする。
5. 倉庫の棚卸をする。
6. 中の山で間伐と伐倒の片付け。
7. 西の谷でサイハイラン等がアズマネザサに覆われ始めた所を手刈りする。
感想:
定例活動日が雨で2回連続の振替え活動日になり参加者がやや少なかったが、初夏の様な天気に恵まれ予定の作業をやり終えた。ヤマザクラの背後に広がるコナラやクヌギの若葉が青い空に浮き上がる今の季節が一番すがすがしく感じられる。ホウチャクソウの花が垂れ下がり始め、これから色々な花が咲き始める季節になるので、なな山へ行く楽しみが増えて来た。
 
サクラの材を山から下す.JPG
サクラの材を山から下す

材を運搬車で引き下す.JPG
サクラ材を運搬車で引き下す

材を固定する杭を打つ.JPG
サクラ材を固定する杭を打つ

西の谷の道を付け替える.JPG
西の谷の道を付け替える

中の山不要木の伐倒.JPG
中の山で不要木の伐倒

中の山伐倒木の片付け.JPG
中の山で伐倒木の片付け

サイハイランの保護.JPG
サイハイランの保護

植物標本採取.JPG
植物標本の採取
 
カリン.JPG
カリン
 
ヤマザクラと若葉.JPG
ヤマザクラと若葉


 


コメント(0) 
共通テーマ:地域

雨がやむのを待って活動! [活動報告]

A田です
本日の活動中止のメールは7時45分に出されましたが、行き届かないこともあろうとなな山緑地へ出向きました。
N田さん、N山さん、M岡さん、A田の4人が集まりました。
そこで、身近な草ばな観察をしているうちに雨が上がり、西の谷の前回の桜の倒木片付けの続きを行いました。
11時過ぎ、再び雨が落ち始め作業を中止しました。11時30分過ぎ。戸締りをして帰ろうとしたとき、M雲さんが現れ、植物標本プロジェクトチームが12時から活動するという事でした。
午後から、N原さん、I井さん、M倉さん、M雲さん、朝からのN田さん、N山さん、M岡さんも加わり、植物採取を行いました。2時30分ごろ終了しました。
アオキの雄花・雌花採取、見ごろのオオシマザクラ桜採取、ヤマコウバシ採取など。
シイタケが沢山出て皆さんで分けるほどでした。
前回片づけた倒木の桜は、花芽を沢山つけていて、持ち帰った方は数日後見事に満開になったとの連絡を受けていましたので、今回枝を集めて休憩所の方に運びました。今回も何人かは家に持ち帰りました。この桜、単なるヤマザクラではないかもしれません。相田もつぼみの枝を持ち帰り花瓶に差しました。何と夕方までに白い小さな花を開き始めました。高地や日本海側に多いカスミザクラに似ていますが葉の出るのを待って確認してみます。

家サクラ.JPG
A田さんの家で咲いたサクラ


コメント(0) 
共通テーマ:地域

温かい春の陽射しがあふれ、スミレがいっぱい! 活動記録(2017.4.2) [活動報告]

なな山緑地の会の皆さん

活動記録 No. 314 (2017/4/2) を作成しました。(M崎さん)
 
昨日、東京都心のソメイヨシノに満開の宣言が出されました。都市のヒートアイランド減少で郊外よりも暖かいせいでしょうか。
前の活動日(3/26) が雨で代替日なので、参加者がやや少なかったようです。天気に恵まれ、気温も高くなり風もない絶好の活動日日和でした。
今日の午後、京王線の多磨霊園駅近くある聖将山東郷寺に枝垂れ桜を見に行きました。 小さな境内ですが、数本ある枝垂れ桜は丁度満開で、遊歩道沿いにはスノードロップ、シャガ、ジンチョウゲ等も満開でした。映画「羅生門」のセットは、この寺の山門をモデルに作られたと言う。門前の枝垂れ桜と共に府中市の代表的な景勝の一つとして知られている。自分の住んでいる近くにこんな所があるなんて今迄気が付きませんでした。

次の活動日は4月9(日) です。
ではまた、なな山でおあいしましょう。
 
活動概要:
サクラの倒木の処理、シイタケ・ナメコ菌の打ち込み、蜂トラップの設置、里芋の植付け
参加者:
19人(男性13人、女性6人)
連絡事項:
1. シイタケとナメコ菌の打ち込み。
2. サクラの倒木の処理。
3. からきだの道の会へ桜のホダ木を提供。
4. スズメバチ用の蜂トラップを設置する。
5. 使用した道具類は手入れして保管、長い間の保管時は油を抜く。
6. 新しいチェンソー(4台)と刈払機(2台)が入荷した。
7. 倉庫の棚卸(整理整頓)、チェンソーの扱いはヘルメットの着用、軍手は禁止・・・・。
8. 畑に里芋を植える。
感想:
3/26の代替日なので、やや参加者が少なかったが、天気に恵まれ気温も高く風もない絶好の活動日だった。更に新しいチェンソーも好調で予定した作業はすべてやり終える事が出来た。西の谷奥の道が崩れそうなので、杭を打って土留めの準備をする。畑を耕し、畝作り、施肥、里芋の種芋(昨年のオヤイモ)を植え付けた。
 
サクラの倒木.JPG
サクラの倒木

サクラ倒木を切る.JPG
サクラ倒木を切る

サトイモの植え付け.JPG
サトイモの植え付け

シイタケナメコの菌打ち.JPG
シイタケ、ナメコの菌打ち

蜂トラップを作る.JPG
蜂トラップを作る

トラップの取り付け.JPG
トラップの取り付け

倉庫の整理整頓.JPG
倉庫の整理整頓

ヒゴスミレ大.JPG
ヒゴスミレ

ヤブレガサ大.JPG
ヤブレガサ

サワガニ西の谷奥で.JPG
サワガニ、西の谷奥で



コメント(0) 
共通テーマ:地域

雨・花冷えの中、温かい部屋で総会が開催! 活動記録(2017.3.26) [活動報告]

なな山緑地の会の皆さん
活動記録 No. 313 (2017/3/26) を作成しました。(M崎さん)

 雨のため平成28年度の総会のみで、現場の活動は中止になりました。一週間前、東京に桜の開花宣言が出されました。全国で最も早い発表でした。「花冷え」という言葉をご存じですか。桜の咲くこの時期、春の陽気が続いたかと思うと、冬のような寒さがぶり返すことを表したもので、春の季語でもあります。昨日今日と冷たい雨が続き、「寒の戻り」の寒さで、咲きかけた桜も縮み上がってがっている事でしょう。

次の活動日は 4月2(日) です。(26日が雨のため、振替え活動日となります)
ではまた、なな山でおあいしましょう。
 
活動概要:
なな山緑地の会平成28年度総会
参加者:
27人(男性16人、女性11人)
総会概要:
なな山緑地の会平成28年度総会をUR百草団地第二集会場で開催
開会の辞及び出席者、委任状の員数発表:T木さん
議長選出:T木さん-S田さんを選出
平成28年度活動報告:A田さん
会計報告:M月さん
役員改選:T木さん
平成29年度活動計画案:A田さん
予算案:M月さん
質疑応答その他:D口さんより安全管理の説明
総会資料の報告・提案が全て承認された
感想:
冷たい雨の中、多くの会員が総会に参加した。安全管理の報告後、AEDの講習会をなな山緑地で実施、AEDの所在場所の確認等の意見が出された。総会終了後に刈払機、チェンソーの状態確認、良否の仕分けが行われた。業者より刈払機(2台)とチェンソー(4台)の納入が有り、現有機と異なる部分の操作デモと指導があった。
 
総会の様子1.JPG
総会の様子

総会の様子2.JPG
総会の様子

 

コメント(0) 
共通テーマ:地域

早春の佇まいにならい、春を迎える準備にいそしむ 活動記録(2017.3.12) [活動報告]

なな山緑地の会の皆さん
活動記録 No. 312 (2017/3/12) を作成しました。(M崎さん)

 「三寒四温」を繰り返し、少しずつ春が近づいてきました。早春の花が咲き始め、木々の新芽が膨らんできました。西の山の斜面はキンラン、ギンランの自生地なので新芽が出る前に、前回に玉切りした材と、今回更に伐倒したコナラ2本の材を全て運び出した。
中の谷入口の柵が壊れたので、ヒノキ材で改修した。

 スギの植物標本は低い所では採取できないのでハシゴを使い5m程の高さの枝を採取した。 枝先にびっしり咲く黄色の雄花とは反対に、内側に目立たない数個の雌花を観察する事が出来た。この雌花が成長し2cm位の球果(松かさ)になるんだ・・・、と初めて観察できた喜びと同時に、花粉症の激しいくしゃみと水っぱなに襲われた。

次の活動日は 3月26(日) です。 9:00 - 10:30 は、平成28年度を締めくくる総会が開催されます。
ではまた、なな山でおあいしましょう。
 
活動概要:
玉切り材の運び出し、コナラの伐倒と後片付け、中の谷入口柵の改修、粗朶置場の整理、植物標本の収集
参加者:
25人(男性13人、女性11人、子ども1人)
連絡事項:
1. 次回の活動日はなな山緑地の会の総会が有ります。欠席の人は委任状を提出してください。
2. 前回に伐倒し、玉切りにした材は運び出す。コナラのホダ木は倉沢の里を愛する会が引き取りに来る。時間が有ったらコナラを1-2本伐倒する。
3. 中の谷入口の柵が壊れているので、柵を作り直す。
4. 中の山で第2小が伐倒体験した後の片付けをする。
感想:
「三寒四温」を繰り返し、少しずつ春が近づき、花が咲き始め、木々の新芽も膨らんできました。3/5の啓蟄も過ぎ、なな山にはモグラが活動した跡、地表付近にトンネルを掘ったり、巣の外へ残土を排出するので、地上には土の盛り上がった場所 - 「モグラ塚」がたくさん見られます。 西の山の斜面はキンラン、ギンラン等の自生地なので、芽を出す前に玉切り材等を片付けられてホッとしています。
 
ホダ木の積み込み.JPG
ホダ木の積み込み

ホダ木の運び出し.JPG
ホダ木の運び出し

なな山看板手直し.JPG
なな山看板手直し

コナラの伐倒1本目.JPG
コナラの伐倒1本目

コナラ2本目の伐倒.JPG
コナラ2本目の伐倒
 
玉切り材の運び出し.JPG
玉切り材の運び出し
 
材の皮むき.JPG
材の皮むき

中の谷入り口ゲートの改修1.JPG
中の谷入り口ゲートの改修

中の谷入り口ゲートの改修2.JPG
中の谷入り口ゲートの改修

粗朶置き場の整備.JPG
粗朶置き場の整備

植物標本の採取.JPG
植物標本の採取

シュンラン.JPG
シュンラン

ホトケノザ.JPG
ホトケノザ

モミジイチゴ.JPG
モミジイチゴ

 

コメント(0) 
共通テーマ:地域

暖かい陽射しの中、伐倒、苗木掘り出し、沿道清掃、折れ枝の処理……のどかな一日でした 活動記録(2017.2.26) [活動報告]

なな山緑地の会の皆さん
活動記録 No. 311 (2017/2/26) を作成しました。(M崎さん)
 
 西の山でヤマザクラ、コナラの伐倒・枝の処理・玉切り、中の山の折れ枝の処理、第二小の間伐体験実習用に選んだ常緑樹に印付け、広場の地植えのクヌギ苗木をボランティア初級講座や第一小に提供するため掘り出し等、暖かい春のような陽射しの中で活動だった。
 
 今日で2月も終わり、今週の3/3は「桃の節句」と呼ばれ、ひな祭りの日として知られています。桃は不老長寿を与える植物とされており、健康で幸せな日々が末長く続くことを願う日でもあるそうです。ちらし寿司やひなあられなどでの食を楽しみながら健康祈願してみてはいかがでしょうか。

次の活動日は 3月12 (日) です。
ではまた、なな山でおあいしましょう。
 
活動概要:
西の山の伐倒・幹と枝処理、沿道のゴミ清掃、クヌギ苗木の掘り出し、中の山の折れ枝の処理
参加者:
26人(男性14人、女性12人)
連絡事項:
1. エコフェスタと南鶴巻小のサポート御苦労さま。
2. 西の山で株別れの木を何本か伐倒する。
3. 道路際にゴミが目立つので清掃。
4. 3/26の活動前に2016年度の総会。
5. 中の山の間伐の木に印を付ける - 第二小の間伐体験用。
6. 東の山の倒木の処理。
7. クヌギの苗木掘り出し -ボランティア講座と第一小に提供。
8. 3月の予定とサポートの要請。
感想:
少し活動すると汗が出るほど暖かくなり、春が近付いた事を実感する。
又、草木の花が開き始め堅い冬芽もほころび始めて来ている。
クヌギの苗木はドングリから育て、樹高も1Mを越え、根は地中深く伸びていた。ボランティア初級講座や第一小に提供するので、出来るだけ根を傷つけない様に掘り出したいが、石やがれきでスコップが思うように入らず、思ったより手が掛かった。
 
ヤマザクラ伐倒2本.JPG
ヤマザクラ伐倒2本

サクラ幹の玉切り.JPG
ヤマザクラ幹の玉切り

サクラ枝の処理.JPG
ヤマザクラ枝の処理

クヌギ苗の掘り出し.JPG
クヌギ苗の掘り出し

道路沿いの清掃.JPG
道路沿いの清掃

中の山折れ枝の処理.JPG
中の山折れ枝の処理

粗朶置場の土留め作業_350.jpg
倒れかかる木の補正(粗朶置場の土留め作業)

ナメコが少し出た.JPG
ナメコが少し出た

オオイヌノフグリ.JPG
オオイヌノフグリ

ヒイラギナンテン.JPG
ヒイラギナンテン

ウグイスカグラ.png
ウグイスカグラ
 


コメント(0) 
共通テーマ:地域

伐倒、テーブル・イス、粗朶整理、苗木起こし……いっぱい広場で活動 活動記録(2017.2.12) [活動報告]

なな山緑地の会の皆さん
活動記録 No. 310 (2017/2/12) を作成しました。(M崎さん)
 
 日本海側は大雪だが、関東地方は長い間雨が殆ど雨が降っていない。 空気が非常に乾燥すると心配なのが発生しやすくなる火災。 又、インフルエンザの流行も心配です。 インフルエンザの予防の一つとして、水(お茶でもOK)を“ごくん”と20分に 1回程度飲むとウィルスが流されて感染しづらくなるとのこと。 でも、何かしていると20分ってあっという間なので習慣化するまでは意識付けが大切との事。

 倉庫脇のクヌギの伐倒と後処理、新しいテーブルとベンチ椅子の完成、クヌギの苗木の掘起し等、山には入らない広場での活動だった。
 今日の昼食時より使い始めたテーブルとベンチ椅子の材料は、なな山で伐倒したヤマザクラやスギ・ヒノキを広場まで運搬し、加工、組立まで皆で協力して作った重厚な自慢作です。
 昼食の休憩時にエコフェスタ (2/18-19) に展示する雛人形とヒンメリ(フィンランドの伝統的な装飾品、別名 光のモビール)を見た時に、小さな三角形や四角形で構成され、単純だが繊細な作品に心を奪われました。 限られたスペースの関係で今回の活動記録に、ヒンメリの写真が載せられなかったのが残念ですが、細いアズマネザサで作る繊細なヒンメリ作りに挑戦したくなりました。

次の活動日は 2月26 (日) です。
ではまた、なな山でおあいしましょう。
 
活動概要:
倉庫脇のクヌギの枝打ち・伐倒・枝の整理、テーブルとベンチ椅子の完成、クヌギ苗木の掘起し等
参加者:
27人(男性18人、女性9人)
連絡事項:
1. 住宅地で若いタヌキが2匹目撃された。 又、宅地との境の緑地の下を10匹ものタヌキが移動しているのを見たとの情報もあり、なな山緑地に生息しているので見守っていきたい。
2. 倉庫脇のクヌギの伐倒。
3. 地植えのクヌギ苗木の掘起し、20本を第一小に寄贈する。
4. 新しいテーブルのベンチを完成させる。
5. 今後の予定。
6. 牧野標本館に提出した標本を2/22見に行く。
感想:
朝は寒かったが、穏やかに晴れた活動日になった。 エコフェスタ (2/18-19)に展示する雛人形とヒンメリ(フィンランドの伝統的な装飾品、別名 「光のモビール」) が披露された。 このヒンメリはなな山に生えているアズマネザサで作られ、繊細できれいな作品を見て、是非挑戦しようと思った。 今日完成し使い始めた新しいテーブルと椅子は、なな山で伐倒した木を使い、加工して作った自慢作である。
 
 伐倒準備.JPG
伐倒の準備

倒れ始めた木.JPG
倒れ始めたクヌギ

倒れた木の整理.JPG
倒れた木の整理

皆で枝の処理.JPG
皆で枝の処理

粗朶置き場整備.JPG
粗朶置場の整理

テーブル椅子完成.JPG
テーブル・ベンチ椅子の完成

クヌギ苗の掘起し.JPG
地植えクヌギ苗木の掘起し

クヌギ苗の整理.JPG
クヌギ苗の整理

チェンソーの修理.JPG
チェンソーの修理

雛人形.JPG
雛人形

ヒンメリ.JPG
ヒンメリ

アセビ.png
アセビ

カワズザクラ.JPG
カワヅザクラ

ウメ(白梅).JPG
ウメ(白梅)


コメント(0) 
共通テーマ:地域

大地が凝縮したダイコン、美味い! 活動記録(2017.1.22) [活動報告]

活動記録 活動記録 No. 309 (2017/1/22) を作成しました。(M崎さん)

昨日の活動は冷たい空気の中、早くから大勢が集まり、最終的に27名の参加でした。昼には暖かくなってきましたが、気温よりも畑で採れたダイコン、それに豆腐と油揚げを入れた旨い味噌汁が提供され、心身を癒してくれ午前中の疲れを吹き飛ばしてくれました。 
大寒(1/20)を過ぎせいか、今日のように風がとっても冷たく、寒い日はあの味噌汁を思い出すと心が暖かくなります。

次の活動日は 2月12 (日) です。
ではまた、なな山でおあいしましょう。
 
活動概要:
くず掃き、丸材の運搬・ログミルで平切り、テーブルの表面仕上げ、コナラの伐倒(2本)・ホダ木作り
参加者:
27人(男性17人、女性10人)
連絡事項:
1. 安全第一で活動をする。
2. くず掃きをして落葉溜を満杯にする。
3. F田さん(新会員) の紹介。
4. シイタケのほだ木を作る、2本伐倒。
5. タマネギ、キャベツに追肥。
6. ダイコンを一本抜いて持ち帰る。
7. テーブル2個を合体させる。椅子はベンチタイプにする。
8. 刈払機使用中は 15m以上離れる、等の安全の啓蒙。
9. 昼にみそ汁を提供
感想:
とても寒い(3℃)朝だったが、活動が始まると直ぐに体も温まり始めた。
広場に運搬したヒノキの丸太をログミルをセットして平切りする。皆でセット方法を学習した。ワクワクとちょっと緊張してチェンソーを入れ始めた。初めは前に進む事に集中していたが、次第に切りくずが出易い動かし方が分かる様になり、切り終わった時の感動は今まで一番だった。
 
苗にかん水.JPG
キャベツ苗に灌水

タマネギ苗にマルチをかける3.JPG
タマネギ苗にマルチをかける

テーブル表面を磨く.JPG
テーブル表面の磨く

テーブル完成間近.JPG
テーブルは完成まじか

椅子用の材を運搬.JPG
椅子用の材を運搬

椅子の材をログミルで切る.JPG
椅子の材をログミルで切る

落葉を集める.JPG
落ち葉を集める

落葉を運ぶ.JPG
くず掃きの落葉を運搬

落葉を積み込む.JPG
落ち葉を積み込む

ホダ木用コナラ伐倒.JPG
ホダ木用コナラを伐倒する

見事に倒れる.JPG
見事に倒れる

ホダ木の長さに整える.JPG
ホダ木の長さを整える
 

コメント(0) 
共通テーマ:地域

重厚な桜テーブルがついに完成! 活動記録(2017.1.8) [活動報告]

なな山緑地の会の皆さん
新年あけましておめでとうございます。活動記録 No. 308 (2017/1/8) を作成しました。(M崎さん)

年末年始を如何お過ごしでしたか。不摂生で過ごしたわが身は、体が重く、元に戻すのに時間が掛かりそうです。
小寒(1/5)を過ぎ、寒さも本格的となってきましたが、出来るだけ毎日外出して、体を動かしたいものですね。
来週は寒さが一年で最も厳しいと言われる大寒(1/20)がやってきます。暖かくする工夫をして、体調を崩さない様に各自ご自愛ください。

次の活動日は 1月22 (日) です。
ではまた、なな山でおあいしましょう。

活動概要:
山初めの神事と安全祈願、くず掃き、沿道のゴミ及び西の谷奥の違法投棄のゴミ拾い、テーブル作り
参加者:
22人(男性14人、女性8人)
連絡事項:
1. 年頭挨拶。ボランティア活動は仕事ではないので、無理をせず、怪我の無い様にこの一年をやっていきましょう。
2. 沿道沿いに目立つのゴミの清掃。
3. 山初めの神事で安全を祈願する。
4. 寒いので体が温まるくず掃きをする。
5. 特別講演会の案内: シーボルト達が作った「日本植物目録」 と標本の関連について。
6. なな山だより39号の配布。
感想:
気温が低い (3℃) 朝、今年初めての活動日が始まった。
年末年始の不摂生の為か、スタートの動きが鈍い。
ご神木に新しい注連縄を張り、活動に使う道具を並べ、山初めの儀式で安全の祈願。
西の山の落葉を掃き全ての落葉溜や丸シガラが満杯になった。
テーブル天板に脚の取付が終わり、台石の上にテーブルを仮設置した。天板と脚(約200kg X 4)のテーブル(山桜)は完成まじかだ。
 
ダイコンの土寄せ.JPG 
ダイコンの土寄せ

ロケットストーブで暖をとる.JPG
ロケットストーブで暖

テーブル作り1.JPG
テーブル作り

テーブル作り2.JPG
脚の下に台石を置き仮設置

お神酒などを撒いてお払い.JPG
お神酒などを撒いてお払い

落葉掃き1.JPG
くず掃き

落葉掃き2.JPG
くず掃き

ゴミ拾い西の谷.JPG
西の谷奥のゴミ拾い

落葉溜め満杯.JPG
落葉溜め満杯

丸シガラも満杯.JPG
丸シガラも満杯

ウメ.JPG
ウメ

ボケ.JPG
ボケ

 
 

コメント(0) 
共通テーマ:地域