So-net無料ブログ作成
検索選択
よもやま話 ブログトップ
前の10件 | -

いくつご存じですか? 意外と知らない近頃のなな山アラカルト [よもやま話]

きょうは、なな山のとっておきの秘密を明かしてしまいましょう。さて、いくつご存じでしょうか。

木工留め具_0514.JPG
木製の留め具。運搬機を格納する手作り倉庫の壁に7個付いた。もちろんお手製。S田さん作。刈払機を立ててセットするためのもの。セットは実に簡単で、溝に棒の部分を差し込み、取っ手を降ろせば固定される。さすがプロだ。いつ作業していたのかわからないのもすごい。これまで物置に立てかけ針金で抑えていたが、安定を欠き、しかも出し入れしにくかった。これなら備品管理でD口さんが悩まなくて済む上、森木会のチェックも丸適が出るはず。

カリン_2_0514.JPG
カリンの実。畑の奥に植えられていたカリンに実がついた。はじめのことらしい。梅の実より大きくしっかりしている。まだ青いがこれから熟して黄色になるようだ。生では食べられないが、香りは良いらしい。ちなみにカリンって「花梨」と書くようで、これまた知らなかった。

ギンラン3姉妹_0514.JPG
ギンラン3姉妹。最近整備が進む西の谷では貴重な花が発見され、ちょっとしたブームになっている。エビネが発見され、手刈りで雑草を刈っていたN山さんとT熊さんがギンランも発見し、大中小が可愛く並んでいるので「ギンラン3姉妹」と命名。写真がイマイチでわかりにくいのはご勘弁。

ハンショウヅル_0514.JPG
ハンショウヅル。この小さく可憐な花が「一番好き」と語るO野塚さんが案内してくれた。中の山の堆肥枠の近くに群生しているが、今年は少ないらしい。よく見ないとパスしてしまいそうな場所に咲いていた。お寺さんにある半鐘のような形から名前が付いたらしい。

カブトムシの幼虫_0514.JPG
カブトムシの幼虫。これもO野塚さんの紹介。畑の奥に白いブロックがあり、それをキレイに掃除していたO野塚さんが肥料を入れようと池の近くから堆肥を掘り出そうとしたら出てきたのがカブトムシの幼虫。いるわ、いるわ。この場所は、バス通り沿いの歩道で草刈りをしたときに出た草を貯めたところ。湿気っているのでカブトムシが繁殖したようだ。「カブトムシの糞がいい肥料になる」と丸く少し固めの土を手に取って見せてくれる。

ヒイラギナンテン_0514.JPG
ヒイラギナンテン。倒れたヤマザクラの近くに咲いていた。片付け道を作るので整備していたら切ってしまった。幹がカレー粉のような鮮やかな黄色で、ちょっとビックリ。「切り口が黄色とは! はじめて見た」とI井さんとM月さんも声を揃える。

中の谷_0514.JPG
中の谷。日に日に緑が濃くなるなな山。もうすぐ葉で覆われ、初夏のなな山に変貌するのでしょうか。

コメント(0) 
共通テーマ:地域

花摘む娘たちは大人になりました [よもやま話]

♪花つむ娘たちは……♪とハイトーンで歌い上げるトッポ・加橋かつみ。透きとおった新緑広がる草原を想起するこの歌は1968年発売の「花の首飾り」。絶世を風靡したグループサウンズ、ザ・タイガーズの作品。ジュリーこと沢田研二の甘えたハスキーボイスも魅力的だったが、天を突き抜くようなトッポの声にただただ聞き惚れていた。

なな山の畑にかかる傾斜地にそのシーンが再現していた。五月晴れの陽射しが降り注ぎ緑があふれる中、一心不乱に花を摘むのは、湯本さんと南雲さん。思わずパチッ。「花摘む乙女」と声をかけたら「茶摘みおばさんのようでしょう」と返ってきた。八十八夜も過ぎたからか。

花摘む娘たち.jpg
大人になった花摘む娘たち。感動してしまい聞き忘れたが、摘んでいたのはひな菊ではなくお茶だった?。

コメント(0) 
共通テーマ:地域

畑に古墳、出現! その上のビニール覆いは? [よもやま話]

春先の畑といえば、畝が並び、耕作した跡がはっきりわかる。西の谷の作業から戻ると、畑にこんもりと古墳のような小山が3つできていた。畑をやめた?! しかもその頂上がビニールで囲われている! 灯籠か?

「小山になったのは、畑を掘り起こして堆肥を大量に入れたため」とT橋さん。スイカの根が広がっても栄養をたっぷり吸収できるように配慮したもの。「ビニールの覆いは、保温と風害防止のため」。ビニールの覆いの中にはスイカの苗があった。毎日手を掛けるわけではないので大事を取っているようだ。「スイカの苗は接ぎ木したもの。たぶんカボチャに接ぎ木したのではないだろうか。これは連作障害を防ぐため」と丁寧に説明してくれる。一緒に聞いていたM崎さんとN山さんも納得の表情。作物を大事に大事に育てている。スイカの収穫が楽しみだ。

畑・広場_20170429.jpg
小山ができた畑

スイカの周りを耕す.JPG
スイカの周りを耕す

スイカの苗_2017-04-23.JPG
スイカの苗

コメント(0) 
共通テーマ:地域

新緑のなな山を行く フォトギャラリー [よもやま話]

一週間見ないだけで大きくその姿を変えるなな山の春。新緑がまぶしく、花木も我も我も顔を出しています。西の谷もすっかりきれいになり、陽が差し込み新たな里山の風景を作りだしています。水も流れ始め、湿地が形成されるかもしれません。春、新緑、なな山の美しさを体感してみてください。いいですよ。

光り輝くなな山_20170429.jpg
光り輝くなな山

新緑のなな山_20170429.jpg
新緑のなな山

西山を仰ぐ_20170429.jpg
西の山を仰ぐ

重なり合う新緑_20170429.jpg
重なり合う新緑

西の山_1_20170429.jpg
西の山

西の山_2_20170429.jpg
西の山

西の山_3_20170429.jpg
西の山

オドリコソウ_20170429.jpg
オドリコソウ

キンラン_20170429.jpg
キンラン

トキワツユクサ_20170429.jpg
トキワツユクサ

ムラサキケマン_20170429.jpg
ムラサキケマン

IMG_2144_20170429.jpg
ホオノキ

コメント(0) 
共通テーマ:地域

いきいきと風になびいた鯉のぼり、そのワケは? [よもやま話]

5月の節句といえばこどもの日。どこまでも抜けるような青空に高く悠然と泳ぐ鯉のぼりは、子どもの健やかな成長を願ってのこと。鯉が滝を昇るように元気に育って欲しいと鯉のぼりを飾る風習が江戸時代から続いている。

木工職人のA田さんが、サンタクロース、雛人形に続く第三弾・鯉のぼりを製作。広場の物置をバックに飾ってあった。一瞬「なに?」と戸惑う。「鯉のぼり」と言われて納得。「燻製」との声も聞こえたが、間違いなく木製だ。

「飾る場所がいけないのよ」と木工・めかいの会の女性陣が入り口に移した。新緑に映え風になびいて泳いでいるようだ。一番上にシノダケ・ヒンメリがお邪魔しているのはお気づきだろうか。

鯉のぼり_04.jpg
広場の物置にかけられた鯉のぼり

鯉のぼり_05.jpg
入り口に移された鯉のぼり

コメント(0) 
共通テーマ:地域

花咲爺さんが固まった! 足下で探しているものは? [よもやま話]

活動前の打ち合わせのとき、話を聞こうとみんなが輪を狭めようとしていた。B場さんが固まって足下を見ている。何ごとかとみんなも地面に目を向ける。何かを探しているようだが動かない。「サクラの芽を見つけたけど、どこにいったか見当たらない!」。踏みつけないように動かなかったのだ。やっと探し出したのは、サクラの小さい芽が2葉。クローバーより少し大きいが、小さくて気がつかない。人が行き交う広場に芽を出していた。踏みつけても不思議ではない。雑草が生え始めた広場で見つけるとは、さすがB場さん、花咲爺さんだ(「爺さん」はこの際ご勘弁を!)。踏みつけてはまずいと、数人が竹の杭3本を立てて注意を喚起することになった。

午前、昼食時、午後と広場の一角に立っていた竹の杭3本は、手のひらに刺さったトゲのようで気になる存在だった。活動の終了間際、T橋さんが「広場奥の通路の脇に移してもいい?」とB場さんに同意を求めていた。「自動車も駐車するから移した方がいいね」。サクラの小さい芽は引っ越しと相成った。

サクラの芽.jpg
サクラの芽。済みません、焦って手ぶれしちゃった。


コメント(0) 
共通テーマ:地域

嫉妬深い山の神? [よもやま話]

「山の神」といえば何を思い浮かべるだろうか。最近では何といっても箱根駅伝のランナー。初日最終5区、小田原から箱根まで山越えコースを驚異の走力で先行者を抜き去る。どこまでも続く急坂を淡々としかも力強い走りで駆ける姿にただただ驚嘆してしまう。ネーミングがフィットしている。
この山の神、人によっては、ガミガミと口うるさい奥方を思い浮かべる人もいるはず。ひと昔前、旦那衆がときどき「うちの山の神がうるさくて……」などと告げ口していた。すでに古語になったか、最近こう豪語する旦那が減った。奥さんも神様と祭り上げられれば悪い気はしないだろうが、近頃の奥さんは旦那さんに優しいから「山の神」と呼ばれるはずもない。ちなみに「カミさん」の由来はこの「山の神」から来ているとか。
ところで、この山の神は、文字通り山を守る神様のこと。先日聞いた話では、山の神は女性だという。知らなかった。男性はいいが、女性が山に入ると山の神が嫉妬するので「入るべからず」と女人禁制になったという言い伝えがあるらしい。最近は「ヤマジョ」が増え、嫉妬していたら切りがないかもしれない。この神様には山の神の日があり、地域で異なるが12月12日が多いようだ。この日、山に入ってはいけない。山の神が木の本数を数える日で、山に入った人まで数えてしまい、その人が木になってしまうからとか(?)。

山の神
山を支配する神。全国にみられる民間信仰で、多くの土地では山の神は女神だという。しかし男神という所もあり、また夫婦(めおと)神としている例もある。山の神を女神としている地方では、この神は容貌(ようぼう)がよくないので嫉妬(しっと)深く、女人が山に入るのを好まないという。(『日本大百科全書:ニッポニカ』)

山初め.png
山の神に一年の安全を祈願する山初め


コメント(0) 
共通テーマ:地域

ヤマザクラが揺れるなな山、心地よい! お裾分けです [よもやま話]

ヤマザクラ吹く.png
今年の春は少し変でしょうか。サクラの開花は早かったのですが、満開までが長く、しかも雨や寒さで「はるがキタッー」という高揚感が少し乏しかった気がします。雨で延期になった先日の活動日は、初夏を思わせる陽気でした。新緑に染まり始めたなな山は、ヤマザクラが爽やかな風に吹かれていました。「さっきの桜吹雪、綺麗だった!」と満面の笑みのB場さんが印象的でした。
涼風に吹かれるヤマザクラを動画でお裾分けです。容量の制限で8秒のみですが、「再生」ボタンを押してご覧ください。右から2つめの四角いボタンをクリックすると全画面で表示されます。うまく再生できない場合は、ダウンロードしてください。


コメント(0) 
共通テーマ:地域

集合写真の目線が違う、その先に何が? そしてコナルとは? [よもやま話]

4月16日活動記録の「開始時の集合写真」をじっくり見ていただきたい。多くの人が正面を向いてカメラ目線なのに、よそを向いている人が何人かいる。集中していない証拠と指弾されそうだ。視線の先に何がある?
実は、小鳥が畑に舞い降り、出入り口の方向にチョンチョンと可愛らしく歩いていたのだ。しかも2羽。お腹が黄色で尻尾がピンと伸びている。撮影のために散らばっていた人が集合した隙を狙って、我が物顔で散策を始めた。デジカメで姿を追うが、すばしこくピントが合わない。「セキレイだ。望遠だと難しい。入る?」とA木(弘)さんが声をかけてくれた。「黄色いからキセキレイ」とM崎さん。「アメリカでは尻尾をよく振るのでワグテイルwagtailと呼ぶ」。さすが博学だ。

A木(弘)さんといえば、中級講座の補講で長池公園を訪ねたときに顔を合わせた。長池公園で有名な丸太オブジェを制作しているのがA木(弘)さんと知りビックリ。イースター島のモアイ像のような作品だ。一人で製作しているという。「次の作品を楽しみにしています、と知らない人から声をかけられたりする」と嬉しそう。なな山にも作りましょうと声をかけたら、「丸太もたくさんあるし、入り口のところに置いたらいいね」と意欲的。「コナルのことだね」とN黒さんがコメントする。「コナラで作ったオブジェなので、そう命名したんだって」。なるほど「コナル」か。なな山の入り口に飾りたいなあ~、ねぇA木(弘)さん。

キセキレイ.png
キセキレイ

キセキレイ「日本の鳥百科」

コナル_長沼公園.JPG
コナル(長池公園)



コメント(0) 
共通テーマ:地域

活動の終わりは片付け、そしてもうひと作業! [よもやま話]

活動の終了・解散どきは、いつものことながら気もそぞろ。特に帰宅を急ぐわけではないのに。自転車置き場に向かうと、T橋さんが長靴の靴底をていねいに落としていた。靴底に詰まった泥は落としにくく手間がかかる。里芋の植え付けでシガラ(落ち葉寄せ)と畑を行き来し、畑を耕していたので、長靴にはしっかり土がこびりついていた。昨年、里芋の種芋をシガラに埋めておいていたら、しっかり芽が出ていた。「種芋があるよと農協の人に言われたけど、今年は親芋があるから大丈夫と答えたよ。購入費が浮いた」と嬉しそうだった。

「足あとがしっかり着くんですよね」と話を向けると、「うるさいからね、落とさないと」。我が家も、家に入る前に服・ズボンを何度も叩いて泥やホコリを落とすようにうるさい。玄関の中や廊下、部屋に点々と落ち葉が落ちていたときは慌てて拾ったが、小言が飛んできた。マンションの廊下や階段に泥の靴あとが着いたときは辛かった。畑や山の泥は粘着性で乾いてもなかなか消えない。

そこにA田さんも加わる。「我が家も厳しい。パッパッとしっかり落とさないと、家に入れてくれない」。どちらさんも同じだ。

サトイモの植え付け.JPG
サトイモの植え付け


コメント(0) 
共通テーマ:地域
前の10件 | - よもやま話 ブログトップ