So-net無料ブログ作成
検索選択
連携イベント ブログトップ
前の10件 | -

思わず感嘆の息が漏れた! 帝京大学教育学部 なな山緑地授業第二日 2017.5.26 [連携イベント]

甲野講師によるなな山緑地講座は10時45分から始まった。受講生は35人程度だ。
この日、天候は朝から雨。予測できていたとはいえ、3年目の今回も過去二回と同じ雨にたたられてしまった。スタッフは9時30分になな山緑地に集合して甲野講師の案内で大学の教室へ行くことにした。なな山緑地の会から相田と中山さんが指導講師、M岡さんとK田さんが助手として参加。

まず初めに、第一日目の与えられた設問と現場の状況を、モニター画面で確認。続いて今日のメインテーマ、なな山緑地で採取された材での製作課題「シノダケ・ヒンメリを作ってみよう」だ。こちらからのお勧めもあって急遽、シノダケ採取作業からやるつもりだったが、それは流れて、雨を予測してあらかじめ用意した45人分の材料を使うことにした。

相田がシノダケの育成と採取に関して概要を話したのち、中山講師の登壇だ。フィンランドの麦わら工芸からヒントを得て、なな山緑地の活動としてシノダケで作り始めた経緯から、派生して限りなく組み合わせ・組み方が生まれていることを、自らの作品を見せながらの講義。
学生も思わず身を乗り出し、深い関心を示して傾聴していた。

いよいよ実技。シノダケ・ヒンメリの基本形の製作に取り掛かる。材料はセットしてあり、学生には自由に選ばせる。手順は簡単。初めてでもちょっとしたアドバイスですいすい形になる。まとめ上げて最後の針金を閉じる時は、誰からも感嘆の息が漏れる。
甲野講師と顔を見合わせてニヤリ。学生たちのやる気と興奮を感じて、「この簡単な製作物は、はまりましたね。よかったです」と甲野講師がつぶやいた。

その後、相田が設問の解答にかかわる話をしてしめくくり、最後に学生たちに設問・解答の手直しと、アンケートを提出させて、今日の授業は終わった。
 相田さん記

甲野講師.JPG
甲野講師

問題.JPG
問題

シノダケの説明.JPG
シノダケの説明

ヒンメリの説明.JPG
ヒンメリの説明

ヒンメリ製作に取り組む.JPG
ヒンメリ製作に取り組む

うーん難しいな.JPG
うーん難しいな

上手くいっているね.JPG
上手くいっているね

製作指導.JPG
製作指導

完成品.JPG
完成品

講師と談笑.JPG
講師と談笑

解答を真剣に書いている.JPG
解答を真剣に書いている

コメント(0) 
共通テーマ:地域

なな山緑地の姿を記述せよ 帝京大学教育学部 なな山緑地授業第一日 2017.5.19 [連携イベント]

甲野講師によるなな山緑地講義は10時15分から38人の学生が受講して始まった。
この日天候は穏やかに晴れ、快適な緑地であった。なな山緑地の会からA田が指導講師、M岡さんが助手として参加。甲野講師が選択した4ポイントで緑地の姿を断面図に書き表わすことと、その近くに掲示された設問に対し、解答を自由に文章で記入することが課せられていた。昨年と同じ課題であり、甲野講師の話ではこういう質問形式が、学生に対し教育的効果が期待されるものかどうかの試験的方法で、データを集積して論文にまとめられないか試しているとのことであった。
A田の役割は、緑地全体の話と、注意事項をはじめに行い、最後に設問の回答を含め、緑地の歴史と役割、現在のボランティア活動のあり方を分かりやすく話すことであった。そして発生材を利用した、各種木工工芸的な取り組み紹介などで話を結んだ。
解散後、甲野氏と次回第二日目(5月26日)の相談を行った。予定としては、シノダケを採取してその材で鉛筆立てを作ることを考えていたが、シノダケ・ヒンメリを試作した講師は、即座に次回はシノダケ・ヒンメリづくりを加えようと決めた。
N山さんをはじめとするヒンメリ製作団の協力参加を是非お願いしたい。

IMG_0949_0519.JPG
甲野講師による現地でのオリエンテーション

IMG_0951_0519.JPG
落ち葉ため周辺で

IMG_0952_0519.JPG
スギ・ヒノキの人工林の中で

IMG_0959_0519.JPG
最後のまとめはヤマザクラのテーブルで

コメント(0) 
共通テーマ:地域

子ヤギ3匹誕生 多摩第一小学校から [連携イベント]

なな山緑地の皆さん
相田です。

多摩第一小学校の小林校長先生から子ヤギ誕生の写真が送られてきました。

植樹したクヌギも若葉を茂らせてきたとのことです。いつでも子ヤギに会いに来てくださいともおっしゃっています。

IMG_6974.JPG

IMG_6975.JPG

コメント(0) 
共通テーマ:地域

このフィールドワーク、新鮮そして興奮! 帝京大学 なな山緑地自然観察・散策(2017.5.12) [連携イベント]

五月晴れの穏やかな陽気の中、なな山緑地自然観察・散策に帝京大学教職大学院の学生7人、教員2人が参加した。会からは、K田さん、O井さん、N山さん、M岡さんの協力を得て行われた。

教員の教職研究科の三石教授と教育学科教授の臼田教授は昨年に続いてのなな山だ。
三石教授からの課題はあらかじめ頂いていた。以下のようだ。
植物・動物・地形に関しての生態的な事柄に加え、
1.「なな山緑地」の生態的、地理的、歴史的な特徴
2.「なな山緑地」の維持について、運営団体、年間の活動、課題、希望、夢など
3.小学校の子どもたちに対する内容、課題など
なかなかの難問だが、グリーンボランティア初級講座の要領に課題の内容を少し交えながら、相田が案内を進めていった。

言葉足らずもあったが、ほぼ課題をクリヤーできたと思っている。
このようなフィールドワーク体験がほとんどないと思われる学生たちからは、かなりの好リアクションがあった。可憐な草花の咲き方、樹木の名前と姿の違いなど、どれをとっても反応があるのはうれしいものだ。例えば、中の谷のホウノキ。名前こそ聞いたことがあるがホウノキの前に立って、その木肌の白さ、葉の大きさ、周辺の樹木とは風情に大きな違いのあること、花の大きさ、そしてホウ葉味噌などの地方の使われ方など。彼らにとってはすべてが新鮮に映ったようだ。

12時の制限時間に合わせて散策を終え、手持ちの昼食を摂る。その間、活動のパネルを見てもらい、なな山の植物「葉っぱ」、「草木の標本」、「めかい」、「シノダケ・ヒンメリ」にも興味津々。とっておきは、ぶんぶんゴマ、大型ものを含め全員が快感に酔っているように感じられ、午後の授業時間を忘れそうになるほどであった。

現役の小中学校の教師も数人含み、学生たちからは、学校教育にかかわる新たな課題と方向性が少しは見つかったようで、言葉の端々に喜びと興奮が感じ取れた。
大変楽しいなな山緑地であった。

1観察に来たメンバーー.JPG
観察に来たメンバー

2西の山で雑木林の成り立ちなど説明.JPG
西の山で雑木林の成り立ちなど説明

3中の谷を観察.JPG
中の谷を観察

4ワニグチソウを観察.JPG
ワニグチソウを観察

6中の山で解説.JPG
中の山で解説

7ササバギンラン.JPG
ササバギンラン

8ブンブン独楽_350.jpg
ブンブン独楽

9大きいブンブン独楽で遊んでいる_350.jpg
大きいブンブン独楽で遊んでいる

コメント(0) 
共通テーマ:地域

ぶんぶんゴマ・鯉のぼり・ペンダント、子どもの想像力が広がっていた! ガーデンシティこども祭り [連携イベント]

2017年の大型連休の5月3、4、5日は多摩センターで「ガーデンシティこども祭り」が行われた。
好天に恵まれた3日間、なな山のメンバーは「多摩の自然とまちづくりの会」がイベント参加した「作って遊ぼう」のテーマに協力した。相田が「まちづくりの会」のメンバーで、なな山緑地の仲間に呼びかけたものだ。3日間でちょい顔出しを含めて延べ23人の協力を得た。
なな山の発生材で切り出したもので、ぶんぶんゴマづくりとペンダントづくり。材料にカラーマジックで模様や絵を描き、穴をあけ糸を通す。ぶんぶんゴマは回るように手取り・手取りの指導。参加者は両親や祖父母が付き添ってはいても、小学校低学年かそれ以下の児童がほとんどで、その対応には苦労の連続。うまく回った時の子供の驚きのような笑顔と付添人から漏れる感嘆の表情に、満足感と癒しの気分を味わう。
あらかじめ作っておいた体験遊び用の大型ぶんぶんゴマは予想通りの大人気。振り回さないように注意指導して、快感を味わってもらう。親子・幼い兄弟・お年寄りのご夫婦などいろいろなカップルが体験し楽しんだようだ。
一方では、印刷した鯉のぼり型紙を、色付けし、切り取り、貼り付け、穴あけ、糸通し、棹取り付けの手順で鯉のぼりづくりである。じっくり色付けすると30分以上かかる。それを実に丁寧に仕上げる者もおり、出来栄えはそれぞれに趣がある。大変な人気を得た。
不慣れのはずのなな山のメンバーだが実に手際よく子供たち・付添人に対応していて、なかなかのものである。これでは次回もお呼びが掛かること請け合いだ。
 相田さん記

スタート前の打ち合わせ_350.jpg
スタート前の打ち合わせ。初日、二日目は風が強かったが、最終日は晴天の五月日和で朝から暑かった。

子ども祭り準備_350.JPG
子ども祭り準備。なな山の凄さはデコレーションにこだわるところ。ペンダント、ぶんぶんゴマ、鯉のぼりを棹に吊るし、風に吹き飛ばないように固定する。

作って遊ぼうテーブル.jpg
作って遊ぼうのコーナー。手前のテーブルで鯉のぼり作り、後ろのテーブルでぶんぶんゴマとペンダント作り。

こいのぼり作り_350.JPG
鯉のぼり作り。塗り絵に彩り鮮やかに色を塗り、中にティッシュを詰めて立体的にしたのがミソ。集中して作っていた。

鯉のぼりの塗り絵_350.JPG
鯉のぼりの塗り絵。鯉のぼりの見本を参考に色を塗っていく。親に手を出させない子どもも多く、創造の世界は広がっていくようだ。

鯉のぼり完成.jpg
鯉のぼり完成。出来上がった鯉のぼりは、さっそくパパが撮影。立体的で自慢げ。

ぶんぶんゴマ作り_350.JPG
ぶんぶんゴマ作り。見本を見ながらイメージを創って絵を描き、糸を通して完成。回すのが大変。親、祖父母と3世代で格闘。祖父母の出番だった。

ブンブン独楽作り2_350.JPG
ブンブン独楽作り。思い思いに絵を描いている。時間をかけて傑作を描く子もいた。ウーン、凄い!

ペンダント作り (2)_350.JPG
ペンダント作り。輪切りにした木目や形を合わせて顔や果物、小さい鯉のぼり……。小さい輪切りに思い思いの世界が広がっていた。

ペンダントの穴開け.jpg
ペンダントの穴開け。絵を描いたら、紐とおしの穴を開ける。ドリルに興味津々の子どもたち。手を出すのはアブナイ。

大型ぶんぶんゴマ2_350.JPG
大型ぶんぶんゴマ。おしゃれなオジサマと娘さんでしょうか。仲良く挑戦。うまく回せました。

大型ぶんぶんゴマ_350.JPG
大型ぶんぶんゴマ。孫がコマ作りの最中に、大型に挑戦。息が合わないと回らない。

特大のブンブン独楽_350.JPG
特大のブンブン独楽。小さいコマを回せても大型ははじめて。パパも真剣。

子ども祭り風景_350.jpg
子ども祭り風景。五月晴れの中央公園。新緑がスカイブルーに映え、涼風が心地よい。ふと見上げる公園奥にはアスレチックがあり、子ども一色。

終了時のなな山参加メンバー_350.JPG
終了時のなな山参加メンバー。最終日、撤収時のなな山スタッフ。N田さんは3連投。初日、中日に参加した方もお疲れさまでした。カメラ:K田さん。

コメント(0) 
共通テーマ:地域

新緑を堪能できたかな グリーンボランティア初級講座の報告 [連携イベント]

グリーンボランティア森木会『櫟』の原稿です(相田幸一さん記)。

毎回、なな山緑地へ四季を通じて最も美しい時期にグリーンボランティア初級講座を予定していただいて大変光栄に思っています。ここ数か月間の不規則な気候変動もあり例年の緑地の状況が保たれるかどうか心配しましたが、ほぼ昨年同様の様子を見ることができました。

サイハイランが花芽を立上げ始め、シュンランは花の名残を見せ、エビネはたくさんの花芽を立ち上げ一部開花も見られました。ホウチャクソウ、ミヤマナルコユリ、ワニグチソウは花芽を垂れ、アマドコロは背を伸ばし、チゴユリはけなげにも花を咲かせています。緑地全域に見られるキンランは、西の山では昨年にも増して多くの姿を現し、すでに黄色の花色を見せ始めています。ギンランはやっと地上に姿を現してきました。ほとんどのスミレは終わりましたが、中の谷のヒゴスミレはいく輪か花を残してくれています。なな山では希少種のイチヤクソウ、コクラン、オオバノトンボソウ、コバノタツナミ、オオバギボウシ、ハンショウヅル、オオアマナなども開花が楽しみです。
ヤマザクラの終わった樹々も、コバノガマズミ、マルバアオダモの花が続き、ウグイスカグラはたくさんの実を着け色づきを待っています。
コゲラのドラミングが森に響き、識別はできませんでしたが数種類の小鳥のさえずりもありました。

落葉樹の山、常緑樹の山、アズマネザサの生い茂る山。三様の姿は生物の多様性を生み、五感を働かせ、楽しむ場ともなっています。その違いは十分体感できたのではないかと思います。それでも、これは自然界の半分の状況でしかないとのことです。残り半分は五感では感じえない深い地中に、その働き場があるのです。数えきれない生き物と構成物の種類と量。人と生き物の暮らしはその半分の恩恵・働きに負っているということです。緑地の中では、落ち葉や枯損木を分解し、木や草の養分として循環していく行程として、その一端を理解することができます。<

緑地の活動は日々の連続性の、そして毎年のように行う繰り返しの継続性の循環作業です。
その中に楽しみを見出して、楽しみの行為が少しでも、緑地の保全に・地域の活性化に・人と自然との交流に役立つことになれば、それが最良であると思います。
なな山緑地の活動の特性をひとつ挙げるとすれば、それは発生する物の有効活用ということに尽きると思います。落ち葉は畑の・山の養分として。伐倒木の大きいものはテーブル・ベンチ・プランター・緑地表札。中くらいのものは柵・土留め杭、作業道・階段などに。そして小物は木工の材として、名板・トレイ・スプーン、フォーク、ヘラなど。アズマネザサは太い順に、篠笛・草花の支持杭・畑の作物の支持杭、スダレ・めかい・シノダケヒンメリ・コースターなどの材料として。使い道は実に多様です。

緑地の観察の1時間半の中で、これらを一通りは受講者に語ったつもりです。現場を見ながらの話しで、理解しやすかったところはあったはずですが、逆にさっぱりわからなかったという点もあるのではないかと危惧しています。受講者の反応をぜひ知りたい気持ちでいます。

新緑_2017-04-23_1.jpg
新緑を仰ぐ

キンラン_2.jpg
キンラン

エビネ.JPG
エビネ


コメント(0) 
共通テーマ:地域

グリーンボランティア初級講座が新緑のなな山で開催された! [連携イベント]

4月22日(土)9時からなな山でグリーンボランティア初級講座が開催されました。
8時半から、パネル、めかい、ヒンメリ、植物標本、木工作品などを展示して準備しました。
16期生17名、市長ほか市の関係者、森木会スタッフ、なな山のメンバーが集合し、講座がスタートしました。

1.
司会川添会長が当日のスケジュールを説明
2.
阿部市長が挨拶
3.
高木会長の挨拶となな山緑地の会の今までの経緯説明
4.
S崎さんがなな山を多摩市に寄付した経緯を説明
5.
O井さんが和田緑地の紹介
6.
多摩市公園緑地課小林係長が多摩市のみどり政策の説明
休憩と屈伸運動
7.
川添会長がマント群落など森林の成り立ちの講義
8.
A田さんの案内と説明でなな山の植物や林の種類などの説明
西の谷→西の山→東の山→中の山→中の谷→西の山→広場のコース
9.
昼食
10.
東の山で手鎌による笹刈りと、川添会長の刈払い機の使い方のデモンステレーション
11.
鎌研ぎ

以上の内容で講座が行われ、15時に終了しました。受講生はみんな熱心にメモや写真をとりながら聞いていました。A田さんの説明になな山に関心を持った人も多かったようでした。

最後の方に雨がぱらつきましたが、曇り時々晴れのお天気が何とかもって、なな山の新緑と、キンラン、エビネなどが花盛りのなな山を満喫でき、充実した講座になりました。
大勢のなな山スタッフがサポートしてくれたことに、市と森木会から感謝の言葉をいただきました。

阿部市長.JPG
阿部市長のあいさつ

高木会長.JPG
高木会長のあいさつと説明

S崎さん.JPG
S崎さんの説明

O井さん.JPG
O井さんのあいさつ

講義を聞く講習生.JPG
講義を聞く講習生

A田さんの説明.JPG
A田さんの説明(西の山)

A田さんの説明2.JPG
A田さんの説明(新緑がまぶしい斜面)

手鎌による笹刈実習.JPG
手鎌による笹刈り実習

川添会長刈払い機の説明.JPG
川添会長刈払い機の説明


コメント(0) 
共通テーマ:地域

クヌギの苗よ、砂利が多い敷地でも育って! -多摩第一小植樹 [連携イベント]

皆さん
A田です
多摩第一小学校のクヌギの苗植え付け、12本
完了しました。
協力いただいた、S田さん、O井さん、M崎さん、T橋さん、N原さん、M岡さん、お疲れさまでした。
ありがとうございました。
先日の植え付け予定場所が学校の都合で大幅に変わり、本数も少なくなりました。K林校長先生立会いの下、確認しながら作業しました。砂利の多い場所で、当初の予定地付近に5本、校庭のフェンスの外に6本、多摩川側に1本の12本ですが、この穴掘りは大小の砂利に出会ってかなりの苦戦。このくらいの数でもういいという感じでしたかね。なな山緑地の会が植えたと、ちゃっかり立て看板まで立ててしまいました。
なな山緑地から持ち込んだ客土と現地の土壌改良剤を混ぜて丁寧に植え付けを行いました。水やりもたっぷりと行い、全て活着することを願っています。

クヌギの苗木に水やり_350.jpg
クヌギの苗木に水やり

クヌギの苗木_350.jpg
クヌギの苗木
 
植樹に集まった仲間.JPG
植樹に集まった仲間
 
 

コメント(0) 
共通テーマ:地域

南鶴牧小学校「なな山で遊ぼう」レポート [連携イベント]

皆さん
A田です
南鶴牧小学校のなな山緑地の活動は、大変密度の高い目いっぱいの活動になりました。
ご協力いただいた、N山さん、O井さん、N田さん、お疲れさまでした。
児童30人、保護者3人、先生3人
なな山緑地の春の気配を探して散策し、オオイヌノフグリ、ホトケノザ、ノゲシの草花、ウメ、カワズザクラの花、アセビ、ヤツデ、ウグイスカグラの花、シュンランの花芽など見つけることができ、もう春です。

途中工作希望の弓矢の材料としてアズマネザサの採取を全員で行い、ヤマガラらしき鳥の姿やカブトムシの幼虫を見つける子もいました。
午前9時過ぎから4人で準備した、ターザンロープ・落ち葉のそり滑り・一本梯子登り・ロープの高さ上げ比べなどで遊ぶ子供たちの歓声が森に響き、十分満足していただいたことが感じられました。

最後は全員で、弓矢づくりです。達人たちの手助けも的確で、ほとんどがうまく飛ばせたようです。
参考に展示したシノダケ・ヒンメリに目を付けた何人かがいて、要望に応えてN山名人の指導で基本形を作り上げた子もいました。
いつもより30分延長の時間もあっという間に終わりを告げました。

弓矢作りに使うアヅマネザサ採取.JPG
弓矢作りに使うアヅマネザサ採取

斜面を飛ぶターザンロープ.JPG
斜面を飛ぶターザンロープ

おお怖い一本梯子登り.JPG
おお怖い、一本梯子登り


コメント(0) 
共通テーマ:地域

パネル、めかい、シノダケ・ヒンメリの展示。ぶんぶんゴマ、ヒンメリ作りで盛り上がる-エコフェスタ2017レポート [連携イベント]

2月18日~19日エコフェスタ2017がパルテノン多摩で開催され、多くの人が訪れ盛況だった。なな山緑地の会は、展示と工作で参加。

展示では、パネルで活動を紹介。完成したばかりのヤマザクラのテーブル・イスも写真で発表。N山さん・A田さん作シノダケ・ヒンメリがつり下げられ、3D展示と凝った演出で初お披露目となった。「シノダケ・ヒンメリ」のブランド名は数日前に決まったばかり。アズマネザサで丹念に編み上げたI井さん作めかい(弁当箱・ざる)、鮮やかなA田さん作雛人形など所狭しとコーナーを盛り上げていた。

工作コーナーは、ぶんぶんゴマとシノダケ・ヒンメリの製作。木工のぶんぶんゴマは絵を描いて、ひもを通せば出来上がる。回せない子どもには、K田さんやA田さんをはじめスタッフが引いたり縮めたりする感覚を体験して覚えてもらう。シノダケ・ヒンメリは、N山さんを中心に一人ひとり手ほどき。いずれの工作も参加者に女の子が多いのが意外だった。ヒンメリに興味を示す大人が多かったのも印象的。

展示全景_350.JPG
ひときわ華やかな、なな山緑地の会展示コーナー

市長に説明_350.JPG
阿部市長に活動を説明

ヤマザクラテーブル_350.JPG
ヤマザクラテーブル・イス製作のパネル展示

めかい作品_350.JPG
I井さんのめかい作品。手前中央がお弁当箱

シノダケ・ヒンメリ作り_350.JPG
シノダケ・ヒンメリ作り

ぶんぶんゴマ1_350.JPG
ぶんぶんゴマ作り

二人ぶんぶんゴマ2_350.JPG
巨大ぶんぶんゴマ回しを指導するK田さん


コメント(0) 
共通テーマ:地域
前の10件 | - 連携イベント ブログトップ