So-net無料ブログ作成
検索選択
連携イベント ブログトップ

新緑を堪能できたかな グリーンボランティア初級講座の報告 [連携イベント]

グリーンボランティア森木会『櫟』の原稿です(相田幸一さん記)。

毎回、なな山緑地へ四季を通じて最も美しい時期にグリーンボランティア初級講座を予定していただいて大変光栄に思っています。ここ数か月間の不規則な気候変動もあり例年の緑地の状況が保たれるかどうか心配しましたが、ほぼ昨年同様の様子を見ることができました。

サイハイランが花芽を立上げ始め、シュンランは花の名残を見せ、エビネはたくさんの花芽を立ち上げ一部開花も見られました。ホウチャクソウ、ミヤマナルコユリ、ワニグチソウは花芽を垂れ、アマドコロは背を伸ばし、チゴユリはけなげにも花を咲かせています。緑地全域に見られるキンランは、西の山では昨年にも増して多くの姿を現し、すでに黄色の花色を見せ始めています。ギンランはやっと地上に姿を現してきました。ほとんどのスミレは終わりましたが、中の谷のヒゴスミレはいく輪か花を残してくれています。なな山では希少種のイチヤクソウ、コクラン、オオバノトンボソウ、コバノタツナミ、オオバギボウシ、ハンショウヅル、オオアマナなども開花が楽しみです。
ヤマザクラの終わった樹々も、コバノガマズミ、マルバアオダモの花が続き、ウグイスカグラはたくさんの実を着け色づきを待っています。
コゲラのドラミングが森に響き、識別はできませんでしたが数種類の小鳥のさえずりもありました。

落葉樹の山、常緑樹の山、アズマネザサの生い茂る山。三様の姿は生物の多様性を生み、五感を働かせ、楽しむ場ともなっています。その違いは十分体感できたのではないかと思います。それでも、これは自然界の半分の状況でしかないとのことです。残り半分は五感では感じえない深い地中に、その働き場があるのです。数えきれない生き物と構成物の種類と量。人と生き物の暮らしはその半分の恩恵・働きに負っているということです。緑地の中では、落ち葉や枯損木を分解し、木や草の養分として循環していく行程として、その一端を理解することができます。<

緑地の活動は日々の連続性の、そして毎年のように行う繰り返しの継続性の循環作業です。
その中に楽しみを見出して、楽しみの行為が少しでも、緑地の保全に・地域の活性化に・人と自然との交流に役立つことになれば、それが最良であると思います。
なな山緑地の活動の特性をひとつ挙げるとすれば、それは発生する物の有効活用ということに尽きると思います。落ち葉は畑の・山の養分として。伐倒木の大きいものはテーブル・ベンチ・プランター・緑地表札。中くらいのものは柵・土留め杭、作業道・階段などに。そして小物は木工の材として、名板・トレイ・スプーン、フォーク、ヘラなど。アズマネザサは太い順に、篠笛・草花の支持杭・畑の作物の支持杭、スダレ・めかい・シノダケヒンメリ・コースターなどの材料として。使い道は実に多様です。

緑地の観察の1時間半の中で、これらを一通りは受講者に語ったつもりです。現場を見ながらの話しで、理解しやすかったところはあったはずですが、逆にさっぱりわからなかったという点もあるのではないかと危惧しています。受講者の反応をぜひ知りたい気持ちでいます。

新緑_2017-04-23_1.jpg
新緑を仰ぐ

キンラン_2.jpg
キンラン

エビネ.JPG
エビネ


コメント(0) 
共通テーマ:地域

グリーンボランティア初級講座が新緑のなな山で開催された! [連携イベント]

4月22日(土)9時からなな山でグリーンボランティア初級講座が開催されました。
8時半から、パネル、めかい、ヒンメリ、植物標本、木工作品などを展示して準備しました。
16期生17名、市長ほか市の関係者、森木会スタッフ、なな山のメンバーが集合し、講座がスタートしました。

1.
司会川添会長が当日のスケジュールを説明
2.
阿部市長が挨拶
3.
高木会長の挨拶となな山緑地の会の今までの経緯説明
4.
S崎さんがなな山を多摩市に寄付した経緯を説明
5.
O井さんが和田緑地の紹介
6.
多摩市公園緑地課小林係長が多摩市のみどり政策の説明
休憩と屈伸運動
7.
川添会長がマント群落など森林の成り立ちの講義
8.
A田さんの案内と説明でなな山の植物や林の種類などの説明
西の谷→西の山→東の山→中の山→中の谷→西の山→広場のコース
9.
昼食
10.
東の山で手鎌による笹刈りと、川添会長の刈払い機の使い方のデモンステレーション
11.
鎌研ぎ

以上の内容で講座が行われ、15時に終了しました。受講生はみんな熱心にメモや写真をとりながら聞いていました。A田さんの説明になな山に関心を持った人も多かったようでした。

最後の方に雨がぱらつきましたが、曇り時々晴れのお天気が何とかもって、なな山の新緑と、キンラン、エビネなどが花盛りのなな山を満喫でき、充実した講座になりました。
大勢のなな山スタッフがサポートしてくれたことに、市と森木会から感謝の言葉をいただきました。

阿部市長.JPG
阿部市長のあいさつ

高木会長.JPG
高木会長のあいさつと説明

S崎さん.JPG
S崎さんの説明

O井さん.JPG
O井さんのあいさつ

講義を聞く講習生.JPG
講義を聞く講習生

A田さんの説明.JPG
A田さんの説明(西の山)

A田さんの説明2.JPG
A田さんの説明(新緑がまぶしい斜面)

手鎌による笹刈実習.JPG
手鎌による笹刈り実習

川添会長刈払い機の説明.JPG
川添会長刈払い機の説明


コメント(0) 
共通テーマ:地域

クヌギの苗よ、砂利が多い敷地でも育って! -多摩第一小植樹 [連携イベント]

皆さん
A田です
多摩第一小学校のクヌギの苗植え付け、12本
完了しました。
協力いただいた、S田さん、O井さん、M崎さん、T橋さん、N原さん、M岡さん、お疲れさまでした。
ありがとうございました。
先日の植え付け予定場所が学校の都合で大幅に変わり、本数も少なくなりました。K林校長先生立会いの下、確認しながら作業しました。砂利の多い場所で、当初の予定地付近に5本、校庭のフェンスの外に6本、多摩川側に1本の12本ですが、この穴掘りは大小の砂利に出会ってかなりの苦戦。このくらいの数でもういいという感じでしたかね。なな山緑地の会が植えたと、ちゃっかり立て看板まで立ててしまいました。
なな山緑地から持ち込んだ客土と現地の土壌改良剤を混ぜて丁寧に植え付けを行いました。水やりもたっぷりと行い、全て活着することを願っています。

クヌギの苗木に水やり_350.jpg
クヌギの苗木に水やり

クヌギの苗木_350.jpg
クヌギの苗木
 
植樹に集まった仲間.JPG
植樹に集まった仲間
 
 

コメント(0) 
共通テーマ:地域

南鶴牧小学校「なな山で遊ぼう」レポート [連携イベント]

皆さん
A田です
南鶴牧小学校のなな山緑地の活動は、大変密度の高い目いっぱいの活動になりました。
ご協力いただいた、N山さん、O井さん、N田さん、お疲れさまでした。
児童30人、保護者3人、先生3人
なな山緑地の春の気配を探して散策し、オオイヌノフグリ、ホトケノザ、ノゲシの草花、ウメ、カワズザクラの花、アセビ、ヤツデ、ウグイスカグラの花、シュンランの花芽など見つけることができ、もう春です。

途中工作希望の弓矢の材料としてアズマネザサの採取を全員で行い、ヤマガラらしき鳥の姿やカブトムシの幼虫を見つける子もいました。
午前9時過ぎから4人で準備した、ターザンロープ・落ち葉のそり滑り・一本梯子登り・ロープの高さ上げ比べなどで遊ぶ子供たちの歓声が森に響き、十分満足していただいたことが感じられました。

最後は全員で、弓矢づくりです。達人たちの手助けも的確で、ほとんどがうまく飛ばせたようです。
参考に展示したシノダケ・ヒンメリに目を付けた何人かがいて、要望に応えてN山名人の指導で基本形を作り上げた子もいました。
いつもより30分延長の時間もあっという間に終わりを告げました。

弓矢作りに使うアヅマネザサ採取.JPG
弓矢作りに使うアヅマネザサ採取

斜面を飛ぶターザンロープ.JPG
斜面を飛ぶターザンロープ

おお怖い一本梯子登り.JPG
おお怖い、一本梯子登り


コメント(0) 
共通テーマ:地域

パネル、めかい、シノダケ・ヒンメリの展示。ぶんぶんゴマ、ヒンメリ作りで盛り上がる-エコフェスタ2017レポート [連携イベント]

2月18日~19日エコフェスタ2017がパルテノン多摩で開催され、多くの人が訪れ盛況だった。なな山緑地の会は、展示と工作で参加。

展示では、パネルで活動を紹介。完成したばかりのヤマザクラのテーブル・イスも写真で発表。N山さん・A田さん作シノダケ・ヒンメリがつり下げられ、3D展示と凝った演出で初お披露目となった。「シノダケ・ヒンメリ」のブランド名は数日前に決まったばかり。アズマネザサで丹念に編み上げたI井さん作めかい(弁当箱・ざる)、鮮やかなA田さん作雛人形など所狭しとコーナーを盛り上げていた。

工作コーナーは、ぶんぶんゴマとシノダケ・ヒンメリの製作。木工のぶんぶんゴマは絵を描いて、ひもを通せば出来上がる。回せない子どもには、K田さんやA田さんをはじめスタッフが引いたり縮めたりする感覚を体験して覚えてもらう。シノダケ・ヒンメリは、N山さんを中心に一人ひとり手ほどき。いずれの工作も参加者に女の子が多いのが意外だった。ヒンメリに興味を示す大人が多かったのも印象的。

展示全景_350.JPG
ひときわ華やかな、なな山緑地の会展示コーナー

市長に説明_350.JPG
阿部市長に活動を説明

ヤマザクラテーブル_350.JPG
ヤマザクラテーブル・イス製作のパネル展示

めかい作品_350.JPG
I井さんのめかい作品。手前中央がお弁当箱

シノダケ・ヒンメリ作り_350.JPG
シノダケ・ヒンメリ作り

ぶんぶんゴマ1_350.JPG
ぶんぶんゴマ作り

二人ぶんぶんゴマ2_350.JPG
巨大ぶんぶんゴマ回しを指導するK田さん


コメント(0) 
共通テーマ:地域

子どもたちの声がこだました! なな山で遊ぼう2016 多摩第二小 活動報告 [連携イベント]

多摩第二小学校 おやじの会 M岸さん
「なな山で遊ぼう」行事は子供も大人も楽しむビックなイベントです。毎年大勢の参加者ですが、今年はなんと!! 約240名(子供たち、父母、PTCAのお母さん有志、おやじの会の一部)の過去最多の大所帯になりました。当然おやじの会も盛り上がり、居酒屋に集合して夜遅くまで打ち合わせを行い、いい年のおやじがワクワクしながら色々な事を考えました。そんな中、滑車を使ったターザンロープをやりたい! と熱い思いで語る一人のおやじ、一同一瞬沈黙するが「やるかー」、「やろうよ」・・・とさらに勢いを加速してしまう事に! 今年はこの滑車を使ったターザンロープが新たな遊具に加わりました。
今年の遊具は次の通りです。
●滑車を使ったターザンロープ(NEW)
●1本の長いロープを太い木の枝の高いところにかけて作ったターザンロープ
●ロープで作ったブランコ
●1本のハシゴを4個連結して杉の木に固定したハシゴ登り(地上6メートル程の高さ)
●落ち葉をたくさん集めて作ったソリの滑走場(ゴールは大量の落ち葉にダイブ)
12月18日当日を迎えました。おやじたちは朝8時に二小に集合、それぞれの分担確認、道具や備品の準備をして9時30分、子供たちの集合時間を待ちました。一人、二人と子供たちが集まり始め受付をしていると、キラキラ眼で早く遊びたい!!と言わんばかりの笑顔。みんないい顔していました。全員集合、朝礼を済ませてなな山に向け歩いて出発。なな山に到着して、会長さんからのご挨拶、注意点のお話を聞いて「なな山で遊ぼう2016 スタート!」。準備していた遊具に向かう子供たち、ワクワク、ドキドキが伝わってきました。遊具以外の体験や工作品を次に紹介します。
●クズのつるで作るクリスマスリース
●木工細工
●丸太きり
●弓矢作り
材料は、なな山緑地内で調達し、会員の皆さんがご指導して下さいました。完成品のクオリティーの高さに驚きました(・・・・・これ、売り物か?・・・って感じ)。
●カブトムシの幼虫採取
これは会員の皆さんが、日頃より枯葉を集めて育てたカブトムシの幼虫を採取させていただきました。見たこともない大きな幼虫に一瞬びっくりしたものの、スコップで丁寧に土をかき分けて、一匹一匹を探しながら取って、各自持参した虫かごに入れ持ち帰りました。立派で元気なカブト虫に育つことを祈ります。大きな声出し、キャーキャー言いながらターザンロープに乗る子供たち、真剣に工作する子供たち、緑地内を探検する子供たち、一緒に遊ぶ父母、みんなが楽しく元気に遊んでいます。
お昼の時間になり、持参したおにぎりやお弁当を仲良しグループや家族で集まって、お母さんたちが作ったあったかいけんちん汁をもらって食べました。けんちん汁をおかわりする子供たち、アッという間に完食です! おやじが初めてチャレンジした「焼き芋」は食後のスイーツ? として出しました。抜群の出来上がりでメチャクチャ甘い! これもアッという間に完食でした。天気も良く、いっぱい遊んで腹ペコだったのでしょう、「なな山の緑の中で食べる食事は最高!」(2年生の男子より)。14 時半過ぎ、終了の時間になりました。後ろ髪を引かれる思いですが、集合写真を撮って、なな山緑地の会の方々やPTCAのお母さん方にお礼を述べて二小に帰りました。普段の生活圏内なのに様々な体験や経験ができる、何よりみんなが楽しめめる、そんな「なな山緑地」で今年もいい時間を過ごしました。一人一人に様々な思いを刻めた一日だと思います。事故、トラブル、ケガもなく、無事に終了できました。有難うございました。
「なな山だより」39号より

nanayamaasobi_01.jpg
約240名が晩秋のなな山で遊んだ

nanayamaasobi_02.jpg
大ブランコでユラーリユラリ

nanayamaasobi_03.jpg
のこぎりで枝を切る。なな山でできる貴重な体験だ

nanayamaasobi_04.jpg
お母さんたちのけんちん汁が美味しい。大量の汁、作るの大変!

nanayamaasobi_05.jpg
長ーいターザンロープで飛ぶ

nanayamaasobi_06.jpg
おやじも童心に帰って子どもと盛り上がった
 
nanayamaasobi_08.jpg
ベテランのおじさんから道具の使い方を教えてもらい木工細工をする
 
多摩第二小おやじの会とは
多摩第二小学校PTCAの傘下に属し、在校生の父親有志と、子供は卒業したが在校時に加入した父親(OB)ら38名にて、年間4~5回の行事を学校や地域を使用させて頂き、子供たちと楽しい時間を過ごす事を目的に集まった会です。



コメント(0) 
共通テーマ:地域

ナナフシを見つけた子どもの顔が嬉しそう!-南鶴牧小学校のなな山観察会 [連携イベント]

暑さも収まってきた10 月10 日、秋の始まったなな山緑地に集まった南鶴牧小学校の子供たち。今年度3回目のなな山観察会に、私は1年生の息子と参加させていただきました。初めて観察会に参加したのは息子が年長の頃だったのですが、小学校に上がった息子が観察会の手紙をもらってくる度に、トトロに出てくるようなあの山に、どうしても、もう一度連れて行って欲しいと懇願するので、参加することとなりました。
A田さんのご案内により、いつものように様々な植生の雑木林を歩きます。広葉樹の多い雑木林、アズマネザサの山、針葉樹の多い雑木林、なな山緑地は様々な顔を私たちに見せてくれます。子供たちはどの場面でも飽きることなく、弾む足取りでA田さんに着いて行きます。様々な植生の違いを、子供たちは自然と体で感じ、まるでA田さんと分かち合っているように見えたのがとても印象的でした。
途中で息子は、ナナフシを見つけることができました。その顔はとても嬉しそうでした。立派な夏大根をお土産にいただき、ありがとうございました。
1年生の参加は息子だけで、散策時の体力面を心配していましたが、これからもずっと観察会に参加したいと話す息子に、仕事を理由に断り続けていた私は、大いに反省したのでした。
M澤さん 「なな山だより」39号より

2018_10_10_DSCN1301.JPG
緑あふれる雑木林を分け入って自然と触れ合う観察会

コメント(0) 
共通テーマ:地域
連携イベント ブログトップ