So-net無料ブログ作成
検索選択
シノダケ・ヒンメリ ブログトップ

シノダケ・ヒンメリその3 作り方・遊び方1 「基本の形」の話 [シノダケ・ヒンメリ]

本家のフィンランドのヒンメリは、本を観ると「正八面体」を基本形に考えられているように思います。シノダケ・ヒンメリの世界を拡げるにあたって、最初に「正八面体」を含む「正多面体」の話から始めたいと思います。
正多面体には、「正4面体」「正6面体」「正8面体」「正12面体」「正20面体」の五種類があります。

正八面体大小4つを入れ子にしたもの.jpg
正八面体大小4つを入れ子にしたもの

詳しくは、正多面体クラブHP:http://www.h7.dion.ne.jp/~kagaku/index.htm
その中にある、ストロー正多面体:
を観ることをお奨めします(作り方も書いてあります)。

そのHPにも書いてありますが、「正4面体」「正8面体」「正20面体」の三種類は、作ってみると分かるのですが、しっかりとした形で出来上がります。それに対して、「正6面体」と「正12面体」は、ふにゃふにゃになってしまいます。原因は、「正4面体」「正8面体」「正20面体」の三種類は、構成面が三角形になっているのに対して、「正6面体」は面が四角形、「正12面体」は面が五角形になっているからです。
ここからがシノダケ・ヒンメリの始まりです。四角形には筋違い(すじかい)を入れると二つの三角形になります。五角形は、5つの頂点から5つの辺を出して結べば5つの三角形になって全体が安定します。シノダケ・ヒンメリでは、「正6面体」と「正12面体」とに少しだけ手を加えて、「正4面体」「正6面体」「正8面体」「正12面体」「正20面体」の五種類を基本形として様々な形に構成して行こうと考えています。
・・それが容易に出来るところがシノダケ・ヒンメリの好いところなのです。

ここで、簡単な「おさらい」。
「正4面体」「正8面体」「正20面体」の基本形を画像で確認しておくことにします。
 
正4面体.jpg
正4面体

正8面体.jpg
正8面体

正20面体.jpg
正20面体

いずれも面が三角形なのが分かりますね。
「正4面体」は、テトラパックとしてお馴染みのかたちです。
「正8面体」は、頂点を上にして吊るすと上下二つの三角形のように見えます。
「正20面体」は、正三角形により球のようなものを作った感じです。
そのいずれもが、同じ長さの部材で構成されていることが、とても重要です。材料を作るのが容易なのです。

次に、シノダケ・ヒンメリの面白さの一端として、「正6面体」の話しをします。先に書いているように、「正6面体」は、作るとふにゃふにゃになってしまいます。そこでシノダケ・ヒンメリでは、四角形には筋違いを入れて二つの三角形で面を作り、全体で正6面体を作ることにします。・・何が起こるでしょうか?
6面に入れる筋違いは6本です。その6本を連続的になるように入れると、中の筋違い6本が「正4面体」を構成していることが分かります。

筋違入り正六面体1.jpg
筋違い入り正六面体1

このシンプルな正6面体は、わずかに12本の辺と6本の筋違いによ依って出来ているのですが、筋違いの入れ方によっても様々な形を見せてくれます。話しだけでは分からないと想うので、ここでは三つの画像を紹介することにします。

筋違入り正六面体2.jpg
筋違入り正六面体2

筋違入り正六面体3.jpg
筋違入り正六面体3

筋違入り正六面体4.jpg
筋違入り正六面体4

ところで、筋違いの入れ方によって景色が異なりますが、一体何種類あるのでしょうか? その写真の画像は、少しずつ違う形をしています(この話は次回以降に予定します)。
更に、実は、この筋違いを八つの頂点から立体の中心に集めることも出来ます。画像としては、またちょっと面白い形を見せてくれます。

筋違入り正六面体の別バージョン5.jpg
筋違い入り正六面体の別バージョン5

シノダケ・ヒンメリでは、これらの「少し手を加えた正6面体」も基本形に、多分5種類の形を加えて楽しむことにします。

・・今回は、入口というか、さわりの話しでした。
まだ「正12面体」の話しが出来ていません。・・その話も次回以降にお話しします。
・・オタノシミに。

参考図書:「フィンランドの伝統装飾ヒンメリ」おおくぼともこ著、発行:プチグラパブリッシング
フィンランドのヒンメリは、同じHPのhttp://himmeli.jp/himmeli.html
   中山さん記



コメント(0) 
共通テーマ:地域

三角形が創り出すシノダケ・ヒンメリの魅力・その2 [シノダケ・ヒンメリ]

私が何よりシノダケ・ヒンメリに魅せられた理由は、その単純な形の組み合わせによって多様な表情を見せてくれることです。
太さや長さ・大きさ、その形などの組み合わせによって、すべてが別な表情を創り出し、それがまた見る角度によって違う景色を創り出します。
大袈裟に聞こえるかもしれませんが、眺めていて飽きません。
私が「正八面体組子型3.5段・L5cm」と呼んでいる作品を普通に言うと、ピラミッドのようですが、横から見るだけでも、三角形の積み重ねと四角に×(筋違)の積み重ねの二つの景色が見えます。
真上、或いは真下から観ると、田の字がたくさん見えてそこに筋違が入った図形に見えます。
それらの表情が、観る場所角度によって変わって行くのです。
「ウソだ~ぁ」と想うでしょうが、単純な骨組みがいろんな形を見せてくれるのです。
これ自体は「ヒンメリ」の魅力でもあるのですが、シノダケの利点は「それが誰にでも作れる、根気さえあれば。」という点です。

シノダケ・ヒンメリ_17-04-02.png
ピラミッドなど(シノダケ・ヒンメリ)

先ず、シノダケの細いモノは、そこいらじゅうの山や道端に生えていて、多くは邪魔ものとして取り扱われています。
材料が豊富にあります。
材料を取ると、みなさんに喜ばれたりします。景色が明るくキレイになったわ、そんな感じです。
それに、前にも述べたように材料として丈夫で簡単には裂けたり壊れたりしません。
必要なのは、根気とやる気だけです。コツコツ時間を掛けてやれば誰でも出来るのです。

もう一つの特徴は、材料に幅があり、割と無理が効くことです。
幅は、太さと長さの選択に幅があることです。同じものを作っても太さや長さを変えることで違った感じになります。
更に、その組み合せを変えると、様々な表情が出て来ます。

もう一つは、いろんな形を作ることが割と簡単に出来ることです。
なな山緑地のメンバーが作り始めた中でも、既に、ヒンメリの本には無い新しい形が生まれてきました。
ホントの話しなんです。(この辺の話しは次回に回します。)

いってしまうと「成る程!」なんのですが、「接着剤の要らない直線材による立体作成キット」がシノダケ・ヒンメリなんです。
ワイヤーや糸で繋いでいるので接着剤は要りません。
材は直線だけど長さは自由、その上丈夫。創る人の想像力にそって形が出来上がる筈です。
ルールは一つ。「パーツとなる部材が三角形を作って形を保持すること」だけなんです。
・・少々、理屈っぽくなってしまいました。(でもこの辺のことも別の回で詳しく述べます。)

ちょっとした組み合わせの違いだけでも「意外な世界」を見せてくれます。・・受け合います。
基本は「三角形」のカタチ。
そこからバリエーションの世界に飛び込むだけで、オモシロイ作品に出会います。・・間違いありません。
・・一緒に手を動かして、シノダケ・ヒンメリの魅力に触れてみましょう!!
・・前振りが長くなりました。次回からは、作品のつくり方などについて説明していく予定です。
   中山さん記

シノダケ・ヒンメリ_17-03-12.png
リース(シノダケ・ヒンメリ)


コメント(0) 
共通テーマ:地域

なな山緑地「シノダケ・ヒンメリ」について - その1・「シノダケ・ヒンメリ」って、なあに? [シノダケ・ヒンメリ]

ことの経緯から話を始めます。
なな山緑地では活動日の次の火曜日に「木工・めかいクラブ」の活動があります。
何も知らないで参加した私中山に「フィンランドの工芸にヒンメリというのがあって、その話しからシノダケで作れるじゃない!」と相田さんから話がありました。
「なんなのそれ?」と、インターネットで調べてみると、中空の藁(フィンランドでは、麦わら)に糸を通してモビールの様な飾りが紹介されていました。
その作り方も紹介されていました。
それを観て「あら、私にも出来そう」と作ってみました。
実は、本家の藁(麦わら)よりシノダケの方が簡単。理由は、シノダケは丈夫なので壊れないということです。ワイヤーを使えば、私でも出来ます、でした。

それがことの始まりだとすると、第二弾は「ヒンメリ」の本でした。
その本には、基本的なパターンが8つ、最大の作品は700以上のパーツを使うものが示されていました。
暇と時間だけはあって、いくつかシノダケで作品のようなものを作っていたのですが、そこには大作が示されていました。
負けず嫌いだとは思っていませんが、根気強いと自負する私は、止む無く大作に挑戦することとなったのでした。
真近にエコフェスタがあるので、シノダケで作ったヒンメリも飾ろうよ、という話が後押ししました。
そうして出来たのが、写真の私が「正八面体組子型3.5段・L5cm」別名「ピラミッド」と呼んでいる作品です。

たぶん、この作品がなな山緑地の会のメンバーに認められたのだと思います。
732ピースを使った作品は、私にとっては一気に作るのは難しく、部材を切ったり組み立てたりとの繰り返しで、2、3日掛かりました。
でも、初めての私でも何とか出来上がるのが「シノダケ」の良さです。多少不揃いですが、自分でも出来上がった時に感動しました。
そんなことで、デザインは「ヒンメリ」の本に依っているけれど、材料はシノダケなので「シノダケ・ヒンメリ」です。
ご存知のようにシノダケ(正式にはアズマネザサ)は「めかい」の材料として使われていますが、他では厄介者です。
里山に入るといろいろな場所でシノダケをみることが出来ますが、邪魔でしかなかった細いシノダケが「シノダケ・ヒンメリ」にとって最高の材料になります。
そしてうつくしい造形美をもたらしてくれます。
目指しているのはシノダケを使った新たな造形美(相田さんの言葉だと「シノダケモビール」)だと想っているのですが、このようなステキな作品のヒントをくれた「ヒンメリ」に敬意を表して、「シノダケ・ヒンメリ」の世界を拡げたいなと想うこの頃です。
「シノダケ」で作ると、自分の思いがそのままカタチになってくれます。
   (中山さん記)

ヒンメリ.JPG
シノダケ・ヒンメリ「ピラミッド」のお披露目

ピラミッド.png
ピラミッド(正八面体組子型3.5段・L5cm)。ルーブル美術館のピラミッドを想起する作品

モビール.png
シノダケで作ったモビール各種


コメント(0) 
共通テーマ:地域
シノダケ・ヒンメリ ブログトップ