So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

会長がタウンニュースに写真入りで掲載「貴重な里山を次世代へ」 [よもやま話]

開催中の多摩市なな山緑地の植物標本展「明日へ繋ぐ里山の記録」をメインに、里山ボランティア活動などについて取材に応じたなな山緑地の会の高木会長の記事が、タウンニュース11月15日号に堂々の写真入りで掲載されました。タイトルが「貴重な里山を次世代へ」。

会長インタビュー.JPG
会長インタビュー記事(タウンニュース 11月15日号)

記事の内容はネットでも公開されています。
https://www.townnews.co.jp/0306/2018/11/15/457376.html

コメント(0) 
共通テーマ:地域

台風で折れてぶら下がった枝のある木を伐採! 活動記録(2018.11.11) [活動報告]

なな山緑地の会の皆さん

 活動記録 No. 352 (2018/11/11) を作成したので送ります。(M崎さん)

 秋晴れの心地よい活動日だが、参加者が少ない。理由は、牧野標本館で開催中の標本展で、加藤先生の講座と植物標本プロジェクトの参加したメンバーの体験談の発表があり、なな山の活動に参加できない人が多く、15名での活動になった。午前中の活動で、午後から講座に参加するメンバーも数人いたので、残されたメンバーに大きな負担が掛かったのは申し訳なく、又、大変感謝しています。

 なな山緑地内には台風で折れた枝がぶら下がっている危険な樹が数本有り、小学生等の訪問スケジュールも決まっていて、市に伐倒をお願いしていますが、間に合わないので我々の手で伐倒する事にしました。

 「多摩市なな山緑地の植物標本展、明日へ繋ぐ里山の記録」之標本展はお陰さまでとても順調で、連日色々な地域より予想以上の来館者が来てくれています。

次の活動日は11月25日(日) です。

 ではまた、なな山でお会いしましょう。

活動概要:
折れ枝のコナラの伐倒と後処理、落葉滑りのゴールにシガラ風の落葉囲い作り、サトイモの収穫等
参加者:
15人(男性13人、女性2人)
連絡事項:
1. 今日は植物標本展と講演会が有るので、ほとんどの女性は標本展に行っている。
2. 折れ枝の有る危険な木が数本あり、市に伐倒をお願いしている。
3. 子供達が遊びに来るのに間に合わないので、我々で2-3本伐倒する。
4. 高圧電線に被さっている危険な枝を写真で報告、東電は切ってくれたようだ。
5. サトイモを収穫する、小さいイモも注意深く取除く。
感想:
今日は牧野標本館で先生の講演会と我々のプロジェクトチームが作った植物標本展と体験談に参加するので、多くのメンバーがなな山の活動には参加できず、15名と少なかった。
緑地内には折れ枝の有る危険な木が数本あり、市に伐倒をお願いしているが、子供達・学生の訪問を控え準備が間に合わないので、我々の手でコナラ4本の伐倒と後処理をした。
サトイモは豊作だった昨年を上回る大豊作だった。


伐倒された木.JPG
伐倒された木

伐倒されたコナラ.JPG
伐倒木のコナラ

伐倒木の枝.JPG
伐倒された枝

伐倒木の処理.JPG
伐倒木の処理

伐倒木の処理2.JPG
伐倒木の処理

サトイモの収穫.JPG
サトイモの収穫

サトイモ大豊作.JPG
サトイモ大豊作

サトイモの選別.JPG
サトイモの選別

落葉滑りのゴールづくり.JPG
落葉滑りのゴールづくり

落葉滑りのゴール作り2.JPG
落葉滑りのゴール作り

落葉滑りのゴール作り3.JPG
落葉滑りのゴール作り

講演会.JPG
講演会

チャノキの花.JPG
チャノキの花

リンドウ.JPG
リンドウ

コメント(0) 
共通テーマ:地域

久し振りに木工・めかいを製作-木工・めかいクラブ報告 [木工・めかいクラブ]

相田です

今日13日、植物標本展の開催中ですが、久しぶりに木工・めかいクラブを行いましたので、その活動報告です。

N山さんは、シノダケ・ヒンメリの材料加工、新しいヒンメリのお目見え。既にブログで紹介されている「六角穴のトーラス」。

Y本さんは、めかい材料の採取とヒネヘギ作業。

相田は、新しい取り組み。立体なな山文字盤の製作。未完成です。
エコ・フェスタの景品、フクロウストラップの製作(すでに何人かの方には差し上げています)。

立体なな山文字盤1.JPG
立体なな山文字盤(製作中)

立体なな山文字盤2.JPG
立体なな山文字盤(未完成)

フクロウストラップ.JPG
フクロウストラップ

コメント(0) 
共通テーマ:地域

シノダケ・ヒンメリ49 多面体のカタチ:「六角穴のトーラス」の作り方・その1 [シノダケ・ヒンメリ]

六角穴のトーラス.jpg
■多面体と多様体の世界-図形ワークショップ…6角穴のトーラス作る
http://metalogue.jugem.jp/?eid=2594

上の図は、インターネットで見つけた「六角穴のトーラス」の中の写真です。
写真は、綿棒を接着剤でくっつけているのですが、シノダケ・ヒンメリではどんなふうになるのか作ってみました。

≪レシピ≫
5.0cmを294本。
≪作り方≫も、インターネットの画面に沿って進めました。シノダケで作ることから、いくつか図を増やして説明をしました。

1) 最初に内側の中心となる6角柱を図のように作ります。
この時点で【18本】使っています。

手順1.jpg
手順1


2) 6角柱の外側に4角錐を作ります。
更に24本を使って、合計【42本】です。

手順2.jpg
手順2

3) 4角錐の間に2本で受けを作ります。
これで12本を使うので、合計【54本】となります。

手順3.jpg
手順3

4) 四角錐と受けの頂点を繋ぎます。
下のようなリングが出来上がります。
これで12本を使うので、合計【66本】となります。
(これはこれで、キレイな形になります。)

手順4.jpg
手順4

5) 内側の6角柱の辺に角を出すように一周します。
また12本を使うので、合計【78本】となります。

手順5.jpg
手順5

6) 作った角の間に2本で受けを作ります。
また12本を使うので、合計【90本】となります。

手順6.jpg
手順6

7) 角の支えを付けながら過度の頂点と受けを繋ぎ一周します。
下のようなリングが出来上がります。
今度は、受けの8本多い、18本を使うので、合計【108本】となります。
これで、4)の半面が出来上がりました。

手順7.jpg
手順7

8) 裏返して、5)と同じ作業をします。
また12本を使うので、合計【120本】となります。

手順8.jpg
手順8

9) 6)と同様に、角の間に受けを作り、角の支えを入れます。
支えの6本を含めて、18本を使うので、合計【138本】となります。

手順9.jpg
手順9

10) 7)と同様に、角と受けの頂点を繋ぎ一周します。
下のようなリングが出来上がります。
12本を使うので、合計【150本】となります。
これで、全体のほぼ半分が出来上がりました。

手順10.jpg
手順10

ここからどうして丸い形が出てくるのか不思議ですが、続きは次回に紹介することにします。順を追って作り方を紹介しますので、お楽しみにして次回をお待ちください。
  N山さん

コメント(0) 
共通テーマ:地域

エル・フマドール(EL FUMADOR) -アトリエN- [アトリエN]

 ビクトリア王朝時代のイギリスの軍人で、海洋探検家であり、また詩人でもあったウォルター・ローリーは、新大陸から持ち帰ったタバコを自分の農園で育て、パイプでくゆらすのを秘かな楽しみにしていた。
 ある日彼は、召使にビールとナツメグを持ってくるように言いつけ、パイプに火をつけたが、読書に集中していたために召使が書斎に入ってきたことに気づかなかった。
 召使はローリーの口から煙が出ているのを見て「ご主人様が燃えている!」と仰天して、手に持っていたビールをローリーの頭にかけてしまった。よくできた面白い話ではあるが、どうやら作り話らしい。
 コロンブスの一行が新大陸に到達するまで、西洋人はタバコの存在を知らなかったが、まずそれは珍奇な薬草としてスペインに持ち帰られ、スペインは長い間国外への持ち出しを禁止していた。しかし、いつまでも秘密にしておくことはできない。やがては周辺国の知るところとなり、喫煙の習慣は徐々にヨーロッパ中に広まっていった。
 当初注目されたのは、その薬効であり、ほとんど万能の薬として、多くの学者や聖職者が記録に残している。煙を吸飲するだけでなく、その葉を傷口に貼ったり、絞り汁を浣腸液として肛門から注入したりした。ペストが大流行したロンドンでは、タバコが最強の予防薬と信じられ、学童たちまで登校前に喫煙することを義務付けられた。
 フランスの上流階級では、嗅ぎタバコが流行した。そもそも嗅ぎタバコを嗜むのに火はいらず、粉を入れた小さな函を持ち歩けばよかった。また当時の西洋では「病気は4種の体液のバランスが崩れることによって起こる」という学説が支配的で、鼻にタバコの粉を吸い込んだ際に出るくしゃみには、体液のバランスを整える効果があると信じられていた。「小ぶりで優美な煙草入れを取り出し、品よくポンと叩き、上品にタバコを嗅ぐべし。すみやかに蓋を開け、友に薦めるべし……」そして、優雅なくしゃみの仕方すら、嗅ぎタバコのマナーに組み込まれていたという。
 アメリカで流行したのは噛みタバコである。
 タバコの葉をひも状に固めたものをナイフで小さく刻みとり、くちゃくちゃと噛み、唾と一緒にニコチンを飲み込む。噛みかすはぺっと吐き出す。噛みタバコをやると一日中腹が減らないといわれ、第7代大統領のアンドルー・ジャクソンなどは、ホワイトハウスの中であたりかまわず唾を吐いた。
 わが国には、豊臣秀吉が生きていた慶長年間に「幾世流(キセル)」とともに、ポルトガルからやってきたらしい。器用な日本人は、刻みタバコもキセルも、すぐに自家薬籠中のものにしてしまった。
 葉巻や紙巻きタバコの習慣はあまり広まらず、小粒な刻みタバコを羅宇と呼ばれる火皿に詰め、煙を2、3服吸って、ポンとはたく。
 それほどお金がかからない喫煙法である。
 江戸時代には、タバコを吸えるのは一人前の証という暗黙のルールが成立しており、稼ぎのあるものなら男でも女でも、年齢に関わらず認められていた。だから庶民のカミさんでも、稼ぎさえあれば大っぴらにタバコを吸うことが出来たが、武家の妻女は家を守るだけで稼ぎがないからという理由で、許されなかったという。それが明治になると「女人のタバコは好ましからず」という風潮となり、女性の喫煙に暗黙の圧力がかかるようになったというが、むしろ明治以降よりは江戸時代のほうが、まだまだ大らかな社会であったといえるのだろう。
 それが今や、愛煙家にとっては暗黒時代といってもいいような世相になってしまった。
 タバコは肺がんを惹き起こし、吸う本人にだけでなく、副流煙によって周囲の人にまで健康被害をもたらす。ストレスを癒し、ほっと一息つけるという心理的な効果はあるものの、それはなかなか数値化が難しく、健康被害の具体的な数値を突き付けられると、いかにも分が悪い。若いころ20数年にわたって愛煙家であり、いまは30年あまり休煙中であるわたくしであるが、禁煙ファッショともいえるような近頃の風潮は、いささか度を過ぎたものであると思えるのだ。
 マヤの神殿には『エル・フマドール』と呼ばれる、キセルを持った神のレリーフが刻まれている。タバコの煙で大地を清めたと言い伝えられる神である。
 だが、しかし。
 道を歩けば歩道のいたるところに吸い殻が落ちているのを目にする。雨に叩かれ風に煽られ、やがては下水道を伝って海に流れ込み、海洋生物に悪さをするのだろう。
 エル・フマドール(スペイン語で『タバコを吸う人』そのまんまである)ですら、天上からそんな有様を覗き見て、心を痛めているのではないだろうか?
  N田さん

たばこを吸う人.png
たばこを吸う人。イラスト提供:イラストAC https://www.ac-illust.com/

コメント(0) 
共通テーマ:地域

植物標本展、朝日新聞「朝日マリオン」に掲載されました! [イベント]

植物標本展が、朝日新聞11月7日朝刊「朝日マリオン」にシュンランの写真付きで掲載されました。
「たま広報」(多摩市)11月5日号には、タマノカンアオイの写真付きで紹介されています。
「タウンニュース多摩版」11月1日号にも掲載されました。
https://www.townnews.co.jp/0306/2018/11/01/455401.html

●タイトル:
明日へ繋ぐ里山の記録
●サブタイトル:
多摩市なな山緑地の植物標本展
●開催日時:
2018年11月7日(水)~18日(日)
9~16時 会期中休館日なし
●開催場所:
牧野標本館 別館 TMUギャラリー
東京都八王子市南大沢1-1 〒192-0397 首都大学東京内
牧野標本館事務室 TEL. 042-677-1111(内2790)
●最寄駅:
京王相模原線 南大沢駅より徒歩13分
車の利用はご遠慮下さい
●問合わせ先:
TEL.090-4672-9038(なな山緑地の会/相田)
●共催:
牧野標本館、なな山緑地の会

●講座 :
「植物標本の世界」他
●講師:
加藤英寿助教(首都大学東京)
●日時:
11月11日(日)13:30~16:00
●場所:
TMUギャラリー「実習・講義室」
●定員:
先着30名、13時受付開始

コメント(0) 
共通テーマ:地域

植物標本展 準備完了! [イベント]

皆さん
相田です

植物標本展の準備作業が終了しました。
明日からの標本展、楽しみです。
作業に携わった10人の皆さん、お疲れさまでした。
皆さんの力を合わせて、見事な展示ができました。
誰に見ていただいても恥ずかしくない素晴らしいものです。
会員の皆さん是非足を運んでください。
そして、知人・友人に是非お勧めください。

IMG_2667 - コピー.JPG

IMG_2678 - コピー.JPG

IMG_2680 - コピー.JPG

IMG_2685 - コピー.JPG

IMG_2688 - コピー.JPG

コメント(0) 
共通テーマ:地域

いよいよ明日11月7日から開幕! 「明日へ繋ぐ里山の記録」-多摩市なな山緑地の植物標本展- [イベント]

なな山で採集してきた植物の標本展が、明日11月7日(水)から開催されます。里山で育った美しい植物が標本になっています。ぜひお越しください!

●タイトル:
明日へ繋ぐ里山の記録
●サブタイトル:
多摩市なな山緑地の植物標本展
●開催日時:
2018年11月7日(水)~18日(日)
9~16時 会期中休館日なし
●開催場所:
牧野標本館 別館 TMUギャラリー
東京都八王子市南大沢1-1 〒192-0397 首都大学東京内
牧野標本館事務室 TEL. 042-677-1111(内2790)
●最寄駅:
京王相模原線 南大沢駅より徒歩13分
車の利用はご遠慮下さい
●問合わせ先:
TEL.090-4672-9038(なな山緑地の会/相田)
●共催:
牧野標本館、なな山緑地の会


●講座 :
「植物標本の世界」他
●講師:
加藤英寿助教(首都大学東京)
●日時:
11月11日(日)13:30~16:00
●場所:
TMUギャラリー「実習・講義室」
●定員:
先着30名、13時受付開始


チラシ_A_軽量版_3_640.jpg


地図.png


コメント(0) 
共通テーマ:地域

シノダケ・ヒンメリ48 様々な多面体:星形・これまでの取り組み-まとめ [シノダケ・ヒンメリ]

「星形」についても、これまでもいくつか作ってきたので、それらを整理してみました。

1、平面的な星型
これらは、第5回目の「星形」で紹介しました。

上から、「五芒星」、「太型5角星」、「六芒星」です。

五芒星.jpg
五芒星

太型5角星.jpg
太型5角星

六芒星.jpg
六芒星

2、正多面体から出来る立体的な星型
これらも、多くは、第5回目の「星形」で紹介しました。

上から「4角星」「6角星」「8角星」です。

4角星.jpg
4角星

6角星.jpg
6角星

8角星.jpg
8角星

同じ星形でも辺の長さを一緒にした「正なになに星」というのもあります。
「正4角星」と「正8角星」、「正20角星」は紹介しました。
「正6角星」も簡単に作れますが、それだけでは安定しないので紹介していません。

正4角星.jpg
正4角星

正8角星.jpg
正8角星

正20角星.jpg
正20角星

3、正多面体から出来る立体的な星型の中でも特殊なもの
特徴は、角が構成する面が「星形」になっているものです。

意外にも、初期の第5回で紹介した下の図は辺の部材を繋いでいくと、平面状に5芒星が見えてきます。
「芯」が正20面体でした。
*「芯」:ここでは、突起を付ける前の形のこと。

星形:芯が正20面体.jpg
星形:芯が正20面体

前々回の第47回では、「正12角星」を紹介しました。
これは「芯」が正12面体でした。

正12角星.jpg
正12角星

この2つの作品は、「芯の辺の長さ」と「角の辺の長さ」が一定の比率になっています。

4、多面体から出来る立体的な星型
下の図は、第34回で紹介した「24面体・18角星」です。

多くの多面体で突起状の角を出し星形を作ることが出来るのですが、角の数が多いと星形というより棘玉になってしまうようです。

24面体・18角星.jpg
24面体・18角星

第44回では「32面体」から星形を作ってみました。
「32面体」構成は「五角形12枚、正三角形20枚」です。今回は、五角形に突起を付けて「12角星」としました。

12角星.jpg
12角星

第45回では「変形立方体」から星形を作ってみました。
構成は「正方形6枚、正三角形32枚」ですから、38角星が出来ることとなりますが、少し工夫して「38面体・14角星」としました。

結果として、「18角星」「12角星」「14角星」が出来ました。

38面体・14角星.jpg
38面体・14角星

5、特殊な星型
下の図は、「5つの正4面体の複合体」として紹介されていた図形です。「多面体の模型」では、折り紙を20枚貼り合せるとありますが、シノダケ・ヒンメリではまだ作れていません。面の構成が複雑で、これまでと別なアプローチを必要としています。
推測ですが、20個の頂点を繋ぐと正12面体で、「変形20・12面体」の「突起バージョン」だと考えられます。現時点では、完成に辿り着くが不明ですが、新しい目標です。

5つの正4面体の複合体.jpg
5つの正4面体の複合体

  N山さん

コメント(0) 
共通テーマ:地域

格子網の柵から小さい顔が二つ! [よもやま話]

林間にはクモの巣があちこちに張り巡らされ、歩いているとクモの巣ネットが顔に粘り着くことがある。粘着性が強いこの糸、剥がしにくく苛立つことも。林間を歩く際は、顔を上げてクモの巣チェックが欠かせない。

バス停下の斜面は「超」が付くほどの急勾配。刈払機で下草を刈る際、両足をしっかり安定させる必要があり、下を確認しながらの作業となる。とはいえ、クモの巣チェックも必要。低木の近くで「クモの巣は?」と顔を上げたら、小さい顔が2つ。3歳ぐらいの幼児とお爺さん。上方の歩道にかかる格子網の柵からジッと見ていた。刈払機の音を探っていたのだろう。思わず手を振ってしまった。二人とも手を振って返してくれる。ニッコリ。

秋の林間.JPG
葉が落ちてきて空が顔を出した秋の林間。

帽子にとまったカミキリムシ.JPG
帽子にとまったカミキリムシ。「紙切り虫」と思っていたら「髪切り虫」だった。帽子にとまるわけだ。

カミキリムシ.JPG
カミキリムシ。髪を切るほどアゴが強いらしいが、本当に髪を切るのか?


コメント(0) 
共通テーマ:地域
前の10件 | -