So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

稀に見る立派なスイカは細やかな世話の成果! [よもやま話]

前回の活動日(7月22日)は、危険な酷暑につき無理のない活動となり、山に散らばらないで広場周辺の整備となった。広場周辺の草むしり、機具の手入れ、整理棚の完成、標本プロジェクトの打ち合わせ……。強烈な陽を避けて、思い思いにのんびり活動。

畑のスイカは、畑部長のT橋さんとM本(夫)さんなどの細かい手入れで、大玉スイカと小玉スイカが立派に生育し、格別に美味しく熟していた。これには、毎朝早く畑に来て、受粉やネット掛けなどの世話をしていたM岡さんの功績大。昨年は小動物に喰われたりしたが、今年は被害もなく大収穫になった。来年も期待したい。

大玉スイカを抱える.JPG
大玉スイカを抱えるT橋さん。一人では持てないと手を貸すM本(夫)さん。

スイカを切るところ.JPG
スイカを切るところ。包丁はお手の物と余裕のM月さん。

支えないと切れない大玉スイカ.JPG
支えないと切れない大玉スイカ。あまりの大きさに、すかさず手が伸びるS崎さんとT橋さん。

きれいに切れた.JPG
きれいに切れた。真っ赤に熟した食べ頃のスイカ。

スイカにがぶり.JPG
スイカにがぶり。冷たいスイカは美味い!

ニラの収穫.JPG
ニラの収穫にいそしむ宮本(妻)さん。

コメント(0) 
共通テーマ:地域

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。