So-net無料ブログ作成
イベント ブログトップ

植物標本展の報告書が出た! 美しく読みやすい! [イベント]

昨年2018年11月に開催された、「なな山緑地の植物標本展」の報告書が出来ました。
なな山だより45号でも一部、標本展について紹介しましたが、今回は標本展開催にあたっての記録として作成したものです。関係部署へ配布される予定となっています。

中には標本展で展示された作品50点すべてが掲載されています。標本の写真と生育しているときの写真、植物の説明、コメントを載せました。とてもきれいです。ぜひご覧ください。
 I田さん

標本展報告書_2_00ページ_表紙.jpg
標本展報告書 表紙

標本展報告書_2_01ページ_植物標本展の概要.jpg
植物標本展の概要(1ページ )

標本展報告書_2_02ページ_展示作品.jpg
展示作品(2ページ)

標本展報告書_2_19ページ_講座と標本作製者の声.jpg
講座と標本作製者の声(19ページ)

標本展報告書_2_23ページ_会場構成.jpg
会場構成(23ページ)

※報告書のPDFファイルは近々ダウンロードできるようにします。

コメント(0) 
共通テーマ:地域

植物標本展、朝日新聞「朝日マリオン」に掲載されました! [イベント]

植物標本展が、朝日新聞11月7日朝刊「朝日マリオン」にシュンランの写真付きで掲載されました。
「たま広報」(多摩市)11月5日号には、タマノカンアオイの写真付きで紹介されています。
「タウンニュース多摩版」11月1日号にも掲載されました。
https://www.townnews.co.jp/0306/2018/11/01/455401.html

●タイトル:
明日へ繋ぐ里山の記録
●サブタイトル:
多摩市なな山緑地の植物標本展
●開催日時:
2018年11月7日(水)~18日(日)
9~16時 会期中休館日なし
●開催場所:
牧野標本館 別館 TMUギャラリー
東京都八王子市南大沢1-1 〒192-0397 首都大学東京内
牧野標本館事務室 TEL. 042-677-1111(内2790)
●最寄駅:
京王相模原線 南大沢駅より徒歩13分
車の利用はご遠慮下さい
●問合わせ先:
TEL.090-4672-9038(なな山緑地の会/相田)
●共催:
牧野標本館、なな山緑地の会

●講座 :
「植物標本の世界」他
●講師:
加藤英寿助教(首都大学東京)
●日時:
11月11日(日)13:30~16:00
●場所:
TMUギャラリー「実習・講義室」
●定員:
先着30名、13時受付開始

コメント(0) 
共通テーマ:地域

植物標本展 準備完了! [イベント]

皆さん
相田です

植物標本展の準備作業が終了しました。
明日からの標本展、楽しみです。
作業に携わった10人の皆さん、お疲れさまでした。
皆さんの力を合わせて、見事な展示ができました。
誰に見ていただいても恥ずかしくない素晴らしいものです。
会員の皆さん是非足を運んでください。
そして、知人・友人に是非お勧めください。

IMG_2667 - コピー.JPG

IMG_2678 - コピー.JPG

IMG_2680 - コピー.JPG

IMG_2685 - コピー.JPG

IMG_2688 - コピー.JPG

コメント(0) 
共通テーマ:地域

いよいよ明日11月7日から開幕! 「明日へ繋ぐ里山の記録」-多摩市なな山緑地の植物標本展- [イベント]

なな山で採集してきた植物の標本展が、明日11月7日(水)から開催されます。里山で育った美しい植物が標本になっています。ぜひお越しください!

●タイトル:
明日へ繋ぐ里山の記録
●サブタイトル:
多摩市なな山緑地の植物標本展
●開催日時:
2018年11月7日(水)~18日(日)
9~16時 会期中休館日なし
●開催場所:
牧野標本館 別館 TMUギャラリー
東京都八王子市南大沢1-1 〒192-0397 首都大学東京内
牧野標本館事務室 TEL. 042-677-1111(内2790)
●最寄駅:
京王相模原線 南大沢駅より徒歩13分
車の利用はご遠慮下さい
●問合わせ先:
TEL.090-4672-9038(なな山緑地の会/相田)
●共催:
牧野標本館、なな山緑地の会


●講座 :
「植物標本の世界」他
●講師:
加藤英寿助教(首都大学東京)
●日時:
11月11日(日)13:30~16:00
●場所:
TMUギャラリー「実習・講義室」
●定員:
先着30名、13時受付開始


チラシ_A_軽量版_3_640.jpg


地図.png


コメント(0) 
共通テーマ:地域

なな山植物標本展「明日へ繋ぐ里山の記録」のチラシ完成! [イベント]

11月7日(水)から18日(日)まで牧野標本館 別館 TMUギャラリーで開催予定の多摩市なな山緑地の植物標本展「明日へ繋ぐ里山の記録」のチラシが完成しました。ご覧いただいているでしょうか。準備は着々と進んでいます。

チラシ_A_軽量版_3_640.jpg

このチラシは実にシンプルです。それは、メインの植物標本を美しく見せたい、との想いからです。標本写真は一眼デジカメで撮影したもので、サイズ6,876×9,953、容量7.8MBという超高解像度、照明もバッチリです。当初そのまま使おうとしましたが、貼ってあるラベルなどはいらないのでは? と消し始めたのが、泥沼にはまり込むきっかけでした。消したあとの白と、写真に写った標本台紙の白は異なり、見た目に違和感が目立ちます。標本を白く抜いてみると、実に標本が映えてきます。これを目にしたら、切り抜くしかないでしょう。ということで、標本の切り抜きに着手しました。

画像編集ソフトには、色や明るさ、コントラストの違いを認識して自動で境界線を引くツールがありますが、光が当たる部分では境界が明瞭でも、影になる部分は曖昧で、手動で境界を指定する必要があります。元来、植物の葉っぱや茎、根などは細かく入り組んでいてまっすぐな線はありません。こんなに大きい画像ですが、通常の作業で200%、ちょっと込み入った部分は400%や800%に拡大して境界を指定します。拡大しすぎると、標本の実体を見間違えて切り抜く可能性があり、50%などに下げて全体像を確認することも欠かせません。茎や根をとめているマスキングテープに光が当たると、その端が台紙に馴染んで識別不能になるところもあります。境界自動認識ツールを使いながら、境界点をひたすらクリックして境界を指定していきます。クリックの連続で右手首が固まってしまうこともあり、途中でめげてしまい断念しようとしましたが、「美しく見せたい」の想いで続行。小さいエリアを指定して切り抜きますが、その間は集中しっぱなし。手と目だけでなく、頭も固まってしまいます。

こんな集中作業を続けて、やっと1点の切り抜きが終了します。1点目のカントウタンポポで6時間、リンドウで2時間半。圧巻はシュンランでなんと8時間、タマノカンアオイで7時間半です。3日間、切り抜き作業に没頭しました。

切り抜きの最後は、切り抜いてできたギザギザを周囲に馴染ませてなめらかにします。見た目に気づかないはずですが、このギザギザは標本のイメージを硬くしてしまいます。この作業にもツールがあり、4ピクセル馴染ませました。

この作業でできたデータを貼り付けたチラシの容量は、なんと83MB(PDF)。メール添付もできないので、縮小版を作りチェックしてもらいました。と、ここまでは想定内。最後にオンデマンド印刷に依頼したら、印刷機では2.5MB程度あれば高精細で、それ以上のデータを印刷しても、印刷品質として変わらないらしいことが判明。写真の解像度を少し下げてから切り抜けば作業効率もよかった、ということでした。先を読まずに猪突猛進はいけません。

MAK001_シュンラン_640.jpg
シュンランの標本写真(縮小版)

MAK001_シュンラン_bo4_640.jpg
切り抜き後の画像(縮小版)

●タイトル:
明日へ繋ぐ里山の記録
●サブタイトル:
多摩市なな山緑地の植物標本展
●開催日時:
2018年11月7日(水)~18日(日)
9~16時 会期中休館日なし
●開催場所:
牧野標本館 別館 TMUギャラリー
東京都八王子市南大沢1-1 〒192-0397 首都大学東京内
牧野標本館事務室 TEL. 042-677-1111(内2790)
●最寄駅:
京王相模原線 南大沢駅より徒歩13分
車の利用はご遠慮下さい
●問合わせ先:
TEL.090-4672-9038(なな山緑地の会/相田)
●共催:
牧野標本館、なな山緑地の会

●講座 :
「植物標本の世界」
●講師:
加藤英寿助教(首都大学東京)
●日時:
11月11日(日)13:30~16:00
●場所:
TMUギャラリー「実習・講義室」
●定員:
先着30名、13時受付開始

コメント(0) 
共通テーマ:地域

植物標本展の開催決まる! [イベント]

2016年からなな山緑地の会の植物標本プロジェクトが製作していた標本が、首都大学東京 牧野標本館で展示されることが決まりました。牧野標本館となな山緑地の会の共催です。これまで維管束植物370種、382点のさく葉標本を牧野標本館に納めてきましたが、その中から50点が展示されます。場所は、牧野標本館 別館 TMUギャラリー。民間の団体が公共施設で標本展を開催するのは珍しいらしい。もちろん標本をこれだけの点数納めていることも少ないのかもしれない。開催日は、11月7日(水)~18日(日) 9~16時。

そうそう、そういえば標本展のタイトルは「明日へ繋ぐ里山の記録」。簡潔で素敵なネーミングだ。それと、期間中の11日(日)には牧野標本館の加藤英寿助教の「植物標本の世界」と題した講座も開催される。加藤先生といえば、偶然先日、NHKスペシャル「秘島探検 東京ロストワールド」の「第1集 南硫黄島」を見ていたら、探検隊隊長としてテレビに登場していた。「小笠原諸島によく行っている」とN原さんから聞いていたので、もしかして? が当たってしまい、ちょっと興奮。

標本展の準備はすでに始まっている。いろいろと詳細に準備を進めているようで、開催が楽しみだ。

●タイトル:
明日へ繋ぐ里山の記録
●サブタイトル:
多摩市なな山緑地の植物標本展
●開催場所:
牧野標本館 別館 TMUギャラリー
東京都八王子市南大沢1-1 〒192-0397 首都大学東京内
牧野標本館事務室 TEL. 042-677-1111(内2790)
●最寄駅:
京王相模原線 南大沢駅より徒歩13分
車の利用はご遠慮下さい
●問合わせ先:
TEL.090-4672-9038(なな山緑地の会/相田)
●共催:
牧野標本館、なな山緑地の会

講座 :
「植物標本の世界」他
●講師:
加藤英寿助教(首都大学東京)
●日時:
11月11日(日)13:30~16:00
●場所:
TMUギャラリー「実習・講義室」
●定員:
先着30名、13時受付開始


標本プロジェクト打合せ.JPG
標本プロジェクト打合せ

標本展打合せ.JPG
標本展打合せ

コメント(0) 
共通テーマ:地域

内野秀重さんを迎えてのなな山植物観察会 [イベント]

5月24日(水)は、連日の暑さがおさまった初夏の一日でした。長池公園園長の内野秀重さんを迎えての植物観察会が午前10時~12時、参加者12人で行われました。

まずはサイハイランの群落です。「こんな大群落は見たことがない」と内野さんの感嘆の声。ヤマザクラが切られ通路が広くなったため、陽当たりのよい所ができ、陽当たりの善し悪しによって花の色がだいぶ異なっていました。
西の山の住宅寄りのアズマネザサの茂みの中で、先日発見したランの同定をお願いしたところ、昨年生えた「クロムヨウラン(黒無葉蘭)でしょう」とのことでした。菌従属栄養植物のため目立たないランですが、東京都の絶滅危惧Ⅱ類に指定されているランです。種子が飛んでいるので、今年の夏に花を確認できたら新発見です。
また、初めて聞く「ケヤブハギ」の名前、「ヤマウコギ」と「オカウコギ」の違いなど、今までは漠然と見ていた植物の葉の形や大きさ、毛深さなど専門的に見ていただき、1日で、なな山の植物は5種類も増えました。
中の山、東の山を一巡してから、外来種ばかりの西側斜面地で、ヤセウツボを観察しました。ヤセウツボはマメ科の植物と共生関係にあるので、傍らにはしっかりとムラサキツメクサやカラスノエンドウが生えているのが確認できました。

今回の観察会では、土中の多様な菌類、生物と共存している植物の生態系を感じ取ることができ、なな山を維持管理することがいかに重要かを感じました。
観察を終えて、内野さん絶賛のヤマザクラのテーブルで昼食にしたところ、Y元さんがなな山で採れた手作り茶を皆さんに振る舞って下さり、素敵なおまけ付きの植物観察会になりました。
 中原君代さん記

ムラサキツメクサ.jpg
ヤセウツボ(手前の茶色)の近くではムラサキツメクサが咲く

針金細工のようなクロムヨウラン?.jpg
針金細工のようなクロムヨウラン?

外来種ばかりの斜面地を歩く.JPG
外来種ばかりの斜面地を歩く

コメント(0) 
共通テーマ:地域

シノダケ採取 東寺方小学校地区青少協(2016.12.24) [イベント]

東寺方小学校地区青少協のシノダケ採取は、青少協の関係者約30人と軽トラック1台、なな山緑地の会会員6人(M月さん、O塚さん、M岡さん、E藤さん、N山さん、A田)の協力で、午前中には無事終了しました。
午後からは、M月、M岡、E藤、N山、A田の5人が、シノダケの切り揃え、ヒンメリの材料づくりなどを3時30分まで行いました。
ありがとうございました。
明日25日は今年の作業納めです。御参集ください。
A田

IMG_0647.JPG
作業前のミーティング

IMG_0648.JPG
作業前の状況

IMG_0651.JPG
作業状況

IMG_0653.JPG
広場で整理

IMG_0659.JPG
作業後の状況


コメント(0) 
共通テーマ:地域

子どもたちの声がとどろいた……なな山緑地で遊ぼう(2016.12.18) [イベント]

多摩第二小のおやじの会主催「なな山緑地で遊ぼう」は大盛況。
多くの方の参加・手伝いをいただき無事終わりました。
T木さん、K田さん、M崎さん、N田さん、O井さん、N黒さん、Y本さん、T熊さん、E藤さん、N山さん、A木(賢)さん
お疲れさまでした。ありがとうございました。
A田

IMG_0637.JPG
広場いっぱいのお昼

IMG_0644.JPG
全員集合

IMG_0646.JPG
みんなで作ったサンタさん、なな山緑地入り口に飾られました。


コメント(0) 
共通テーマ:地域

「まちの大きな樹を巡る・なな山緑地コース」、お疲れ様でした(2016.12.17) [イベント]

今日のグリーンボランティア連絡会主催雑木林活用講座「まちの大きな樹を巡る・なな山緑地コース」のイベント無事好評のうちに終わりました。
昼のトン汁づくりと展示作業を担ってくれた、K田さん、N原さん、I井さん、E藤さん、そして応援に駆けつけてくれたA木(K)さんありがとうございました。参加者は13人と講師2人、事務局スタッフ2人の17人でした。
 
また、終了後に明日の「なな山で遊ぼう」の準備をお手伝いいただいた、N原さん、E藤さん、N山さんありがとうございました。
明日は、多摩第二小学校の生徒150人、保護者30人、おやじの会10人の参加予定です。なな山の皆さんの「子供たちと一緒に楽しむ」スタッフとして多くの協力をお願いします。早く来れる方は8時ごろから、そうでない方は9時ごろまでに来場ください。昼食弁当持参でお願いします。

そして、20日(火)に多摩めかいの会がシノダケ採取とヒネづくりに10時になな山に来ます。これに合わせて木工・めかいクラブも活動したいと思います。自由にご参加ください。
A田


コメント(0) 
共通テーマ:地域
イベント ブログトップ