So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
活動報告 ブログトップ
前の10件 | -

救急箱2つ常備、経口補水液も在庫! -安全対策を更新- [活動報告]

なな山緑地の皆さん

 連日30℃を越す真夏日が続いていますが、皆さん如何お過ごしですか。

 なな山には既に救急箱(#1)が有りますが、活動の場に常備しておく医薬品の数が増えて来ましたので一つの救急箱に入りきらなくなりましたので、救急箱(#2)を追加購入しました。 
 又、高齢者の経口摂取不足による軽度の脱水状態、過度の発汗による中程度の脱水状態の時は電解質と糖質の配合バランスを考慮した経口補水液を補給するのが適しているので、経口補水液 OS-1 を在庫しておく事にしました。
 これらの医薬品を使わなくても済むように、各自が自分の体調と相談して、安全な範囲内で活動して下さい。万が一必要にになった場合の備えをして置きます。明日(7/17) になな山に届けて置きます。

 毎日30℃を越える真夏日、35℃を越える猛暑日が続いていますので、こまめに休養、汗をかいたら水分・塩分の補給をして熱中症には気をつけましょう。
  M﨑さん

救急箱 #1、#2.jpg
救急箱 #1、#2

木製救急箱 #2.jpg
木製救急箱 #2

経口補水液 OS-1 (280 ml).jpg
経口補水液 OS-1 (280 ml)

コメント(0) 
共通テーマ:地域

草刈り・清掃でバス通り沿いの歩道が綺麗! 活動記録(2018.7.8) [活動報告]

なな山緑地の会の皆さん

 活動記録 No. 344 (2018/7/8) を作成しました。 (M崎さん)

 西日本を中心に降り続いた記録的な大雨で、広島、愛媛など11府県で100名の犠牲者と多くの行方不明者が出ています。新聞の報道やテレビの映像を見ていると、本当にお気の毒で慰めの言葉も有りません。

 なな山での活動には朝から20名以上が元気よく参加した。緑地内を散策しながら見て回ったが、落ち枝が有るものの特に危険な個所はなかった。バス通り沿いの歩道へはみ出た枝を落とし、草刈り・清掃したので、気持ち良く歩けるようになった。スイカの実が大きくなり、次回には試食が出来そうなので楽しみにしています。

 今週は連日30℃を超えた真夏日の予報が出ています。こまめに水分の補給で脱水症状に気をつけて、熱中症に注意しましょう。

次の活動日は7月22日(日) です。
 ではまた、なな山でお会いしましょう。

活動概要:
緑地内の散策と危険個所の見回り、歩道の草刈り・清掃、ナメコのホダ木天地返し等
参加者:
23人(男性15人、女性8人)
連絡事項:
1. 先週は強風の日があり、緑地内に折れ枝等の危険が無いか見て回る。
2. 9/8(土)に「三方の森ふれんどまつり」になな山緑地の会が共催で参加する。
3. 緑地内散策しながら見回り。
4. 歩道の草刈り清掃(前回の続き)
5. ナメコのホダ木天地返し。
6. 植物標本の展覧会 11/7 - 18 開催決定の通知有り。
7. 里山保全活動による心理調査の結果報告。(甲野さん)
感想:
スズメバチに刺された会員が、抗体が有るかどうか皮膚科を受診した所「一回刺されただけでは、抗体は出来ない ・・…」と言われた、と報告が有り、少し安心した。
甲野准教授による里山保全活動による、緊張、抑うつ、怒り、活気等の心理調査では、活動が森林セラピー等と同様な心理ストレス減少の効果が示されたが、疲労に関しては疲労状態が増した、結果が出たと報告が有った。

スイカの手入れ.JPG
スイカの手入れ

大きく実ったスイカ.JPG
大きく実ったスイカ

ナメコホダ木の天地返し.JPG
ナメコホダ木の天地返し

バス通り歩道の清掃.JPG
バス通り歩道の清掃

歩道にはみ出した木の剪定.JPG
歩道にはみ出した木の剪定

刈草を畑に運ぶ.JPG
刈り草を畑に運ぶ

刈草に水をかける.JPG
刈り草に水をかける

植物標本作り.JPG
植物標本作り

荷物棚作り.JPG
荷物棚作り

蜂トラップの中身検証.JPG
蜂トラップの中身検証

オオバギボウシ.JPG
オオバギボウシ

ヤブミョウガ.JPG
ヤブミョウガ

ヤマユリ.JPG
ヤマユリ

コメント(0) 
共通テーマ:地域

嬉しすぎ大量のダイコン収穫、歩道の草刈り清掃は蒸し暑い! 活動記録(2018.6.24) [活動報告]

なな山緑地の会の皆さん

 活動記録 No. 343 (2018/6/24) を作成しました。 (M崎さん)

 小雨が未だ少しぱらつく中、なな山が好きな仲間が集合し、20名の参加者になった。 昨夜からの雨で足場が悪いので、ダイコンを全部収穫する等の安全な活動から開始。次第に雨も上がり、午後には晴れて心地よい活動日になった。

 昨日は30℃を超えた真夏日になりました。これからは気温が余り高くならなくても、湿度が高いと熱中症になる危険が高まるので注意しましょう。

次の活動日は7月8日(日) です。
 ではまた、なな山でお会いしましょう。

活動概要:
ダイコンを全部収穫、バス通り歩道沿いの草刈り・清掃、ナメコのホダ木本伏せ、荷物棚の製作
参加者:
20人(男性12人、女性8人)
連絡事項:
1. こんな天気で足場が悪い。
2. 前回の救急救命講習会はAEDや三角巾の使用方法などを体験したが、参加者が少なかった。血止め三角巾は5ケ程持った方が良いのでは。
3. ナメコのホダ木の天地返し。
4. バス道路側の草刈り。
5. 森木会運営会議で他の団体から、ポイズンレムーバーの追加、空気砲の使用、マムシが出た等の報告。
感想:
小雨がぱらつく中、安全な活動から開始、午後には晴れて心地よい一日でした。
備品の棚卸しで見つかった不具合の有る道具は会員で分担して整備や修理をする事にした。
バス通り歩道沿いの草刈り・清掃は未だ半分しか終わっていないが、終った所はすっきりしてきれいになった。

ダイコンの収穫.JPG
ダイコンの収穫

備品倉庫の棚卸し.JPG
備品倉庫の棚卸し

熊手の修理.JPG
熊手の修理

ナタを研ぐ.JPG
ナタを研ぐ

ナメコホダ木の本伏せ.JPG
ナメコホダ木の本伏せ

各自の荷物置き棚の作成.JPG
各自の荷物置き棚の作成

荷物棚の設置.JPG
荷物棚の設置

バス通り沿い歩道草刈.JPG
バス通り沿い歩道草刈

バス通り沿い歩道清掃.JPG
バス通り沿い歩道清掃

アキノタムラソウ.JPG
アキノタムラソウ

トウネズミモチ.JPG
トウネズミモチ

ヒメヒオウギズイセン.JPG
ヒメヒオウギズイセン

コメント(0) 
共通テーマ:地域

梅雨の晴れ間にテント干し [活動報告]

皆さん

相田です

10日の救急救命の講習で使ったテントは、濡れてしまったので、晴れを待って片づけようと、風対策をしてそのままにしました。
12日(火)は雨が上がり、晴れ間も出そうなので片付けの作業を行いました。
その報告です。

11日の雨はかなり激しくテント周辺をたたいたと見え、外も内側もかなり土跳ねが激しく上がっていて、そのふき取りにM岡さんと相田で時間がかかりました。

一応テントは収納しましたが、シートは晴天の時にもう一度干そうと思います。
また、農園部長のT橋さんがカボチャの土手への誘導棚を組み立てました。

テント表の清掃終わる.jpg
テント表の清掃終わる

テント裏返して拭き取り洗い.jpg
テント裏返して拭き取り洗い

テント裏返して拭き取り洗い (2).jpg
テント裏返して拭き取り洗い

テントシートをテーブルへ移動して乾燥させる.jpg
テントシートをテーブルへ移動して乾燥させる

テントの骨組み解体.jpg
テントの骨組み解体

カボチャの誘導棚づくり.jpg
カボチャの誘導棚づくり(手前にかりんの実が大きくなってきたのが写っています)

完成.jpg
完成。うまく蔓が昇っていきますように

コメント(0) 
共通テーマ:地域

真っ赤な消防車が入り、救急救命講習会が開催! 活動記録(2018.6.10) [活動報告]

なな山緑地の会の皆さん

 活動記録 No. 342 (2018/6/10) を作成しました。(M崎さん)

 朝から救急救命講習会が予定され、大きく真赤な消防車がなな山の入口に到着したが、木の枝が邪魔で広場に入れない。これでは参加者も入れないので、邪魔になる枝下ろしをして、やっと広場に駐車した。雨模様の活動日で、講習会のためテントを設営し準備万端だったが、参加者が普段の半分程で少し寂しかった。
 殆どの会員が一度は救急救命の講習を受けた経験が有るようだが、普段使う機会が殆どないために、手順や重要なポイントを忘れているので、今回の講習は良い復習の機会だった。心臓マッサージやAEDの使い方、三角巾等による止血のやり方や使い方、消火器の使い方まで再確認できた。
 午後から雨が強くなる予報なので、植物観察とシイタケのホダ木の本伏せを行い、花が咲き始めたダイコンを収穫して持ち帰った。 

 次の活動日は6月24日(日) です。
 ではまた、なな山でお会いしましょう。

活動概要:
救急救命講習会、緑地内の植物観察、シイタケのホダ木本伏せ、ダイコンの収穫
参加者:
14人(男性9人、女性5人)
連絡事項:
1. 多摩消防署の職員に来てもらい救急救命講習会を行います。 1・2回講習を受けただけでは直ぐに忘れるので、何度でも講習を受ける。
2. 午後には雨になりそうなので、緑地内の植物観察をします。
3. 出来ればシイタケのホダ木の本伏せをします。
4. 収穫が遅れ、ダイコンの花芽が伸びて来たので収穫して持ち帰りましょう。
感想:
雨になりそうな天気の中、参加者が普段の半分と少なかったのは残念。
真っ赤で大きな消防車がなな山に到着したが、入口付近で邪魔になる枝を切り落とし、やっと広場に駐車出来た。
間近に見ると迫力満点、子供達に見せたかった。
小雨が降る中でも、テントを設置したので救急救命講習会は問題無く終えた。
救急救命で心臓マッサージ・AED・三角巾等の使い方の講習を受け再確認した。

なな山に来た消防車.JPG
なな山に来た消防車

多摩消防署員の挨拶.JPG
多摩消防署員の挨拶

消防車美人.JPG
消防車美人

消化器の使い方.JPG
消化器の使い方

消火器で水遣り.JPG
消火器で水遣り

AEDの説明.JPG
AEDの説明

AED体験.JPG
AEDの体験

AED体験2.JPG
心臓マッサージとAEDの説明

三角巾の説明.JPG
三角巾の説明

三角巾で腕を吊る.JPG
三角巾で腕を吊る

ダイコンの収穫.JPG
花芽が出始めたダイコンの収穫

イチヤクソウの観察.JPG
イチヤクソウの観察

オカトラノオ.JPG
オカトラノオ

イチヤクソウ.JPG
イチヤクソウ

サカキ.JPG
サカキ

アカメガシワ.JPG
アカメガシワ

クマノミズキ.JPG
クマノミズキ

コメント(0) 
共通テーマ:地域

斜面での刈払は事前の作業が大切! 活動記録(2018.5.27) [活動報告]

なな山緑地の会の皆さん

 活動記録 No. 341 (2018/5/27) を作成しました。(M崎さん)

 夏に近い陽射しの下、22名が活動に参加した。
 草丈が大きくなったのり面の草刈りが主な作業になった。急な斜面での刈払機の使用は足元が不安定なので、刈払機を使う前に、クズの蔓の除去、作業の邪魔になる低い枝の除去、カヤの大株を残すために周りは予め手刈りして、安全に活動できる様に努めた。

 次の活動日は6月10日(日) です。
 ではまた、なな山でお会いしましょう。

活動概要:
飛び地やのり面の草刈り、刈草を掃き下ろす、クズの蔓を刈取り除去、カマとナタ研ぎ、他
参加者:
22人(男性14人、女性8人)
連絡事項:
1. 天気が良く、28℃近くまで上がるので、水分補給の休憩を取りながら作業を進める。
2. 飛び地の草刈り、のり面の草刈り、カヤの大株は刈らずに残す。
3. 刈り草は縁まで下ろす。
4. カヤの大株の回りは手刈りする。
5. クズの蔓は事前に刈り取り、蔓はリース用に保存する。
6. ポイズン リムーバーを追加購入した。
7. ダイコンを各自1本抜き持ち帰る。
感想:
初夏と言うより夏を感じさせる陽射しの中での活動なので、こまめに水分補給をして熱中症にならない様に注意が必要になって来た。
のり面の急斜面での刈払機の作業は足場が悪いので特に注意深く進める必要がある。
刈払機に絡み込むクズの蔓や作業範囲に邪魔になる低い枝等を事前に取り除いて、安全な環境を作る事が大切と思う。

刈払機の準備.JPG
刈払機の準備

のり面刈払い.JPG
のり面の刈払い

斜面の草刈り.jpg
斜面の草刈り

カヤの刈取り.JPG
カヤの刈取り

刈草を掃き下ろす.JPG
刈草を掃き下ろす

刈り草集め.jpg
刈り草集め

住宅地内の空地草刈り.JPG
住宅地内の飛び地草刈り

カマとナタ研ぎ.JPG
カマとナタ研ぎ

蜂トラップの中身検証.JPG
蜂トラップの中身検証

スイカの養生.JPG
スイカの養生

刈り草敷き込み.jpg
刈り草敷き込み

観察農園周辺の作業.jpg
観察農園周辺の作業

ヘビイチゴ.JPG
ヘビイチゴ

ユウゲショウ.JPG
アカバナユウゲショウ

ウメの実収穫.JPG
ウメの実収穫

コメント(0) 
共通テーマ:地域

サツマイモ苗の植え付け、無事終了! [活動報告]

皆さん

相田です

なな山農園にサツマイモ苗の植え付けを行いました。
T橋農園部長の指導の下、N山さん、M岡さん、T熊さん、相田が参加。
100株を短時間に終わらせることができました。

現在の農園は、サトイモ、サツマイモ、スイカ、カボチャ、大根、ニラが、実りと収穫の楽しみを期待させてくれています。
既に、大根は少しづつ間引き収穫ができるようになっています。

この日、ツタンカーメン豆は、最後の収穫を終え撤去いたしました。

2074.jpg
サツマイモの植え付けと水やり

2080.jpg
サツマイモの苗植え付け

2075.jpg
ツタンカーメン豆はこの日で終わりです

2076.jpg
大根は見事に成長しています

2078.jpg
ドクダミの花は楚々として何と美しいのでしょう

2084.jpg
ドクダミの花

2083.jpg
トキワツユクサはドクダミの花よりさらに可憐です

コメント(0) 
共通テーマ:地域

ヒヤリ・ハット安全講習を伐倒現場で実演! 活動記録(2018.5.13) [活動報告]

なな山緑地の会の皆さん

活動記録 No. 340 (2018/5/13) を作成しました。(M崎さん)
 
午後には雨になる予報の活動日だったが、参加者が25名と多くなってきたのは嬉しい。 今日は事故に繋がるヒアリ・ハットの事例を基に、実際の現場で伐倒作業に関わる安全講習を全員が受けた。ヒアリ・ハットを無くす事により、より安全に活動を継続できる。丁度、府中から緑地内を観察に来ていた数人も我々と一緒に安全講習を興味深く見守っていた。

 次の活動日は 5月27日(日) です。
 ではまた、なな山でお会いしましょう。

活動概要:
ヒヤリ・ハット事例の安全講習、バス通りのり面の草刈り、蜂トラップの設置、畑の収穫と手入れ
参加者:
25人(男性13人、女性12人)
連絡事項:
1. 午後から雨の前提で、迅速に完了する作業をやりましょう
2. 住宅地下の草刈り
3. 伐倒時のヒヤり・ハットの事例紹介、説明後に掛り木の伐倒で実演をしながら安全講習
4. キャベツは小さいのを残し収穫・ニラの収穫・カボチャの苗植付け・サツマイモの畝作り
5. 蜂トラップの設置
6. なな山だより43号を発行
感想:
午前中は雨が降らず何とか活動が成立した。
昼食後雨がポツポツ降り出したので畑作業を重点に早めに上がった。
普段は掛り木にならない様に伐倒するが、今回はわざわざ掛り木にして、滑車やチルホールの使い方を含めた安全作業の講習を全員が受け、基本の復習をした。
府中から緑地内の観察に来たグループ(大人3、子供4)も伐倒と安全講習を一緒に見守っていた。

伐倒時の安全講習1.JPG
ヒヤリ・ハット現場安全講習

伐倒時の安全講習2.JPG
伐倒時の安全講習

蜂トラップ作り.JPG
蜂トラップ作り

バス通りのり面草刈.JPG
バス通りのり面の草刈り

なな山で茶摘み.JPG
なな山で茶摘み

サツマイモの畝立て.JPG
サツマイモの畝立て

ツタンカーメンのエンドウ収穫.JPG
ツタンカーメンのエンドウ収穫

ガマズミ.JPG
ガマズミ

サイハイラン.JPG
サイハイラン

スイカズラ.JPG
スイカズラ

コメント(0) 
共通テーマ:地域

植物観察を兼ねて全員で緑地内を安全パトロール! 活動記録(2018.4.22) [活動報告]

なな山緑地の会の皆さん

活動記録 No. 339 (2018/4/22) を作成しました。(M崎さん)
 
 天気に恵まれた活動日だったが、参加者が17名とやや少ないのは残念だった。植物観察を兼ね全員で緑地内の安全パトロールから始めた。定期活動日だけでは見損なう恐れもある希少植物のキンラン、ササバギンラン、エビネ等がみな元気に花を付けていたし、モニタリング区画のキンランは前回調査の22株から26株に増えていた。

 次の活動日は 5月 13日 (日) です。 
 ではまた、なな山でおあいしましょう。

活動概要:
緑地内の希少植物観察と保護、ダイコンの間引き、ベンチの座面と脚の調達・ベンチの設置等
参加者:
17人(男性11人、女性6人)
連絡事項:
1. 天気が良過ぎるので無理をせず、休み休み水分を補給して欲しい。
2. 希少な植物が咲き出したので、植物観察をしながら緑地内を回り、落枝等の簡単な片付けをする。
3. 4/28 はGV初級講座がなな山である。
4. ダイコンの間引き・施肥。
5. サツマイモの畝作り。
6. 森木会の運営会議の報告。チェンソー使用時はチャプスの装着を原則とする。
感想:
天気に恵まれた活動日なのに、参加者がやや少ないのは残念だ。
緑地内のあちこちにキンラン、ササバギンラン、シュンラン等が咲く素晴らしいなな山の環境をこれからもず-と維持していきたい。
キンランは22株が26株に増えた。
痛みが始まった脚とスギの丸太を二つ割りにした座面に更新したベンチの設置が完成した。いずれも昨年伐倒した木材を利用している。


スイカ苗の養生.JPG
スイカ苗の養生

ハリギリの除去.JPG
ハリギリの除去

サイハイランの観察.JPG
サイハイランの観察

椅子用丸太の皮むき.JPG
椅子用丸太の皮むき

ベンチ座面の材料作り.png
ベンチ座面の材料作り

新しい長椅子の完成.JPG
新しい長椅子の完成

落ち枝の整理.JPG
落ち枝の整理

オオアマナ.JPG
オオアマナ

キンラン.JPG
キンラン

ササバギンラン.JPG
ササバギンラン

ヤマツツジ.JPG
ヤマツツジ

コメント(0) 
共通テーマ:地域

春の柔らかい陽射しの中、思い思いの活動を楽しむ! 活動記録(2018.4.8) [活動報告]

活動記録 No. 338 (2018/4/8) を作成しました。(M崎さん)

 最近は初夏の様な日、寒の戻りの様な日が数日毎に繰り返していまので、冬物を出したり、仕舞ったり・・・・・・。 気温の差が大きいのでこまめに調節してご自愛ください。

次の活動日は 4月 22日 (日) です。
 ではまた、なな山でおあいしましょう。

活動概要:
西の山 遊歩道の階段の補修・整理、サトイモの植付け、東の谷 枯木の伐倒、ベンチの補修等
参加者:
19人(男性10人、女性9人)
連絡事項:
1. 甲野先生の調査に協力する。
2. 西の山の遊歩道の通路・階段の補修。
3. 東の山の階段を整理する。
4. なな山の草花がきれいな時期なので、活動地に行きすがら鑑賞して欲しい。
5. 東の谷の崖崩れ近くの枯木を伐倒する。
6. 畑の4畝にサトイモを植え付ける。
7. ニラの収穫をする (5回/年)。
感想:
朝は少し寒く感じたが、春の活動しやすい日だった。
体操後に、好きな活動を選びそれぞれ準備に掛かる。
東の谷の枯木は急な斜面の下なので、先ずは邪魔な木やシノダケなどを伐倒し、下に降りる道作りから始まる。
別の枯れ木に寄り掛っている方の枯木を最初に伐倒する。
受け口と追い口を入れた後、人力では数人でも動かない木が、チルホールで引張ると、思い通りに倒す事が出来た。

サトイモ畝作り.JPG
サトイモ畝作り

サトイモの親芋選別_1_640.jpg
サトイモの親芋選別_1

サトイモの親芋選別_2_640.jpg
サトイモの親芋選別_2

枯損木を伐倒.JPG
枯損木を伐倒

伐倒木で谷渡りの橋とする_1_640.jpg
伐倒木で谷渡りの橋とする_1

伐倒木で谷渡りの橋とする_2_640.jpg
伐倒木で谷渡りの橋とする_2

伐倒木の片付け_640.jpg
伐倒木の片付け

作業終了後の帰り道_640.jpg
作業終了後の帰り道

椅子材を切る.JPG
椅子材を切る

中の谷への階段補修.JPG
中の谷への階段補修

エビネがもうそろそろ.JPG
エビネがもうそろそろ

ウワミズザクラ.JPG
ウワミズザクラ

キジムシロ.JPG
キジムシロ

ツタンカーメン(エンドウ.JPG
ツタンカーメン(エンドウ)

スギの雌花.JPG
スギの雌花

タマノカンアオイ (2).JPG
タマノカンアオイ

チゴユリ.JPG
チゴユリ

ヒノキの雌花.JPG
ヒノキの雌花

ホウチャクソウ.JPG
ホウチャクソウ

ヤセウツボ.JPG
ヤセウツボ

コメント(0) 
共通テーマ:地域
前の10件 | - 活動報告 ブログトップ