So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
なな山だより ブログトップ
前の10件 | -

「第3の人生」 -深めよう会員の絆 リレー随筆 [なな山だより]

 花の名前が覚えられない、見分けられない。樹の名前が頭に入らない。体を動かすことがそんなに好きではない、生来のインドア派であると最近気がつきました。花も樹も覚えが悪いのは、きっと自分は苦手なのだと思うことにしています。細かい手仕事も苦手。でも、もう落ち込むような年齢でもないし、ネ。長い間、自分を見失っていたのか、元々ボンヤリしていただけなのか。でも根は真面目(ホント)。
 持ち時間を考えて何故ここに来るのか考えてみたけど、ついぞわかりませんでした。行きがかり上、体力づくりのため、里山はただただ気持ちが良い。どれも嘘ではないけど後付けのような気がします。自分でもわからないものに、無理に理由はいらないというのが結論。
 何かに迷った時は頭で考えることをやめて、体がグラッと傾いたほうを選びます。体の方が正直。今は、体がなな山に向いてくれるので迷いはないのですが、時間が長持ちしないのがちょっと困ったところ。午前中の作業だけで帰宅してゴメンナサイ。ほとんど不良ですが、この会の在り方はとても寛容。弾かれないで参加できていることに感謝しています。
 今一番の関心事は弥生時代から縄文時代あたりの「古代史」。たまたま出会った書物が語る史実と、自分が教わったことのあまりの違いに驚き、本当のところをどうしても知りたくなりました。現存する史料が少なすぎて、同時代の中国史書に頼る謎解きのような実情。「邪馬台国」のありかも、「俾弥呼」の実像も茫洋として捕まえられず、日本古代史学会は永いこと未解決状態です。まだ九州王朝の入り口ですが、1万年続いたと言われる縄文時代は、もっと謎めいた表情で遠くから手招きしています。
 自分はなぜ古代史にこんなに心惹かれるのか。それも知りたくてせっせと読書三昧の毎日なのですが、時間の確保が思うようにいかず、終りまでにどこまでたどり着けるやら。全く基礎がないので師を乞いたいのですが、もう少し自分のレベルを上げたら周りを見渡してみたい。気がつくとぼんやりしていて、頭も体も古代に飛んでいきがちな「第3の人生」がスタートしました。
 N雲さん
                「なな山だより」43号より


縄文土器.jpg
縄文土器

コメント(0) 
共通テーマ:地域

植物標本の制作を終えて [なな山だより]

なな山緑地植物標本プロジェクトは、2015年4月に首都大学東京、牧野標本館の加藤英寿先生の指導のもとに発足し、この春終了しました。このプロジェクトでは、なな山に生育する維管束植物(木本、草本、シダ)の花の標本を作成することをめざして収集にあたり、標本は牧野標本館へ寄贈しました。寄贈点数は383点でした。雌株、雄株があるので種類としては木本126種、草本227種、シダ17種、合計370種でした。発見できない植物を含めると400種くらいの植物がなな山にはあるではないかと思います。
採取は高い木の上で高枝ばさみを使って花のついた枝を取ったり、雨の降りしきるなか、どろんこになって根を掘ったり、ホオノキやヤマユリなどの大形の植物は乾燥を依頼するべくバケツごと標本館に運び込んだり、皆が夢中になって標本を作り、その手応えを感じることができた活動だったと思います。採取はしたもののシダをはじめイネ科、カヤツリグサ科など同定できない植物は長池公園園長の内野秀重先生に協力をお願いしました。
維管束植物の花の収集は終了しますが、また違う形で継続できれば、楽しくより深化できるのではないかと思います。コケ類は未完ですが、近日中に収集したいと思っています。
 N原さん

ルーペの中に広がる胞子世界を垣間見る
なな山緑地の植物採集も大詰めを迎えるころ、シダ類の標本を集めることとなった。はっきりとは区別できないが、何種類かのシダがあることは明らかであった。その区別は細かい葉の形・つき方、葉裏の胞子嚢の有無と形状、 軸の立ち方などで違う名前がついているようだ。10数種類を専門家の方に同定してもらい、説明を受けたが、数種類の区別がかろうじてつくくらいにしかならなかった。それでも、根気よく一種ずつ丁寧に標本としていった。 この貴重な体験は、胞子世界への興味を一段と高めていた。
 A田さん

ちいさな花たち
紫色の花が好きでオオイヌノフグリやタチイヌノフグリ、ツユクサとたくさんの種類を標本にさせてもらいました。弱々しい花なので、寒いと花弁は閉じてしまうし、小さい花がどこにあるのかわからなくなってしまいます。虫メガネで確認しながらピンセットでそっと新聞に挟み込む作業は大変でした。しかし、日々忙しいなか大好きな花をじっくり眺め、丁寧に作業するというのはとても心地よい時間でした。
 I田さん

シュンランの根っこはゼンマイのよう
牧野標本館に納め、学術標本として扱われる押花作りは、慣れるまで少々緊張の作業でした。採取は花を痛めないよう、根を傷つけないないようほとんど2~3人がかり。 根は水洗いし、葉は表裏を配置、花と共に仮押しができるとひと安心でした。家に持ち帰ってからは毎日新聞紙を替え、手に持って硬く水平になれば乾燥完了。手間と時間はかかるものの変化しながら標本に近づく姿を見るのは楽しい瞬間でした。担当したシュンラン、キンラン、なな山の希少種コクランは特に印象深く、繊細な美しい花の根っこは予想に反し太く、力強くダイナミック。生命力に溢れ、それぞれに特徴がある植物達に魅了された標本作りでした。
 I井さん

なな山からの貢ぎ物
懐かしい気持ちで始めた採集でしたが、思った以上に大変な作業でした。特に決められた大きさに収めるにはどうしたらいいのか悩みました。そのままの状態で重しをし、乾燥が始まってから紙の大きさに収めれば良いと分かってからは植物の細部の美しさや変化を楽しみ作業が面白くなりました。私はほんの一部しかお手伝いができませんでしたが、またとない貴重な体験を共有し、お仲間に入れて頂きありがとうございました。
 S々木さん

講習会で標本の作り方を学ぶ.JPG
講習会で標本の作り方を学ぶ

クロムヨウラン : 寄せ集めの標本
ヘンなもの発見。アズマネザサの根元に生える細い針金細工のようなものは前年の菌従属栄養植物、クロムヨウランとのことでした。最近、注目されてきた光合成をしないラン科の植物のひとつです。8月には新たに1本が出てきましたが、1本では採取できないので、標本には前年のものと思われる個体2本、触って落としてしまった花(長さ約12mm)ひとつ、蕾の写真2枚という寄せ集めの標本になってしまいました。他の標本のような美しさや存在感は感じられませんが、貴重な資料としてお役に立つことを願って提出しました。
 N原さん

アオキの変身
担当の12種ほどの中で一番手をやいたのが「アオキ」。 肉厚の葉っぱの水分が抜けてちゃんと標本になるまでに約3カ月。あまりにも変化がないので何度も不安になったり、長期の留守中に白いカビがうっすら付いて慌てたりと、かなり振り回されました。出来上がりは、洋服の色にしたら素適な「黒に近い深い緑」。どこにでもある「アオキ」も、標本にすれば魅力的な色の深さを持つ絶品に変身です。
 N雲さん

植物標本作製に出会って
なな山の自然と関わりを深めたいとの思いで標本プロジェクトに参加しましたが、根から掘り上げて花までを新聞紙半面の中に収めて押すのはなかなか形が整わず、根気と器用さが求められ苦戦しました。なな山では春、夏、秋に咲く花の多様さは素晴らしく私が手がけたのは10種ほどですが、標本を作ってみて更になな山の魅力に触れた思いです。
 N黒さん

オオシマザクラ
植物達は各々に個性的で繊細な感情を持っているように思います。標本に掛かる時、私は優しく語りかけます。大島桜を手にした時は心が震えました。花びら一枚一枚の間に薄い和紙を挟み込み、更に柔らかい紙で花を包み、 紙を小さく切ってクッションにしていきます。終わった時は夜が明けていました。祈る思いで毎日外側の新聞紙を取り替えました。完成した姿は凛としていて、もう近づき難い思いがしました。忘れられない花となりました。
 M岡さん

ヤブマメの隠れた一面
標本作りもひと通り終わりかけた秋に、クズの繁みにからみついたヤブマメを採集。いつものようにN黒さんにスコップで根を掘ってもらう。広場でN雲さんとやっとの思いで絡んだつるをほどき新聞紙にはさむ。花と小さなマメが出来ていて、根にも根粒菌があってまずまず。1月に内野先生の同定直前、N原さんから連絡が入る。根粒菌は閉鎖花では?その上、地上にも閉鎖花があるらしいとの指摘。おおあわてでルーペで見ると、それらしい小さな物体、地上のマメの出来始めと思っていたものも 閉鎖花のようだ。いつも除草で悩まされていたヤブマメの隠れた一面。植物ってこれだから面白い。
 M倉さん

標本制作プロジェクトに参加して
このプロジェクトに参加の動機は、普段目にする植物の葉や花だけでなく、細かい根の先端まで標本として制作出来る繊細さに惹かれたから、と思います。標本の同定過程では、図書館やインターネットで調べるので、その植物について今まで気付かなかった事が判る楽しみが有りました。標本作りに必要な道具を真似て自作し、意欲が有ったにも拘らず、標本制作はほんの数点で一番少ない結果に終わってしまいました。標本の制作の素晴らしさは、ただ植物を見ていては気付かないかった事をはっきりと認識する事でしょう。例えば、スギの標本で言えば、花粉症の原因の雄花は枝の何処に、雌花や前年の球果はどの様に付いている、等を知る事が出来る事でしょう。又、花の咲く植物の標本では、採取するタイミングが大切な事を教わりました。ホオノキの開花時に、梯子に登り高い所の枝の採取を手伝った事も思い出の一つです。
 M﨑さん

植物採集を終えて
牧野といえば「牧野すみれ」くらいしか頭にない私が、高山植物が好きというだけで、このプロジェクトに手を上げましたが、途中でやめたほうがいいかもと思った事もありました。が、なな山を植物を探しながら歩き、根ごと掘り出したそれを洗い、新聞の上にのせた時の新鮮な驚き、私達の回りにいつもあるすべての草や花に名前があり、出来上がった植物の美しさ。迷惑をかけながらも、やめないで良かった。最後のネコハギは、うまく出来たでしょうか。
 Y元さん
                「なな山だより」43号より

牧野標本館で行われた完成標本のお披露目会.jpg
牧野標本館で行われた完成標本のお披露目会

コメント(0) 
共通テーマ:地域

圧巻! 植物標本の制作を終えて、リレー随筆、なな山植物誌も - なな山だより43号発行 [なな山だより]

「なな山だより」43号が発行されました。「植物標本の制作を終えて」では、参加メンバーから熱い想いや苦労話などが詳しく語られています。一枚の押し花づくりにかかる手間は語り尽くせないはず。ぜひご一読を。
「深めよう会員の絆」(リレー随筆)は「第3の人生」。「なな山植物誌」はタマノカンアオイとキノコバエのユニークな関係が説明されています。
イベントニュースは、第17期グリーンボランティア初級講座のレポート。新緑のなな山での講習は受講生にどう映ったのでしょうか。

PDFデータは下記のホームページでご覧ください。

「なな山だより」バックナンバー
http://www.geocities.jp/nanayamaryokuchi/sub3.html

なな山だより43号.png
「なな山だより」43号

コメント(0) 
共通テーマ:地域

ブログで交流が深まれば…… [なな山だより]

「ブログ、ホームページをやってみない?」と声がかかった。「担当者が忙しいの」。なな山緑地の会のホームページとブログは、入会前に見た記憶はあるが片隅に追いやっていた。何とかなるかと軽い気持ちで引き受けてしまった。ホームページはオフィシャル情報を発信するもの。見れば、情報が少し古いことを除けば完成している。罫線や色、画像の透過など、制作者の意図に沿って修正して手入れはお仕舞い。新しい訪問者にはブログの記事を紹介すれば、最新の情報が届けられる。一方、ブログは日頃の活動を発信するもの。ブログなら好きにやっていいのでは、と記事を読み返してみた。毎回の活動記録や報告、お知らせなど、会員向けメールで配信されている情報が中心だった。ネットのマナー(礼節)に配慮し、会の凜々しい姿が浮かび上がる。同じスタイルを踏襲すれば期待に応えられるはず。

なな山の活動では、緑に心が洗われ、適度な疲れで生活がリフレッシュしていた。里山の恵みを享受しているが、目を仲間に向けると意外とその人となりが朧気なのに気づく。入会2年目では当然ともいえるが、ブログなら会員相互のコミュニケーションを広げたり深めたりできるかもしれない。皆さんにブログへの投稿をお願いしたら、書き溜めた原稿があるよ、植物標本はどう、と協力いただける方が現れ、ブログの新しい展開を予感。活動中のこぼれ話をまとめ、里山特有の言葉を明らかにすれば、なな山がさらに身近になるかも。月2回の活動では得にくい情報も共有できそう。ひとり世界を楽しめる木工めかいクラブもある。簡単に作れて奥深いシノダケ・ヒンメリの魅力も伝えたい。会がかかわる対外的な活動も紹介できれば……、ブログリニューアルのイメージが広がる。最後にひとつ。ブログの読者が記事を読んで里山の活動がしたくなり、地元の団体に参加したとか。嬉しい話です。これからも皆さんの協力を得て、少しずつ温かい場にしていければいいですね。
  S子
                「なな山だより」42号より

ブログ.jpg
ブログ

コメント(0) 
共通テーマ:地域

木のぬくもりを感じて -深めよう会員の絆- リレー随筆 [なな山だより]

ななやまでの活動に参加させてもらうようになってやっと1年。
最初に案内されて山を歩いたときはどこをどう歩いているかも分からず、「気軽に参加させてもらおうと思ったけど、絶対迷子になる!」という思いしかありませんでした。
その後も何回か活動に参加させてもらいましたが、方向音痴の私はしばらくの間金魚の糞のように絶対誰かと一緒じゃないと動けませんでした。
そんなときに「倉庫からロープとってきてもらえるかな?」って言われ、初めてのお使い状態!!
今自分のいる位置から倉庫まで緊張して歩いたのが昨日のことのようです(笑)
今ではだんだん位置関係が分かり、まわりの景色を見る余裕もできてきました。
そして、雑木林には私の大好きな木工の材料が沢山あり夢のような場所だと最近気づきました。
切り倒した木や枝はもちろん、きれいな色や面白い形の落ち葉。
見ていると色々想像が膨らみ「こんなの作ってみたい」「家の窓に飾ったら季節感あってかわいいかな?」などいつも持ちきれないほどの材料を収集してしまいます。
こんな素敵な場所で活動していけるのが今は本当に楽しいです。
たまに、体調が良くないとき(主に二日酔い)は、ななやまにいるだけで気分が良くなり元気が出てくる最高の場所です。
道は迷子にはならなくなりましたが、活動面ではまだまだ迷子状態です。これからも温かい目でよろしくおねがいいたします。
  T熊さん
                「なな山だより」42号より

分かれ道.jpg
分かれ道

分かれ道_2.png
さてどっちかな?

コメント(0) 
共通テーマ:地域

「なな山で遊ぼう! 2017」活動報告 [なな山だより]

 12月17日、毎年恒例の「なな山で遊ぼう!2017」が開催され、今年は多摩二小児童、保護者、PTCA役員総勢200名前後の方が参加しました。
 この日行ったのは、落ち葉滑り、滑車式ターザンロープ、木のブランコ、はしご登り、クリスマスリース作り、スラックライン(綱渡り)…。どれもおやじ達手作りの、普段味わえないスリル満点の遊具に、子どもたちは興奮を抑えられず行列を作って何度も何度も繰り返し遊びました。
 特に今年は昨年より落ち葉が多かったため、十分なクッションがあり安全に遊ぶことができました。また、カブトムシの幼虫採集も例年通り行うこともでき、子供たちは目を輝かせながら幼虫との出会いを楽しんでいたようでした。
 昼食には、なな山の里いもや大根を入れたあたたかいけんちん汁と、落ち葉と炭で炊いたさつまいも。快晴の空の下、世代を超えてみんなで頬張る食事は、心も体も温まりました。
 毎回、おやじ達の「ああいうことやりたい!」「こういうことはできないか」という発案に興味を示してくださったり、「今年は篠竹ヒンメリというのがあるよ!」と新しいことを次々と提案してくださる緑地の会の方々。毎年バージョンアップしている企画を、誰よりも楽しんだのは実はおやじ達かもしれません。
私自身参加するのは3回目ですが、地域の自然と子供たち、親たちを、実体験を通してつなげていくこのイベントはただ楽しいだけではなく大変貴重なものであると感じています。なな山緑地の会の皆様、本当にありがとうございました。また来年も是非よろしくお願い致します。
  多摩二小PTCAおやじの会  S原さん
                「なな山だより」42号より

集合写真.jpg
集合写真

綱渡り.jpg
綱渡り

シノダケ・ヒンメリ作り.jpg
シノダケ・ヒンメリ作り

ターザンロープ.jpg
ターザンロープ

落葉滑り.jpg
落葉滑り

リース作り.jpg
リース作り

コメント(0) 
共通テーマ:地域

なな山植物誌 -オオイヌノフグリ 大犬の陰嚢 ゴマノハグサ科 [なな山だより]

真冬であるにもかかわらず、オオイヌノフグリの花が可愛くブルーの花を咲かせています。こんなに寒いのですから、花粉を運んでくれるポリネーターが居ても僅かなはずです。ポリネーターを呼ぶためにこんなに可愛く咲いているのに。夕方近くになってもポリネーターが現れない時には、自家受粉です。夕方になったらオオイヌノフグリの雄しべを観察してみて下さい。丸くなって雌しべに付いているのを発見できるでしょう。質のよい種を得るためには、本来ならば遠くの花粉が欲しいのですが、子孫を残すことが宿命である植物としてはやむを得ない方法のようです。
  N原さん
                「なな山だより」42号より

オオイヌノフグリ_1.jpg
オオイヌノフグリ

オオイヌノフグリ_2.jpg
オオイヌノフグリ
・写真は午前中撮影のもの

コメント(0) 
共通テーマ:地域

なな山で遊ぼう、なな山植物誌、会員エッセイなど読み応えあり - なな山だより42号発行 [なな山だより]

お待たせしました、「なな山だより」42号が発行されました。「なな山植物誌」ではオオイヌノフグリの受粉が詳しく説明されています。連載を期待したいものです。
イベント紹介は、多摩第二小学校おやじの会主催「なな山で遊ぼう」のレポートです。毎回多くの子ども、保護者、先生が参加するビッグイベントに成長しました。リレー随筆は、里山の活動に面白さを発見した会員の手記です。雑木林は木工の宝庫ということです。

PDFデータは下記のホームページでご覧ください。

「なな山だより」バックナンバー
http://www.geocities.jp/nanayamaryokuchi/sub3.html

kaiho42_1.jpg
「なな山だより」42号

コメント(0) 
共通テーマ:地域

今年は15周年、安全に楽しく活動を続けたい! -なな山だより- [なな山だより]

 あけましておめでとうございます
 なな山緑地の会の活動は今年で一つの節目の15年目を迎えました。昨年は特に新しいことも変わったこともありませんでしたが、自然と触れ合い、楽しい一年を過ごしました。
 例年通り、多摩第二小学校の「なな山で遊ぼう」のイベントには、一昨年と同じく200人程の児童、保護者、先生が山を訪れて楽しんでくれました。その他、南鶴牧小学校の児童、父兄が何回も観察会に参加してくれました。また「めかいづくり」も盛況でした。これからも色々な形で自然の場を提供したいと思います。
 畑作業では、里芋の植え付けに変化を与えたところー昨年を上回る収穫がありました。
 さて、過去14年間大きな事故もなく過ごしてまいりましたが、今年から会員の皆様の安全性を配慮した結果、市との話し合いで樹木の間伐採については、一定の基準値を超える大木の間伐採は、市に依頼し専門業者に委ねることとしました。我々のボランティア活動は安全性の上にあります。
 今年一年、事故、怪我のない楽しい年にしたいと思います。皆様の暖かいご支援とご協力をお願いし、ご挨拶とさせていただきます。
     平成30年1月    なな山緑地の会会長  高木直樹

20171226松飾りづくり05_350.jpg

コメント(0) 
共通テーマ:地域

ヒゲとパンツとヒンメリと [なな山だより]

 一年半ほど前に退職して年金生活者になった。何か新しいことを始めようと考えた。手軽なところからと、風貌を変えてみた。頭髪を伸ばし髭を生やし、日頃の着ているものを変えてみたりした。様々な色物を着るようになった。世の中の見え方が少し変わったようにも想えるが、大した変化にはならなかった。
 そうしているうちに少し太ってきたことから、窮屈になった胴回りを直そうとミシン掛けを始めた。ミシン掛けが好きな訳ではないが、時間はあるのでゆっくりだがパンツを作り始めた。一枚の平ったい布がミシン掛けをするたびに立体的な形になって行く。どうもこの形を変えていくプロセスを想像するのが好きだということに気付いた。世の中には文字を使って小説、詩、俳句というようなものを作る人が居るが、私は布地のパーツを縫い集めて形を作っていく、そんなことが好きなのだ。
 そんな時、なな山緑地でシノダケ・ヒンメリを始めた。シノダケ・ヒンメリ作りは、なな山緑地にあるシノダケを切り出し、洗い、一定の寸法に切り揃え、中空部分にワイヤーを通して編む、単純な作業ばかりだが最後に思いがけない形に出来上がる。完成の瞬間はいつもうれしくなる。そもそもはフィンランドの麦藁細工を模したものだが、面白い。今や、私の部屋には大小40個余りのシノダケ・ヒンメリがぶら下がっている。寝転んで見上げることが多いが見飽きない。
 時折は、写真のような光景に目を奪われたりもする。この頃は、眺めながら新たな形を考える楽しみさえ覚えた。作るのには根気が必要だがこつこつと自分のペースで進められるので自分に合っている。そうしているうちに最近は、少しずつ一緒に作る人も現れた。他の人の作品から新たな刺激を受ける、こんな楽しみも生まれた。
 退職後を第二の人生ともいうが、私の場合はヒゲとパンツとヒンメリとを通して、新たな試行と展開とを始めているようだ。どんな人生になるのか、たのしみになってきた。
『なな山だより』41号より
  N山さん

シノダケ・ヒンメリ.png
シノダケ・ヒンメリ

コメント(0) 
共通テーマ:地域
前の10件 | - なな山だより ブログトップ