So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
連携イベント ブログトップ
前の10件 | -

なな山緑地里山保全活動による心理調査結果-大妻女子大学家政学部 甲野毅准教授 研究 [連携イベント]

この報告は、大妻女子大学家政学部・甲野毅准教授が行った市民活動前後の心理調査に関する報告です。なな山緑地の会は、この調査に協力し、その結果を2018年7月8日に受け取りました。下記の内容は当会に報告されたものですが、ブログ掲載の許諾を甲野先生から得ていません。あくまで暫定のものとご理解ください。正式な公開は甲野先生の研究発表を待ちます。(S子)

1、調査実施日・内容・被験者数
 研究対象となった活動は、 2017年~2018年の7月、 11月、 2月、 4月の4回であった。活動時間は9時から昼飯を挟んで15時までの5時間であり、主な活動内容は、道作り、草刈り、樹木の伐採、落ち葉掃き、畑の整備などであった。
2、調査項目
 心理(POMS短縮版)を使用し、(1)緊張-不安、(2)抑うつ-落ち込み、(3)怒り-敵意、(4)活気、(5)疲労、(6)混乱の6項目から構成される。作業前、作業後に被験者に質問紙に記入してもらう。各回答値は、全くなかった、少しあった、まあまああった、かなりあった、非常に多くあった等の0~4点評価である。
3、調査結果
(1)緊張-不安
 作業前には緊張や不安がややあり、作業後にはそれらが解消されたことが示された。作業後の値は作業前と比較し、マイナスになっており、森林セラヒーなどと同様の効果が示された。
(2)抑うつ-落ち込み
 作業前にはうつ状態がややあり、作業後にはそれらが解消されたことが示された。作業後の値は作業前と比較し、マイナスになっており、森林セラピーなどと同様の効果が示された。
(3)怒り-敵意
 作業前には怒りがややあり、作業後にはそれらが解消されたことが示された。作業後の値は作業前と比較しマイナス、になっており、森林セラピーなどと同様の効果が示された。
(4)活気
 作業前には活気がややあり、作業後にはさらに活気状態が増したさことが示された。作業後の値は作業前と比較しマイナス、プラスになっており、森林セラピーなどと同様の効果が示された。
(5)疲労
 作業前には疲労がややあり、作業後にはさらに疲労状態が増したさことが示された。作業後の値は作業前と比較しマイナス、プラスになっており、森林セラピーなどとは異なる効果が示された。
(6)混乱
 作業前には混乱がややあり、作業後にはそれらが解消されたことが示された。作業後の値は作業前と比較しマイナス、マイナスになっており、森林セラピーなどと同様の効果が示された。
4、総合評価
緊張-不安、抑うつ-落ち込み、怒り-敵意、混乱において、作業後の数値が作業前と比較し減少し、また活気において、作業後の数値が作業前と比較し増加した。里山保全活動は、森林セラピーと同様に作業従事者に心理ストレスの減少をもたらす効用があったことが示された。里山という普段とは異なる環境下での作業が、作業従事者に森林セラピーと同様のリラックス効用をもたらしたと想定される。一方で疲労において、作業後の数値が作業前と比較し増加し、森林セラビーとは異なる結果となった。里山保全活動は、歩くだけの森林セラピーと異なる多くの作業量が必要である。作業従事者は、作業することで疲労を感じたことが想定される。

作業前後の回答値の変化.png
作業前後の回答値の変化

2018.7.8 大妻女子大学家政学部 甲野毅

コメント(0) 
共通テーマ:地域

森木会・安全講習会「枯木の取り扱いに関するワークショップ」報告(2018.6.3) [連携イベント]

 森木会 安全管理担当者を対象に「枯木の取り扱いに関するワークショップ」が一本杉公園で開かれ、参加しましたの概要を報告します。

 今回の目的は、一本杉公園内に有る枯木の状況確認、枯木の危険度確認、枯木の伐倒時の危険要因の確認を参加者で話し合いながら、危険要因の洗い出し、処理方法の検討を行いながら、自分たちでどこまで処理が可能かを考える事です。

 参加者は、一本杉公園のメンバー4名、各団体の安全管理担当者、事務局長赤羽さん、森木会事務の計15名が加藤家前に集まりました。

 現場は池の対岸近くに有るブナの枯木 2本、コナラの枯木 2本、コナラの枯枝 2本で一般の人が近くを行き来する度合いが高い場所なので、テープで危険範囲を囲って早く処理したい状態に有る。

●ブナ枯木(#461) 直径 26cm、樹高 15m、完全に枯れ虫食いの穴が多数ある。 これが優先度No. 1。
●ブナ枯木(#460) 直径 28cm、樹高 12m、未だ葉が残っているが、虫食いやキノコが生えている半枯れ状態。
●コナラ枯木(#2695) 直径 18cm、樹高 12m、完全に枯れている。
●コナラ枯木(#2696) 直径 18cm、樹高 12m、完全に枯れている。
●株立ちのコナラの接近した幹から出た枝 径 10cm位、長さ 5~6m の枝が互いに交差している状態で枯れている。

 参加者全員で、安全に作業をするために、いろいろ出た意見を話し合いブナ(#460)とコナラの枯木と枯枝は一本杉公園のメンバーで処理するが、ブナ(#461)は伐倒する時は赤羽さんと再度相談をして決める事になった。
 M崎さん

枯木の取扱いに関するワークショップ.jpg
枯木の取扱いに関するワークショップ

コメント(0) 
共通テーマ:地域

帝京大学・教職研究科講座「なな山緑地散策」(2018.5.15)報告 [連携イベント]

帝京大学・教職研究科講座「なな山緑地散策」が5月15日なな山緑地で開催されました。

帝京大学大学院教職研究科(教職大学院)三石教授 大森教授
なな山緑地散策  5月15日(火)12:30~14:30
教授・学生8人と合わせて10人
なな山緑地の会 M崎さん、M岡さん、N原さん、I田さん、S々木さん、相田さん

まず、緑地の活動で発生した材で作った大小の「ぶんぶんゴマ」を全員に試してもらいました。
昨年大いに盛り上がったこともあり、散策前の勢い付けに遊んでもらったのですが、今年もやはり思惑通り皆さんがはまったようです。二人で回す特大サイズも充分に役割を果たしてくれました。
その後、約1時間半かけて、ゆっくり5月の森のみどりを観察・鑑賞していただきました。
春の草花は、わずかに名残を留めていて、サイハイラン、ワニグチソウは花盛りです。ウグイスカグラの実が赤く熟れ始め、口に含むと優しい甘さが感じられました。
もうすっかり初夏の装いに変わったなな山散策は、みどりの空気にどっぷりとつかった心地よい散策となりました。
かつての里山として人々の暮らしとともにあったこの緑地を歩きながら、西の山、中の山、東の山の植物相の違い、生物多様性の意味を考え、これからも、このような雑木林を維持していく必要性にも触れながら、説明をしていきました。
大学院生の反応が、話しにつれて敏感に返ってくる心地良さを感じ、説明役冥利に尽きるうれしい思いをさせていただきました。

なな山の植物説明_640.jpg
なな山の植物説明

ぶんぶんゴマを試す_640.jpg
ぶんぶんゴマを試す

特大のぶんぶんゴマに興じる_640.jpg
特大のぶんぶんゴマに興じる

コメント(0) 
共通テーマ:地域

帝京大学・里山講座「多摩の里山と人の営み」(2018.5.11、5.18)報告 [連携イベント]

帝京大学・里山講座「多摩の里山と人の営み」が2日(5月11日、5月18日)にわたり、なな山緑地で開催されました。

帝京大学教育学部「人文社会科教養科目」 甲野講師 里山講座
多摩の里山と人の営み

☆第一日目 5月11日(金)10:40~12:15
参加学生50数人
なな山緑地の会から相田さん、M岡さん

1)
4地点の観察ポイントで、山の様子(立木の姿・林床の状態)を簡単な断面図に書き表すこと。書き表す見本は用意されていたが、かなり苦戦している様子でした。
2)
雑木林の5地点5様のクイズ形式の設問に答えることが求められています。
  A なぜ材木が並べられているのでしょうか。
  B 二株の樹木と、一株の樹木と別れていますが、どうしてでしょうか。
  C この辺りは見通しが良くありません。どうしてでしょうか。
  D 足元に色々な種類の草花がありますが、どうしてでしょうか。
  E 落ち葉が固められてまとめてありますが、何のためでしょうか。
3)
2)の回答になるような雑木林の話が相田さんに求められました。
 そこで、思いつくままに、相田さんは現在のこの里山の成り立ちから語り始めました。
半世紀前までは、薪炭林として生活エネルギーを担っていたこと。シイタケ栽培・木の実の採集場であったこと。落ち葉は農作物の大切な肥料であったこと、など。人の暮らしに密接に関わっていました。現在の中の谷のホダギの立てかけ、土中へ半埋め込みなどは、それを倣ったものです。当時は、薪炭材の伐採は胸高直径が15㎝程度であって、伐採後の春にはたくさんの萌芽が期待され、その内の数本を残して成長を待ち、15年ほどで再び用材として伐採された。この繰り返しが雑木林の保全につながっていました。
しかし、エネルギー源は、電気・ガス・石油に代わり、薪炭は不要になりました。雑木林の木は伐採されず、すくすく成長をしてきました。
また、林床のアズマネザサは、材料としての役割を果たしていました。畑の作物の支柱として、多摩の目籠(めかい)の材料として、そして工芸品やおもちゃの材料として、多くは住宅建築の塗り壁の小舞材として広範囲に使われていました。いずれもプラスチック材等に取って代わってしまいました。現在の管理では、ほとんどの場合、無用のものとして刈り払われる運命にあります。
なな山では、アズマネザサを今風に利活用するべく、総刈りは避け、どうすれば今後に生かせる育成ができるか、東の山でいろいろ試しているところです。また樹木も日照の確保や良質の景観を考慮しつつ間伐を進めていこうと考えています。野草の生育促進を考えたり希少種を保全したり、落ち葉を集めて堆肥化を図って農園に漉き込んだり、活動には際限がありません。
このような話の中で、学生たちは、設問の回答に気づいてくれたはずです。 

集合して説明を受ける_640.jpg
集合して説明を受ける

西の山を歩く_640.jpg
西の山を歩く

☆第二日目 5月18日(金) 10:30~12:20
参加学生 45人
なな山緑地の会からM崎さん、I田さん、M岡さん、相田さん

アズマネザサ(シノダケ)刈りとその利用
昨年シノダケ・ヒンメリづくりを教室で試しに行ったところ、講師にも学生にも好評であったため、今回はシノダケ採取とヒンメリづくりを講座に組み入れたものです。
二班に分け 基本形ヒンメリAをあらかじめ作っておいた材料で組み立て、基本形ヒンメリBのシノダケ採取、と2つの作業を交代で行い、第三段階として全員で基本形ヒンメリBの組み立てを行いました。
Aは部材数12本で手順を覚えればごく簡単です。その手順で迷った人がいたようでしたが、全員組み立てられました。自分で採取して切り揃えた18本の部材で組み立てるBはAより手順が明確でやり易かったように見受けました。材が完全に揃わなかった人もいて、完成できなかった人がいたようです。Bは材料の長さにより形が変わり、バリエーション豊かなヒンメリが組みあがっていました。

上:基本形B、下:基本形A_640.jpg
帝京大学ヒンメリ作り:上:基本形B、下:基本形A

基本形Aをつくる_640.jpg
帝京大学ヒンメリ作り:基本形Aをつくる

採取した材料で基本形Bをつくる_640.jpg
採取した材料で基本形Bをつくる

コメント(0) 
共通テーマ:地域

イランにもブンブンゴマがある! -ガーデンシティこどもまつり報告2 [連携イベント]

相田です
早速「こども祭り」の内容をブログに投稿していただきありがとうございます。
おまけを思いつきましたので、写真とともに送ります。

初日5月3日の終わりころ、8人ほどのイランの方々が「ぶんぶんゴマ」に興じ、お国にもこのような遊びがあると、みんなで体験し盛り上がっていました。
国際都市多摩を象徴するような一コマです。

彼らは「こども祭り」をどうとらえていたでしょうか。

ブンブンゴマを回すイラン人女性.jpg
ブンブンゴマを回すイラン人女性。「つくって遊ぼう」を通りかかった8人ほどの外国人。そのうちのひとり、年長者がブンブンゴマを目にして回し始める。「子どもの頃、イランで同じような遊びがあった」と話す。通り過ぎた仲間も戻り、見本を手にして回し始める。

大ブンブンゴマを回す.jpg
大ブンブンゴマを見て「なに?」と尋ねる。両端を引っ張り回すと、慣れたように回して楽しんでいる。

大ブンブンゴマを回す女性.jpg
女性陣も加わり、大ブンブンゴマを回し、みんなで歓声を上げる。

ブンブンゴマを楽しむイラン人.jpg
ひとときブンブンゴマを楽しんでいた。いつかイランのブンブンゴマを見てみたい。

コメント(0) 
共通テーマ:地域

暑い五月晴れの連休、こどもまつりに大勢の人が集まった! -ガーデンシティこどもまつり報告 [連携イベント]

ガーデンシティこどもまつりに
ご協力いただいた皆さん

相田です

T熊さん、I田さん、I川さん、K田さん、M崎さん、N田さん、S子さん、N山さん
名前が抜けていた方がいたらごめんなさい。

大勢の方に協力いただきありがとうございました。
祐乗坊さんの報告にありますように、3日間で671人の参加者がありました。
保護者やご家族を含めると1,000人を超えたと思われます。
皆さんの協力で成り立っているこのイベント、多少メニューを変えても30年以上続いていることになります。
今後もできる限り、続けていきたいと思っています。

今後ともよろしくお願いします。

コマに熱心に色塗り.JPG
コマに熱心に色塗り

ブンブンゴマ作り.JPG
ブンブンゴマ作り

ブンブンゴマで遊ぶ子供たち.JPG
ブンブンゴマで遊ぶ子供たち

鯉のぼり作り.JPG
鯉のぼり作り

大きなブンブンゴマで遊ぶ.JPG
大きなブンブンゴマで遊ぶ

孫とのオセロに苦戦のじいちゃん.JPG
孫とのオセロに苦戦のじいちゃん

コメント(0) 
共通テーマ:地域

温かい里山に春を呼ぶ子どもたちの声が響いた-南鶴牧小なな山早春観察会 報告 [連携イベント]

多摩市の南部に位置する南鶴牧小の子どもたちが、早春の里山を観察するため、北部のはずれにあるなな山緑地にやって来た。小学1年生から中学生まで24名、引率・同伴の先生と親4名。学校でチラシが配られそれに応募して参加する。多摩センターからのバスは外から見ると満員。6年生が多く、ちょっと大人っぽい。さすが4月から中学生と納得。

観察は、なな山緑地の会の相田さんが先頭に立って解説する。芽が出たばかりの蕾や小さく咲く花、これから大きくなる草木を見つけては立ち止まってお話。クヌギの枝に近づいて、花や葉のつぼみとドングリの芽を見つける。落ちたクヌギのドングリが割れて赤くなり小さい芽を伸ばしているのを探す。シュンランが下を向く姿から昔は「ジジババ」と呼んでいた話……。西の谷から西の山、中の谷、中の山と登り降りしながら、葉が落ちて見通しがきく里山をのんびり歩く。最後は大きく育ったシイタケを採ってから昼食に入る。広場奥に飾ってあったシノダケ・ヒンメリを作りたいと作業を始めたが、帰りの時間が迫り、あとは家で完成となった。

温かい陽を受け、のんびり歩いて春の芽を探すことができたかな。また、顔を出してください。これから姿が次々に変わるなな山は綺麗だよ。

引率の先生や親御さん、そして
相田さん、M崎さん、T熊さん、お疲れさまでした。(S子)

始まりの挨拶.JPG
始まりの挨拶

クヌギの枝の説明.JPG
クヌギの枝の説明

クヌギの花芽とドングリの芽.JPG
クヌギの葉芽とドングリの芽

草木を見ながら話を聞く.JPG
草木を見ながら話を聞く

山道をのんびり登る.JPG
山道をのんびり登る

ドングリが割れて芽が出た.JPG
ドングリが割れて芽が出た

隠れている赤い実を探す.JPG
隠れている赤い実を探す

シイタケ採り.JPG
シイタケ採り

広場で昼食.JPG
広場で昼食

シノダケ・ヒンメリづくり.JPG
シノダケ・ヒンメリづくり

コメント(0) 
共通テーマ:地域

多摩テレビにエコ・フェスタの「なな山緑地の会」が出る! [連携イベント]

皆さん

相田です

多摩テレビで多摩エコ・フェスタの「なな山緑地の会」が取り上げられています。

多摩テレビが見られる方、TTV-NOWで1月31日まで、1日4回です。

8:30

15:00

21:00

23:30

是非見てください。

コメント(0) 
共通テーマ:地域

里山の自然の豊かさ、大切さが伝わった! エコフェスタ報告 [連携イベント]

なな山のみなさん

20日(土)、21日(日)に開催された多摩エコ・フェスタ2018の報告です。
20日、21日に来て下さった方、A田さん、I田さん、I井さん、I川さん、U野さん、S々木さん、N原さん、N山さん、N雲さん、N黒さん、M岡さん、M﨑さん、M本(勇)さん、M本(美)さん、K田。(お昼を食べ損なうほどばたばたしていたので、見逃した方がいらしたらお許しください。)
一日目に阿部市長が見学に来られ、木製椅子に試しに座り「すわり心地がいいね」と言っておられました。
私たちのコーナーに来てヒンメリやブンブン独楽を作った方は2日間で約170名でした。
 
1)展示コーナー
 活動の様子、景観、テーブル作りなどのパネル展示のほか、メカイのざる、花器、コースターなど、美しいシノダケヒンメリ、見事な植物標本、工作作品の木製椅子、テーブルコップ、スプーンなど、展示のレパートリー増えて見ごたえのある展示となっていました。見学者もこれはどうやって作ったのですか? と質問され感心している様子でした。

2)シノダケ・ヒンメリコーナー
 熱心に作り方を学ぶ人、女性が多かったが、大人だけでなく小さい方も多く、幅広い年齢層に人気で、いつも満席の状態でした。
 一人にかかる時間が長いので、教えるN山さん、I田さん、M岡さんが付きっ切りでアドバイスしていました。多くの方が満足した様子で、自分が作った作品を持ち帰っていかれました。

3)ブンブン独楽コーナー
 1日目は10時から13時まで永山南公園きりんの会と一緒でしたが、2日目はなな山緑地の会の主催で10時から16時までやりました。
 作りたいという子供たちが沢山来てくれました。下は2歳半の子から、お父さんお母さん、上は昔を懐かしむ高齢の方まで、いろんな方たちに大人気で、廻すのが難しいコマに挑戦し、回ると大喜びする姿が見られました。特に大きなブンブン独楽はやらしてと言う人が多く面白いと喜んでいました。作るほうでは、コマのデザインに凝る子供さんもいて複雑な模様やキャラクターの顔など見ても綺麗なコマができていました。
 
 なな山緑地の会は、里山を保全する活動だけでなく、里山の自然の豊かさ、大切さを次代を担う人たちに理解してもらうための活動に取り組んでいこうとしている姿をこのイベントが象徴しているように感じました。

(報告者)K田さん

市長椅子を試す_350.jpg
市長、椅子を試す

展示コーナー_350.jpg
展示コーナー

ヒンメリコーナー_350.jpg
シノダケ・ヒンメリコーナー

ブンブン独楽コーナー_350.jpg
ブンブン独楽コーナー

これ、廻せるかな?_350.jpg
これ、廻せるかな?

大きいコマで遊ぶ親子_350.jpg
大きいコマで遊ぶ親子

コメント(0) 
共通テーマ:地域

エコ・フェスタ、ゆったりと楽しめた! お疲れさまでした [連携イベント]

皆さん

相田です

多摩エコ・フェスタ2018は、多くの皆さんの協力で無事終了しました。
お疲れさまでした。

過去2年と比較して、スペースにゆとりがあり、来場者数も昨年の半数強とやや少なく、ゆったりと良好な感覚でした。

それぞれの出店者からも、今回の成功を認める声が聞かれてよかったと思います。

IMG_1585_350.jpg
展示の前で談笑する

IMG_1582_350.jpg
シノダケ・ヒンメリづくり

IMG_1558_350.jpg
丸太テーブル・椅子

IMG_1563_350.jpg
シノダケ・ヒンメリづくりはここですよ!

IMG_1586_350.jpg
終了時、関係者全員集合

コメント(0) 
共通テーマ:地域
前の10件 | - 連携イベント ブログトップ