So-net無料ブログ作成
連携イベント ブログトップ
前の10件 | -

帝京大シノダケ・ヒンメリづくり講座(2019/6/7) [連携イベント]

帝京大学教育学部の授業として、先週5月31日の「なな山緑地の現地探索」に続いて、7日、座学が行われました。
講義の主旨は、里山の自然を体験すること、現在の活動の中でどのような取り組みがされているか、ということで、今回は、アズマネザサ(シノダケ)を使ったヒンメリづくりを体験してもらうこととなりました。

会場は、当日の雨により帝京大学の講義室で行われました。

帝京大学風景.jpg
帝京大学風景

最初、甲野先生より、前回の復習と今日の流れの説明がありました。

甲野先生の講義.jpg
甲野先生の講義

講義の内容.jpg
講義の内容

その後、相田さんから、なな山緑地でのシノダケとの関わりや取り組みを紹介しました。
シノダケが多摩の暮らしの中でどのようなものであったか、それを活用した「めかい」の話などが説明されました。

相田さんの説明.jpg
相田さんの説明

工作実習では、シノダケ・ヒンメリづくりでは定番となっている「正八面体」づくりを指導しました。

工作実習の説明.jpg
工作実習の説明

苦戦する学生もいましたが、相田さんの他に、M岡さん、Y元さん、I田さん、N山の指導もあって、みなさん楽しく完成にたどり着きました。

シノダケ・ヒンメリ製作中.jpg
シノダケ・ヒンメリ製作中

シノダケ・ヒンメリ完成.jpg
シノダケ・ヒンメリ完成

最後に、なな山緑地のブログを使って、シノダケ・ヒンメリでどのような作品を作っているのかを紹介しました。

ちなみにこの講座は今回で6回目とのことです。今後教育などに関わる若い学生に引き続き、なな山とシノダケ・ヒンメリの魅力を伝えることが出来ればと思いました。
   N山さん記

コメント(0) 
共通テーマ:地域

雨の中で開講-帝京大学教職大学院・なな山緑地教室(2019.5.21) 実施報告 [連携イベント]

2019.5.21(火)雨のち曇り
大森教授、三石教授、学生・女子2名 合計4人

大雨注意報が出ている中、傘をさしてでも行いたいと大森教授。雨の緑地も教育的価値ありとの三石教授。12:30来場。かなり激しく降る雨の中、倉庫3ヶ所をかたずけ、雨をしのぐ。三石教授と相田は長靴・合羽で傘をさして外部に、3人は倉庫の中で緑地講座の開講である。

・なな山緑地の活動経緯と現状を説明する。
・子ども教育の見地から、子ども対象の活動に話題を絞る。
ESD・総合的学習に関連して緑地教室など自然環境に関わることが効果的であること。
ここでは、第二小学校での「なな山で遊ぼう」、南鶴牧小の「動植物の観察」、保育園の緑地散策、明星学苑高校の里山ボランティア体験などに言及する。
雨のため資料等は見せられず、口頭での話となってしまった。

1時30分を過ぎた頃、雨が小降りになり、やがて雨が上がった。危険の無い範囲で緑地散策に入る。三様に特色のある状況を見てもらう。中の谷は、中央は川の流れの状況になっており、そこかしこから、かなりの水量の湧水が確認された。5cmものの高さに吹き上がる湧水の様子は15年に及ぶ私の活動経験の中でも初めて体験する緑地の姿だ。雨の緑地の観察の大切さを学ばせていただいた格好になった。
あいにくと、写真を撮るゆとりがなく、記録写真がないのは残念である。
   相田さん 記

コメント(0) 
共通テーマ:地域

ガーデンシティこどもまつり、お疲れさまでした - 多摩の自然とまちづくりの会 [連携イベント]

なな山緑地の皆さん

相田です

「ガーデンシティこども祭り」に協力いただいた多くの皆さんお疲れさまでした。
ありがとうございました。
N山さん、M崎さん、U野さん、M岡さん、K田さん、I田さん、A野さん、S子さん

実施団体の「多摩の自然とまちづくりの会」からの報告と感想です。
皆さんからの感想も是非お聞かせください。

********************************************

こども祭りに参加の皆さん

3日間お疲れさまでした。年々体力が落ちているのを実感します。
今年の参加者は609名でした。初日3日が約250名で一番多かったです。

グリーンライブセンターとの今後の連携などについて日程が決まりましたら、案内を出します。その時はよろしくお願い致します。

多摩の自然とまちづくりの会事務局
祐乗坊

コメント(0) 
共通テーマ:地域

子どもの創作意欲がいっぱい-写真で見るガーデンシティ「こどもまつり」 [連携イベント]

ガーデンシティ多摩センターこどもまつりに参加したK田さんから写真が届きました。

IMG_0474 - コピー.JPG
木片に模様を描いてぶんぶんゴマを作る

IMG_0478 - コピー.JPG
バギーに乗ったままマジックを手にする幼児

IMG_0479 - コピー.JPG
塗り絵のように描いてこいのぼりを作る

IMG_0480 - コピー.JPG
真剣に描く子どもを温かく見守るスタッフ

IMG_0481 - コピー.JPG
親子で楽しむ大盤オセロ

IMG_0482 - コピー.JPG
子どもに負けじとガンバる親

IMG_E0076 - コピー.JPG
出来上がったぶんぶんゴマを回す子どもたち

コメント(0) 
共通テーマ:地域

多くの参加者で賑わった - ガーデンシティこども祭り1日目 [連携イベント]

皆さん

相田です

今日のガーデンシティこども祭りに協力・参加された皆さんお疲れさまでした。
お陰様で、楽しく、有意義に多くの方の参加をいただくことが出来ました。
おおよそ、250人+保護者の参加数です。

N山さん、K田さん、M崎さん、M岡さん、U野さん、I田さん、A野さんありがとうございました。

また、相田の5月の案内に終了時刻を15:30と間違ってお知らせしてしまって、ご迷惑をおかけしました。
申し訳ありませんでした。

4日、5日いずれも終了予定は18:00となります。多少早めに切り上げることはあるかと思います。

ご都合に合わせての協力で構いません。よろしくお願いいたします。

コメント(0) 
共通テーマ:地域

小雨の中、なな山の活動を紹介-グリーンボランティア初級講座の様子 [連携イベント]

4月27日(土)、小雨の中、なな山緑地でグリーンボランティア初級講座が開かれたので、報告します。

初級講座の受講生集合.jpg
初級講座の受講生集合

最初に阿部市長からご挨拶がありました。

阿部市長の挨拶.jpg
阿部市長の挨拶

お話では、なな山緑地での標本づくりの話を紹介していただきました。

植物標本の話.jpg
植物標本の話

講義の中では、相田さんからなな山緑地での活動の様子について説明しました。

活動の様子を説明.jpg
活動の様子を説明

S崎さんから、なな山がどのような経緯から現在の里山としての管理に至ったのか説明がありました。西の谷だけで当時の不動産評価の価値20億とのことでした。そんな場所ですから、我々は約60億からの土地の上で活動していることとなります。
(なお、保全緑地としての評価ではありません。)

なな山緑地の経緯説明.jpg
なな山緑地の経緯説明

多摩市職員から「多摩市のみどり」について説明もありました。

座学の様子.jpg
座学の様子

座学の後、相田さんを先頭に実際になな山緑地の中を見て回りました。

西の谷の散策.jpg
西の谷の散策

写真にはありませんが、キンラン、エビネが開花の時期を迎えていました。

里山の説明.jpg
里山の説明

新緑の花も咲き始めた時期であったことから、説明に時間が掛かりましたが、何とか東の山にも行き、西の山・中の山・東の山と三つの山の違いを見て貰うことが出来ました。

東の山の観察.jpg
東の山の観察

私も改めて、なな山緑地が里山としての様々な形を見せてくれていることに気付きました。

中の谷の観察.jpg
中の谷の観察

昼食後は、雨が強くなり、予定していたなな山緑地での実技は中止となりました。

なな山緑地内での最後は、刈り払い機作業時の安全確保の考え方、草刈り時の鎌の使い方などについて説明となりました。その後は、用意してあった集会所に移って座学の講義が行われました。

広場での実習講義.jpg
広場での実習講義

なお、今回の講座には、相田さん、S崎さんの他に、A木さん、M崎さん、U野さん、M岡さん、N山が活動に協力しました。
  N山さん

コメント(0) 
共通テーマ:地域

心に染み入る緑の中子ども祭りの準備 [連携イベント]

なな山緑地の会の皆さん

相田です

昨日は会の活動ではないのですが、5月の連休3日、4日、5日、「こども祭り」の準備に
M崎さん、M岡さん、M倉さん、農園作業にT橋さん お疲れさまでした。

ありがとうございました。

ぶんぶんゴマの下拵えが大量にできました。
また緑地の緑が心にしみるようでした。ウワミズザクラかつてなかったような見事な花付き。
チゴユリも盛りを迎え、キンランも咲き始めました。
Y乗坊さんが写した写真を添付します。

また「こども祭りに参加協力いただける方のリストアップは下記のようになります。
5日に参加いただける方が少ないので、どなたか名乗りを上げていただけると助かります。
よろしくお願いします。

3日
4日
5日
M岡さん
×
M崎さん
○13:30まで
○13:30まで
×
N山さん
I田さん
×
×
K田さん
×
N田さん
未定
未定
未定
S子
未定
未定
未定



さらに、4月27日(土)のグリーンボランティア初級講座への協力もよろしくお願いします。
T木さん、S崎さん 例年のように今年も挨拶とお話しよろしくお願いします。

DSC07857-2 - コピー.jpg


DSC07865-2 - コピー.jpg


DSC07863_2.jpg


DSC07849_2.jpg


DSC07851_2.jpg

コメント(0) 
共通テーマ:地域

楽しい! ステキ!と嬉しい声 【スプリングフェスタ「シノダケ・ヒンメリを作ろう」のイベント報告】 [連携イベント]

3月24日の総会の後、木工クラブのメンバーを中心にグリーンライブセンターで行われた「シノダケ・ヒンメリを作ろう」イベントを開催しました。
今日、スタッフとして協力したのは、A田さん、I田さん、Y元さん、M岡さん、U野さんとN山の6人です。
1時から3時半頃まで、延べ22人の参加者(同伴者も入れると30人くらい)に対応しました。

最初の頃の様子.jpg
最初の頃の様子

最初は6名で、割とお年を召した方に対して作り方を説明するところから始まりました。
この辺では余裕があったのですが、最初の方が基礎的なパターンを作り終えないうちに、次の一団が見えました。今度は子どもづれの若いお母さんが中心で、この頃から会場は大盛況。

子どもや母親も参加して.jpg
子どもや母親も参加して

6人で皆さんの質問や注文にこたえるのに大わらわ。後は、フル回転で最後までやり通す、そんなこととなりました。
でも、参加した人から「楽しかった!!」「シノダケ・ヒンメリ、ステキですよね」って声があって、とても嬉しい思いをしました。22人が今のメンバーでは丁度好いところではなかったのかな、そんなふうに思いました。(大満足。)

説明に大わらわ.jpg
説明に大わらわ

以下は、自慢げに作品を掲げる子供たちや家族の写真です。

参加者と作品_1.jpg

参加者と作品_2.jpg

参加者と作品_3.jpg

皆さんは、作品作りに一時間以上は取り組んだんじゃないでしょうか。

参加者と作品_4.jpg

参加者と作品_5.jpg

最後に、事務局のA羽さん、M澤さんを加えて、今日の感想と今後の展開について話し合いをしたのですが、スタッフみんながとても満足そうだったので、それが一番好かったです。
お金では買えない喜びを頂いたように思います。

これからも、なな山緑地の会の活動として続けていくことが出来ればと思います。
   N山さん

コメント(0) 
共通テーマ:地域

「シノダケ・ヒンメリを作る」のプログラム-3月24日スプリングフェスタ [連携イベント]

なな山緑地の皆さん

3月24日のスプリング・フェスタでの、
「シノダケ・ヒンメリを作る」について、プログラムが出来ました。
こんな流れになります。

1、最初に、基本的なユニットを二つ、一緒に作ります。
・作るのは、「正8面体」と「上下違う長さの6角形」の二つです。
・材料は、切り揃えて、定員の30組を用意しました。

正8面体.jpg
正8面体

上下違う長さの6角形.jpg
上下違う長さの6角形

二つを繋ぐだけで、飾りになります。

2、次は、A・B・Cのいずれかを選んでお好みのものを作ります。
テキストを観ながら、自分で作る、それをなな山のメンバーがサポートするというのが基本です。

・作品A
下の写真は作品のイメージです。
基本形をいくつか作り、自由に繋げて作品を作ります。


作品A.jpg

・作品B
用意した部材を使って、大きさの違う三つの正8面体を「入れ子」の形に調整して、一つの作品とします。


作品B.jpg

・作品C
部材を選んでもらって、太さも大きさも自由に決めて作ってもらいます。


作品C.jpg

参加していただく皆さんに楽しんでいただけるのではないかと考えていますが、いかがでしょうか。
  N山さん

コメント(0) 
共通テーマ:地域

スプリングフェスタでシノダケ・ヒンメリがお目見え! [連携イベント]

なな山緑地のみなさま

たま広報3月5日号をご覧になって既にお気づきでしょうか。
「講座・催し物ガイド」にシノダケ・ヒンメリを作るとして、次のような内容になっています。

◎シノダケ・ヒンメリを作る
市内の雑木林で採取したシノダケで、うつくしいヒンメリ(つるし飾り)を作ります。
・日時:3月24日(水)13時~15時
・定員:30人(先着順、当日直接グリーライブセンター会場へ)
・費用:300円(材料費込み*保険料を含む))
・主催:なな山緑地の会

前日の二日間は、恵泉女学園大学学生による
「押し花を使ってオリジナルカレンダーとしおりを作ろう!」という講座が予定されており、三日目にシノダケ・ヒンメリ作りのイベントとなります。

先にご案内のように、木工・めかいクラブのメンバーにより着々と準備をしていますが、その中の写真にもあるようにたくさんの人が集まって作ることで、楽しい立派な作品が出来ます。

なな山緑地のみなさんも応援を兼ねて、ヒンメリ作りに参加して頂ければと思います。
   N山さん

image001.jpg
シノダケ・ヒンメリ作品

コメント(0) 
共通テーマ:地域
前の10件 | - 連携イベント ブログトップ